メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 篤姫 第26話 『嵐の建白書』 感想

<<   作成日時 : 2008/06/29 20:50   >>

トラックバック 28 / コメント 0

遂に尚五郎→帯刀清兼にクラスチェ━━(゚∀゚)━━ンジ!!
やべぇ、鳥肌立った!下の名前は清廉潔白かららしいです。
けれど藩主・斉彬様に質問攻めにした揚げ句、相変わらず手打ちにされるトークかましまくりなのは、いかがなものかと(;^ω^)


篤姫、上様とこたつでヽ(´ー`)ノマターリお菓子をついばんでます。

極楽な味じゃ〜。

上様はお菓子作ったり、豆を煎ったり、アヒルを追いかけたり、相変わらずうつけライフを楽しんでいるようです。

上様曰く「うつけと思われていた将軍が突如真顔になると、下々は恐れおののき震え上がるだろう!」とのことですが…

アッハッハ!嘘じゃ。

究極にかっこいい上様は篤姫の前でだけ披露されればいいのですv



腹黒直弼は、大奥にしっかり渡りを付け、後ろ盾もバッチリです。
ふてぶてしいぜ!直弼。

幾島もいよいよテンパって来て、声を荒げて上様に慶喜推挙を尚もしつこく懇願します。
それが後に篤姫と公方様の関係を悪化させてしまうと言うのに。


クラスチェンジした帯刀は、斉彬様に真の目的をズバッと訊いてしまいます。

斉彬様はやはり幕府をぶっ潰し、国を根底から改革する事が目的でした!

そして斉彬様は篤姫がコトを成せない為、遂に朝廷に建白書を叩きつけてしまう。
それが益々篤姫を苦しめる事になるのに…。



その報せに本寿院様大激怒!

堂々と建白書を差し出すとは盗人猛々しいとはこの事じゃ!
万が一慶喜が公方様の跡を継ぐような事になれば、御台所を殺し、このわたくしも自害してくれるわ!!


オバちゃんこえぇぇぇぇ!!すっげー鬼気迫る演技で!
血圧上がっちゃうのはご愛敬ですが。



ハリスとの通商の事でゴタゴタする家臣たちに家定公マジモードで一喝!

静まらぬか!!

上様カコ(*・∀・*)イイ!!

けれど、篤姫との囲碁の席でついポロリと。

わしのようなやる気のない将軍が、とんでもない時代に生まれてしまったものじゃ。

ハリスの権で色々と思案する篤姫と家定だが、篤姫はまたも慶喜の事を切り出してしまう。

つまりそちは薩摩の父に従うと言う事じゃな?

…違います。

どう違う?

これは………わたくしの考えにございます。
篤姫は口を濁す…。

それなら前にわしに言った事がどうなんじゃ?
慶福の方が良いと言っていたではないか。


そなただけは、信ずるに値するおなごだと思ったのじゃがな…。

ずっと孤独な魂を抱えていた家定が、やっと心から信じる事が出来る篤姫と出逢えたのに、これは一種の裏切りでもありますからねぇ…。

上様の静かな怒りに、篤姫はそっと涙するのでした…。



その後なんだか新キャラの坊さんとか公家衆がゴチャゴチャやってましたが、難しい話をかみ砕いて説明するのは苦手なのでさくっとスルー(コラ!)

朝廷は一橋派が望んだ条件を悉く無視してくれやがるのでした。

怒りに打ち震える西郷どんの痛切な叫びが…。
それに一橋派のアジトとも言える襖の破れ放題の廃屋も、煌びやかな大奥とは対照的で痛々しいです。



関係が悪化したかに思われた篤姫と家定公だったが、朝廷に見事にシカトされた事などを篤姫に伝えた。

篤姫はハリスの議定書を読み、この時代に生まれて異国の文化に触れられて幸せだと、しいては日本は開国すべきだ…と家定に述べた。

それぞれの国の良き所を認め、助け合う…人と人との仲と同じように。

その通りじゃ…。だが、それが分からぬ莫迦が多いのじゃ…。

ここの会話は現代の社会情勢にも言えることで、とっても好きな遣り取りですね〜!



先だっては済まなかった。
そちの立場を考えれば薩摩の父に従うのは当然のことじゃった。
許せ。


家定公は自分の非をちゃんと認め謝罪できる、極めて大人な男性でやっぱり素敵ですね〜。
ウチの回りには中々居ないですわ。

篤姫はその謝罪に対して、自分の気持ちに嘘をついてしまったことを正直に告白する。

私は決めました。私は私の心に従います。
慶喜殿か慶福殿か、どっちがよいか分からぬのなら、どちらも推すことをいっそやめまする。


父を裏切るのではないか?

いいえ違います。
私の中ではそうなのです。


そうなのか。

篤姫は遂に自分の心にケリを付けました!
これでもう幾島や周りがゴチャゴチャ言おうが、揺るぎませんな!



ラストの寝間でのシーン、一瞬色々と期待しちゃったんですが(笑)上様、はぐらかしちゃいましたね〜。

生まれ変わるなら人間以外に生まれ変わりたい…とりわけ好きな所に飛べる鳥に…。
そう言う家定と、やっぱりわたくしのままで上様と出会って愛し合いたいと言う篤姫…。

切ないな〜と思いきや。

その後篤姫がくすぐり攻撃に転じたのには笑っちゃいましたが。

その後頭ゴンしちゃう上様もトホホでおかしすぎる。


次回も色々ありそうですな〜!
面白すぎて、上手く言葉に出来ませぬ〜!

実に夫婦のフトンのスキマがもどかしい今日この頃(笑)
フトンくっつけようよ〜w

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(28件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『篤姫』第26回
&nbsp;〜嵐の建白書〜 &nbsp; &nbsp; ...続きを見る
悠雅的生活
2008/06/29 20:59
『篤姫』第26回「嵐の建白書」
2008年『篤姫』第26回。。攘夷派の孝明帝。。尊攘派の争い、京が舞台に。本寿院と滝山は井伊直弼と対面し、慶福擁立に約束を。堀田は後顧の憂いなく都へ。西郷は斉彬からの文を持って小の島へ。斉彬からの文は、あいかわらずの慶喜推挙の話だが。。事は急ぐ。。 薩摩では... ...続きを見る
strの気になるドラマ 気になるコト
2008/06/29 21:02
「篤姫」第26回
第二十六回「嵐の建白書」次期将軍をめぐる争いが本格化し、紀州徳川家の慶福を推す井伊は、同じく慶福を推す大奥の本寿院と会い盟約を結ぶ。斉彬から慶喜を次期将軍にするよう密命を受けて大奥に入った篤姫は、ますます追い詰められる。状況を打開するため、斉彬は幕府に... ...続きを見る
日々“是”精進!
2008/06/29 21:03
篤姫(6月29日)
家定と仲良くコタツでわきあいあいの篤姫{%ハート2webry%} なんだか、薩摩にいたときの篤姫、いや於一のようで。といっても宮崎あおいの表情なんですけど、それだけ、このドラマ、感情移入できる不思議な展開になっています。 ...続きを見る
今日感
2008/06/29 21:07
篤姫 2008/06/29 第26話「嵐の建白書」
というわけで、今週のおさらいです。・コタツ(?)でおやつを食べる夫婦・「うつけ」論を語る家定(嘘)・直弼&本寿院&滝山……目張り率が高い!・直弼&堀田&松平……堀田くん、若干安請け合い・スパイ大作戦チーム……小の島&西郷・桃太郎殿様からのお手紙を読む篤姫…... ...続きを見る
piyomarimoのよろよろ日乗
2008/06/29 21:07
大河ドラマ「篤姫」第26話「嵐の建白書」
今回はこたつで団欒〜♪すっかり打ち解けた様子の篤姫と家定さま。今日もカステーラでお茶〜♪篤姫と家定さまのやり取りはやっぱにやにやですねぇうつけの演技をやめろという篤姫に対し、その時が来るまでは自然の流れに任せるままだと言う家定さま。跡継ぎ問題はもう今は... ...続きを見る
◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆
2008/06/29 21:15
大河ドラマ「篤姫」第26回「嵐の建白書」
日に日に存在感が高まって来た井伊直弼殿。もうあの、ちょお〜っと出ただけでも印象が強くて強くて。いよいよこれから見せ場になりますよねえ、粛清とか摘発とか処刑とか暗殺とかとか〜。でも、どんなにシリアスな事態になってもあのお顔を見るとなんだか、和んでしまうんですよ〜、これまでも、そしてこれからもきっと〜{%ハート2webry%} ...続きを見る
真田のよもやま話
2008/06/29 21:16
篤姫・第26話
NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 篤姫第26話でございます。『風林火山』の時と違って、一週間あいてしまうと、前回の話を忘れてしまいそうになるのが、このドラマの最大の魅力である「あとを引かない」という淡白質な特徴ですよね。「あっさり白身魚」を食した・・・とでも申しますか・・・。 いよいよ「上様」の「その時」が近付いてきましたね。カステラ将軍がいなくなってしまったら「あとを引かない」「あっさり... ...続きを見る
ブルー・カフェ
2008/06/29 21:18
篤姫「嵐の建白書」
篤姫「嵐{/m_0006/}の建白書」 ...続きを見る
ありがとう!、あてつけじゃないよ。
2008/06/29 21:18
篤姫 第26回「嵐の建白書」!
<夫婦の絆!>「口の中がとろけそうにございます」「極楽な味じゃ〜」美味しいものを仲良く頂く、これほど幸せなことはございませぬ。「そちは、信ずるに値するおなごじゃと思うておった」篤姫が父・斉彬の命を受け、そのまま公方様に慶喜公のことをお願いしてしまいまし... ...続きを見る
バレルオーク日記
2008/06/29 21:20
★「篤姫26」次期将軍。。もうどうでもいいや*^^*
クールミントアジサイ〜〜♪今日は日曜日。。大河ドラマを観ましたぁ〜楽しそうな上さまと篤ちゃん。。いつまでもこの幸せが続いて欲しいけど。。大河ドラマ「篤姫」一橋慶喜さまを次期将軍に!!その思惑はなかなかうまくは運んでくれず。。切羽詰ってきた斉彬さま。。あ... ...続きを見る
・*:・ふわゆら生活・:*・
2008/06/29 21:22
篤姫 第26回「嵐の建白書」
今回は山あり谷ありの激動の回になりましたね。 まず谷としては、一橋を推す斉彬一派は篤姫に直接指示をだして、早急に慶喜を次期将軍に推すように言うのですが、篤姫はなかなか身... ...続きを見る
あしたまにあーな
2008/06/29 21:24
【篤姫レビュー】嵐の建白書
一橋派と南紀派の対立が深まるにあたり、新キャラが続々と登場。九条尚忠と月照、そして橋本佐内が登場。月照役の高橋長英さん。「徳川慶喜」では横井小楠役を演じてました。立場が真逆のキャラですね。その他に「徳川慶喜」からの流用キャスティングとしては佐々木すみ江さんの滝山役、江守徹さんの島津久光役があります。何か狙ったキャスティングとしか思えません。 で、本題。薩摩では、尚五郎が帯刀と改名。「帯刀」、格好いい名前ですけど、琉河のパソコンでは一発変換できないので少し迷惑です。また登録しないといかんのか・・... ...続きを見る
必然的なヒストリー
2008/06/29 21:25
篤姫26 篤姫使命遂行を放棄す!
本日のタイトル「嵐の建白書」ぼぉーっと見てたので「ひみつのアラシちゃん!」が将軍将軍継嗣問題の秘密と謎を解明するのかと思ってしまいました。別段「嵐」が番宣しなくても十分視聴率取ってるしぃ。 ...続きを見る
ぱるぷんて海の家
2008/06/29 21:30
篤姫:第26回「嵐の建白書」
最初と最後はラブラブな家定公と篤姫様のエピソードでしたが、中身は開国と徳川家継嗣 ...続きを見る
食う♪読む♪歩く♪
2008/06/29 21:38
篤姫#26
今週からは話数の上でも後半に突入しました。ということもあるのか、今回は随分と雰囲気が変わってましたね。兎に角、「お世継ぎバトル」が中心に話が進んでいき、篤姫&amp;amp;家定のほのぼのとしたドラマは、あるにはあったが、脇に追いやられていました。が、その影響もあ.. ...続きを見る
MEICHIKUえんため・ぶろぐ
2008/06/29 22:00
【篤姫】第二十六回
そなただけは、信ずるに値するおなごだと思うておったが。冷たい言葉。。。篤姫の頬を涙が流れる。薩摩の斉彬から将軍に差し出された建白書。次期将軍に関する建白書である。大奥でも大騒ぎになり、篤姫は、ついに家定に頭を下げる。上さまに、お願いがございます。どうか... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2008/06/29 22:02
篤姫 第26回 「嵐の建白書」 感想
もし生まれ変わるとしたら何になりたいか・・・家定は人ではないもの、鳥になりたいと ...続きを見る
くまっこの部屋
2008/06/29 22:27
NHK大河ドラマ第26回「篤姫(嵐の建白書)」
世継ぎ問題はお家騒動に他ならない。 それも大奥を巻き込んでのお家騒動だ。 これもそれも幕府の財政難からきているのは百も承知だ。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/06/29 22:40
?????????26????????
?????????????????????????????????????????????????????????(?)???????26??????????????????????;&??A``????????????????????????????????... ...続きを見る
?????????
2008/06/29 22:47
「篤姫」26話
「嵐の建白書」 表向きでは ハリスの通商条約・将軍跡継ぎで 色々ときな臭いですが 篤姫と家定様は 昼間に カステ〜ラをお二人で御試食であります〜〜 なんと微笑ましい〜〜 ...続きを見る
ice-coffee
2008/06/29 23:32
【徳川家定】大河ドラマ「篤姫」 26話 嵐の建白書【篤姫】
初めて感想を書きますが、毎回楽しみに見てます。 ...続きを見る
失われた何か
2008/06/30 00:27
篤姫 第26回「嵐の建白書」
★自分に素直に生きる  次期将軍をめぐる争いの中で一橋派が劣勢。  篤姫(宮崎あおい)にもプレッシャーが。  そこで篤姫が言ってしまったのは「慶喜」が将軍にふさわしいというウソ。  彼女はそんなことを思っていない。  慶喜と慶福がどちらがいいかわからない。  父の言うこと・自分の見たことの間で引き裂かれている。 ...続きを見る
平成エンタメ研究所
2008/06/30 10:11
驚異の96,77%・慶福の虫歯!!
こともあろうに建白書を出すとは{/cat_5/} 斉彬もかなり追い詰められていたのでしょうね{/cat_6/} 将軍継嗣と云う外様大名には全く発言権が無いにも関わらず 自らの立場を表明するなんて前代未聞です。 この件一つとっても幕府の力がかなり弱まった証拠でしょうね。 時代の変わり目を感じる事件なのです{/kaeru_shock1/} ...続きを見る
函館 Glass Life
2008/06/30 10:16
篤姫感想 二十六回「嵐の建白書」
今回は 概ね京都での一橋派の敗北が重要なポイント。 現在、幕府 朝廷 ハリスの三つ巴状態。 おまけに 幕府の内情も「紀州派」と「一橋派」に分裂し それぞれ 裏工作してるから ややこしい・・・。 そんなこっちゃから ハリスにつけこまれる・・・っていうのは... ...続きを見る
murmur
2008/06/30 12:03
大河ドラマ「篤姫」#26
「嵐の建白書」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2008/06/30 21:29
篤姫〜第26話 感想・嵐の建白書
篤姫(宮崎あおい)は、徳川家定(堺雅人)にウツケのふりをやめるよう言いますが、たまに深刻な顔をすれば効果があるそうです。今回はハリスの通商条約や将軍継嗣問題なども激化していきます。(以下に続きます) ...続きを見る
一言居士!スペードのAの放埓手記
2008/06/30 22:52
篤姫〜嵐の建白書
NHK大河ドラマ「篤姫」第26話〜嵐の建白書冒頭から・・・こっ、こたつあ〜〜日本だなぁ〜〜ほのぼの・・・。ほのぼのしているのは冒頭だけでしたが時期将軍をめぐって篤姫は父親と夫と板ばさみ状態に島津からの建白書から動き出す両派閥・・・それを知った本寿院がス... ...続きを見る
うさうさ日記
2008/07/01 01:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

篤姫 第26話 『嵐の建白書』 感想 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる