メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS メイちゃんの執事 第9話+神の雫 最終回 感想

<<   作成日時 : 2009/03/11 18:20   >>

トラックバック 2 / コメント 0

前回までの薄さが一体どうしちゃったの?ってな位イキナリ詰め込んできて、おなかいっぱいのメイちゃんの執事。
第1話以来ちょっとテンション上がる展開でした(笑顔)
あと、個人的には嫌いじゃなかった神の雫の最終回もおまけに。

メイちゃんの執事 第9話

あのスッカスカな殴り合いでも互いにご尊顔に傷を負ってしまった理人(水嶋ヒロ)と豆柴(佐藤健)。

豆柴がホータイぐるぐる巻きミイラ男になってて吹いたw
リカGJ?


そんな和やかムード(?)も、本郷のじじいの鶴の一声であっという間に崩壊してしまいます。

本郷家の後継者は詩織(山田優)だ。
理人、お前は3日後詩織と共にアメリカに発て。

えぇーーー!!??
何それ!夢オチであってくれと本気で思ったわ。

それでも理人は心からお仕えするのはメイ様(榮倉奈々)のみと詩織にキッパリ。

内心ショックでも決して表情を崩さないルチア様。
そして何を考えているのか相変わらずサパーリな忍(向井理)。


そしてルチアは遂にその本性をメイたちの前でさらけ出します。

メイが聖ルチア女学園に来たのは、両親のお骨を一緒のお墓に入れてあげるために、おじいさまに認められること。

ルチアは自分が後継者に選ばれたら、メイの両親の事もきちんとしてあげると言っていた。

それを見事に反故にします。
まぁ予想通りですが、今回の山田優はホント怖い。悪魔の姉よりタチが悪いよ。

そしてトドメの一言。
あなたのお母さんが学園長から婚約者であったあなたのお父さんを奪ったの。

これにはメイも大大大ショック!!!!!

しかも自暴自棄になって理人に八つ当たりし、頬を張られてしまいます。

そしてもう自分の居場所はないと、聖ルチアを飛び出すしかありませんでした。


直系の孫のメイを後継者として選べないと言った本郷のじじい。

その理由はメイには覚悟が決定的に足りないからだ。

そしてそれは豆柴も同様。
代々本郷家の執事を輩出する柴田家の人間としての覚悟を見せろと、イギリスへの留学を命じられる。


理人は学園長ローズとメイとの母親との経緯を聞き、とある物を託されます。
そしてメイの元へ!

両親との思い出の場所に佇んでいたメイに、理人は1通の手紙を差し出しました。

そこにはメイが思い悩んでいた全ての迷いを断ち切り、覚悟を決めるためのメッセージが込められていました。

この先きっと何かを選び、そしてそのために何かを捨てねばならない時が来る。
自分に大切なものは何かを見極め、そしてそれを守るために戦え
、と。

メイは両親からの言葉に励まされ、一大決心を!


ルチアの前に堂々と現れ、Sランク執事・柴田理人を賭けてのデュエロを申し込みました!

が、ルチアは放っといても理人は自分の執事になると思ってます。
中々条件をのみません。

色々難癖を付けたあげく、メイのクラスの生徒全員の進退まで賭けての大勝負に!

そう言えば聖ルチア女学園のデュエロは執事が代理で行うんだったな。

忍はバトルマスターらしいですよ。へぇ〜(棒読み)
まぁ理人はそれの上のゴッドハンドでしょうけど(ドラクエ的な意味で)


ところが!!

何者かが放ったボウガンが理人の脇腹に…!!!!!

狙い撃ったのはタミー!(谷村美月)

という訳で最終回に続きます。

は、早く理人様と忍様の真剣デュエロが見たいのですが、理人ピンチでどうなっちゃうの!?

ハッピーエンドでしょうけど、ちゃんとした殺陣が見たいんだよね…。
折角元仮面ライダーなんだしさ。

原作も立ち読みしたんだけど、久々に真面目に書いたら長くなっちゃったから、最終回記事に併せて書くと思います。



神の雫 最終回

失明しかかって階段から落ちて意識不明の遠峰一青(田辺誠一)は、雫(亀梨和也)と父(古谷一行)と謎の光に導かれ、意識と光を取り戻しました。

…どんだけ〜?って感じだけど、そもそも一青の失明フラグの原因は過度のストレスとのことなので、療養が利いたと思うことにする。

しっかしキヨカ覚醒しかかったマキ(内田有紀)が、ナイフで切ろうとしたのが自分の手首だったとは…。
まぁ、あることのお陰でそれを思いとどまったんですがね。

一青は昏倒の最中、雫と父と、とある命の光に導かれたと言っていましたが、それはマキのおなかに宿った小さな命の灯火のお陰でもあったのです。


で、復活した一青と雫は、それぞれ“神の雫”に辿り着きました。

父が伝えたかったことは、命を繋いでゆくこと・受け継いでゆくこと。

ふたりの息子にはワインを愛した父のその血が脈々と流れています。

結局遺産相続はどうなったんだよなんて無粋なことは言いません(笑)


ワインの蘊蓄やふたりの対決ではなく、生前うまくいっていなかった親子が、ワインを通じて理解してゆく過程を描いていったお話は割と好みのドラマでした。

が、残念な点もチラホラとあったことは否めませんでした。

その点についてと原作をちらっと読んだ印象は前回記事に書いてあるので、気が向かれたら飛んでみてくださいまし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
神の雫 最終回
サブタイトルは「決着!父から子へ」 ...続きを見る
のほほん便り
2009/03/11 18:44
「メイちゃんの執事」レビュー
ドラマ「メイちゃんの執事」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:水嶋ヒロ、榮倉奈々、佐藤健、山田優、向井理、岩佐真悠子、大政絢、中別府葵、忽那汐里、吉田里琴、夕輝壽太、真山明大、姜暢雄、丸山智己、鈴木亮平、谷村美月、阿部進之介、中村.. ...続きを見る
ドラマレビュー トラックバックセンター
2009/03/12 16:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

メイちゃんの執事 第9話+神の雫 最終回 感想 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる