メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 金八先生・新春スペシャル+交渉人感想

<<   作成日時 : 2008/01/12 00:12   >>

トラックバック 2 / コメント 0

やっとこさ続きが見られる金八先生。早速感想をば。
交渉人についてはラストに記述しますので、そちらをご所望の方はずずいーっとスクロールあれ。


3年B組金八先生・新春スペシャル(第12話)

金八ワールドも新年を迎え、生徒達は先生に個性的な年賀状を送っていました。
みんなキャラ全開すぎですw

私、先生に年賀状送ったこと殆ど無いんだよな。
「給食を残さず食べましょう」しか毎年書いてこなくて、子供心に勘に障ったので。
褒めないと伸びない子なのよ、アタシ。


そしてポストにはサトケンのノートも入っていました。
サトケンはお父さんからのメールを、全て諳んじることができる位、しっかと受け止めたんですね…。
このメッセージに、早くもウルウル来ています。(スイッチ入るの早いよ)



タイショウは悪い仲間とオヤジ狩りに励んでいました。
サツに追われた際、匿ったのはなんと!ミカ様!

タイショウはミカの住む高層マンションでひとときを過ごすのですが、ここでミカの出自の一端が見えてきました。

両親とも海外を飛び回っているのですね。
進路も婚約者も生まれた頃から既にレールを敷かれ、ミカは独りそれに抗おうとしていたのです。

一度逃げたらずっと逃げ続けることになる。だから逃げない。

タイショウは暴力オヤジに愛想を尽かした母親と幼い弟妹と一緒に家を出ようと思っていたのですが、この一言が発端で踏みとどまることになろうとは。

ミカとタイショウ、イイ!
早くこの二人の核心に触れるエピまでやってくれ(絶対ラストだってばよ!)



んで〜、昨年から持ち越しだった乙女ちゃんのカレシと、遂に鍋を囲む日がやって来ました!

金八はただならぬ表情でカレシ・湯川を迎え、早くも臨戦態勢。
幸作、ドアを開けなさいって…(笑)

早速詰問するような口調で、金八は湯川に乙女のことをどう思っているか問い糾すが、湯川の口から出た言葉は意外なものでした。

別れた妻との間に生まれた娘に、「一生おまえだけのパパでいる」…と。

金八あっけなく陥落!
幸作、ドア閉めてきなさい。寒いから。



さて皆で鍋をつつこうかと思った矢先、遠藤がずかずかと上がり込んでくる。
ドア開けっ放しだしなw

金八のクラスの彩華と、遠藤のクラスの松井が行方不明になったというのだ。

ハイ、ここは前回やってた彩華と松井とチャラの話の続きですね。

彩華は松井と同じ高校に行きたいが為に、親が青嵐に行けと言うのに、ランクを落として緑山にするとかナントカ。

彩華の親は松井の親に「ウチの娘を誑かした」と云う電話をし(ヒデェな…)、松井の親も息子に彩華と付き合うのはもう止めろと。

うーん、ロミジュリ(違)

松井は親と口論になり、突き飛ばした衝撃で父親は頭を強打。
血がしたたり流れる!

パニクった松井は、すっかり自分が殺人者になったと思い込み(救急車呼ばんでいいんか?)、彩華に助けを求める。

彩華は逗子の別荘に逃げようと言う…。


この松井少年は、『女王の教室』で唯一阿久津(天海祐希)と戦った男の子ですね。おっきくなったな〜。
彩華役の子も何気に志田未来っぽい雰囲気を醸し出してるんですが。狙ってる?



で、愛の逃避行な訳ですが、この辺正直長杉。

自信満々で買い物をする姿に、ひょっとしてこの娘は相当デキる?と思ったが、年相応にトホホなカルボナーラで安心しました(笑)

ちゃんと平らげた松井は、ここまではまだ一応許せる。

で、朝チュン(笑)
裸だったらどうしようかと焦ったが(爆)金八でそんな描写はないか。ハハハ…(乾笑)

松井は母親に電話し、父親は事なきを得たことを知り、安堵する。

そしてもう逃げる必要が無いことを彩華に伝えるが、彩華は親と進路のことで揉めたままだったので、まだ帰りたくないという。

そしてあろう事か、松井は1人で帰ってしまうのだ!
オイオイオイ、彼女ほったらかしかよ!



松井は何事もなかったかのように登校。
しかし彩華の行方は知らぬまま…。

金八は代休を取ってまで一人彩華を捜索する。
こんな先生居ないよね…(´;ω;`)

無事彩華を発見した金八はホットココアを手渡し(ココアが飲みたくなったので淹れる私)、彩華は「悪い事をしたとは思っているけど、間違ったことはしていない」と素直に心情を吐露します。

それを一切否定せずただ優しく聞いてあげる金八…。

無事見つかって一件落着?いやとんでもない!
これからの方が大変だと本田先生。

おお!30年の時を経て愛の授業があるんですかね?



翌朝、教室は彩華と松井がヤった、ヤらないで大わらわ。
そりゃーねー、アタシだって気になるわよ(ヲイ)

なーんにも知らないウブなタカシがもう、いちいちカワユス〜☆
そのまままっすぐ育ってくれい(微笑)

その真偽が気になるチャラは松井に詰め寄りますが、松井は一瞬怯んだかに見えたものの、見栄を張ってヤった事にしてしまいました。

この表情でヤってない確定〜(ニヤリ)


落ち込むチャラを、駄菓子屋で自らの初恋話を交えて励ます金八のシーンが、これまた良かった。

手に入らなかったモノほど心に残るんです。
グッときたぜよ!



その晩の裏サイトのカキコは陰惨極まりなく、目も当てられません。

女子生徒は体育や英語の先生になら、あげちゃってもイイ!なんて言ってますw

ホンマこの一連の騒動でチャラ株がグッと上がり、只でさえウザいイガピーは、どんどんマイナスに…。イガピーマジ氏んでくれ。
てゆーか、本名判ればあだ名でなんか呼んでないのに。



今度は彩華が不登校になってしまうのか?

いえ、河原のたもとでボーッとしていた彩華に本田先生が声を掛けます。

二人の間にはやはり何もありませんでした。

それを草わらの陰に隠れ見守る金八ですが、倒れ方がオーバーでビックリした!
気付かれるってば!



そして金八は茨木のり子さんの詩を用いて、逃げずにそこに踏み留まって“一所懸命”に生きることを説きます。
それは彩華にもタイショウの心にもグサリと突き刺さり、タイショウは夜逃げをしようとした母についてはゆかず、父と共に残ることを決断したのでした。

そして彩華は、受験から逃げずに青嵐を受ける決意をノートを書くのですが、中学生にしてはえらく達筆で、本当に直筆なら、この子やっぱかなり頭良さそうな感じがしました。

何気にチャラがお正月に買ったお守りを渡せぬまま悶々としていたのに、最後の最後、彩華に渡せたのも微笑ましかったです。



うーん、新年一発目にしては中だるみ展開でしたが、ミカとタイショウに期待しましょう。


次週、金の亡者・千尋のお金が無くなった!?
千尋の話はもうええっちゅーねん(爆)




交渉人

前クールはスタートのタイミングを完璧に見誤り、相棒(とモップガール)以外全滅だったテレ朝も、気合入れて早めにガチドラマを投入してきた模様ですが…。

スミマセン、20分で交渉決裂ですorz

のっけからレクター博士のオマージュキャラとの会話だわ…(この設定食傷気味)

陣内孝則が米倉涼子をぶった時点で冷めました。

その後もボンヤリ眺めてはいたけれど、主人公を取り巻く環境や画面が悉くダークで苦手なので、木曜9時はおとなしく金八1本に絞ることにします(ひょっとすると木10は今クールも両方見そうだし…)

それにしても高杉亘は悪漢が似合うなぁ。
他のドラマでも悪役演じてなかったっけ?(思い出した。斉藤さんだYO!)
実は年末からあまり体調芳しくないです。座ってパソコン打ってるだけで目眩が…(神経系の持病がありまして、昨年末から悪化してイカンとです。のだめ見てる時だけが幸せなひとときでした…)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
金八先生(第8シリーズ)第12話 新春スペシャル
 1月10日の金八先生は2時間スペシャルで、受験の為に親から交際を反対された彩華の「かけおち」の話を中心に ...続きを見る
君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく
2008/01/13 21:38
ドラマ感想「交渉人」(米倉涼子が脱ぐ以外に見所はあるのか?)
「交渉人」感想 ...続きを見る
◆笑ったメモ〜実録マンガの素〜
2008/01/24 18:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

金八先生・新春スペシャル+交渉人感想 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる