メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS アイシテル −海容− 第2・3話 感想

<<   作成日時 : 2009/04/30 17:30   >>

トラックバック 4 / コメント 0

[アイシテル‐海容‐] ブログ村キーワード
『アイシテル 〜海容(かいよう)〜』は、今期ダントツイチオシのドラマなのですが、先週は多忙と体調不良が重なってしまい、この作品を見るのに物凄く気力が必要なので、2話まとめて見ました。
拙いながらもツッコミは一切封印して真剣に綴って参りますので(いつもの3倍以上長いです)、どうぞよろしくお願いいたします。


第2話

被害者の子・キヨタンは可愛いですねぇ。
どうしてこんなにぽわーんとしためんこい子が殺されなきゃならんのだ!と本当に涙目になってしまいます。

私は子役に殆ど関心がないためか余り良くは知らないのですが、手垢が付いてない子を上手くキャスティングしているように感じます。

天地人の子は可愛いしお芝居も上手だけど、最近かなり色々なドラマに出ているので、またかよ!と思っちゃうもんね。

一方加害者・智也の子役も、ふとした表情の切り替えが上手い。
どのシーンかは後ほど。


警察に連行され、事情聴取される智也の元に母親・さつき(稲森いずみ)がやって来た。

息子の犯行を俄かに信じられない母親は「嘘でしょ!何とか言いなさいよ口ついてるんでしょ!」と、いつものように詰問してしまいます。

すると智也は「お母さんこそ耳付いてるの?」と、ゾッとした表情で切り返します。

いつもギャンギャン小うるさく言うだけで、僕のことなんか何にもわかろうとしないじゃないか!と、その一言に全てが集約されているように感じました。

そこへ父親・和彦(山本太郎)もやって来るが、智也は目を合わせようともせず、「刑事さん、僕が殺しました」と、トドメの一言。


息子が加害者であることを否が応にも受け入れなくてはならなくなったふたり。

それでも和彦は仕事命なので会社に行こうとする。
そしてテレビ中継でキヨタンの葬儀を知ったさつきは参列しようとする。

えぇ〜!一体どういう神経してるんでしょうか。この父親は。

当然会社側は和彦に自宅待機を言い渡し、さつきは泣きながらスピーチするキヨタン父(佐野史郎)の姿に、いたたまれなくなって、お焼香もせずに立ち去った。

その姿を目撃した家裁の調査員(だそうです)・富田(田中美佐子)は、智也の担当になったことを伝え、これからのことを一緒に考えてゆきましょうと、さつきを励ました。

そして何も出来ずに逃げ帰ってきたさつきを、またも和彦は罵倒する。

このダンナの一挙手一投足に腹が立つので、セリフは敢えて挙げません(メモも取ってないし)


鑑別所で取り調べを受けることになった智也。

富田は智也の心の扉を開こうと、好きな食べ物などの話を問いかける。
が、色よい返事はない。

好きな食べ物が無い子って…どんだけ閉塞した家庭生活送っているのだろう。

そしてゲームの話をする富田に、智也が食いついた。
そのゲーム、もう古いよ。

あぁ中古のものしか買ってあげられないんだった。

智也の表情がふと和らいだ。
そして智也から富田に初めて言葉を投げかけた。

おばさんの子供ってどんな子?

小学4年生。勉強嫌いだし、だらしないし、でもいい子よ。

開きかけた心の扉が一気に閉じられ、眼から光が消えた。

(だって僕は人殺し…いい子じゃない…!)
そう心の奥底で叫んでるように見えます。

このワンシーンの智也の表情が凄かった。
余計な科白は必要ないんですよね。


そして小さな骨箱に入れられ家に帰ってきたキヨタン…。

相手が小学生だからと一切の情報を遮断され、怒りの矛先をどこに向ければよいのか。

キヨタンママ・聖子(板谷由夏)は、相手の子も死ねばいいと恨みを込めてそう言った。

これはもし同じ立場の母親ならば、誰しもがそう思うのではないでしょうか…。

しかし、悲しみに暮れるキヨタンの家庭も、次回予告で佐野パパが妻を責めているシーンがあって、益々辛い展開になってゆきそうです…。

しかもマスゴミもこぞって、母親がランチで暇潰しの合間の悲劇とか、好き放題書きやがって(怒)

どうして母親ばかりが責められ、追い詰められなければならないのでしょう…。

けれどこの容赦のない展開が、私の心を鷲掴みにして離さないのです。



第3話

まず始めに予告で佐野パパが責めていたのは、自分を責め続ける妻に、お前がキヨタンを死なせたんだ!そう言えば心が晴れるのか!それなら言ってやる!と、優しさから出た発言だったのです。

佐野パパホント優しいなぁ。
仕事のことが最優先で、後輩に会社の動きに探り入れてる山本太郎とは大違い。


息子の智也に面会に来たさつきだが、どうでも良いことをベラベラ一方的に話すので、智也にうざいと突き放すように言われ、僕帰っていいですか?と、席を立たれてしまう。

仮住まいのアパートを借りたダンナに、先ほどの出来事を話そうとする前に、息子の様子を何も訊いてこない態度に腹を立て、あなたは智也と向き合うつもりが無いの!と責めるが、和彦に別居を告げられてしまう。

このダンナはもう処置無し。怒るのもバカらしくなってきたので放置します。

智也も父親なんか居ても居なくても同じだと冷たく言い放ってるし。

この子、とても繊細で人一倍洞察力があるので、父親が自分に無関心なことはとうの間に見破っていたし、母親がガミガミうるさいのは、自分を思ってのことと解っている子なのでしょう。


富田の励ましもあり、智也と向き合う覚悟を決めたさつきは、学校の担任や富田から、心の優しい思いやりのある子だと聞かされ、初めて息子の側面を知ることとなります。

カブトムシが好きな智也は、カブトムシの研究発表で、幼虫はお母さんに守られているんだ、僕も同じという文面を目撃し、クラスメイトからも智也はお母さんが虫が嫌いだから、カブトムシを飼えない事を聞かされる。

それもお母さんに怒られるからではなく、虫が嫌いなお母さんが可哀想だからとまで言ったのだとか。

更に智也はシングルマザーの富田(父親は病死したそうです)の一人息子の健太が風邪を引いている事を電話口での会話で察知し、急に事件の真相のさわりをぽつりぽつりと話し出した。

自分が話せば、健太くんと一緒にいられる時間が増えるでしょう?

事件の発端は、智也のやさしさと気遣いがきっかけだった事にさつきは驚くことになる。


事件のあの日、通学路が工事中で智也は帰り道を迂回せざるを得なかった。

初めて通る住宅街。
そこで玄関でママを待ち続けるキヨタンの姿がふと目に入る。

鍵っ子ではないキヨタンは、なんと!おしっこではなくうんちをもよおしていたのです。
庭で…と言う訳にもいきません。

が、近所の公園には最近不審者が出て、ママにひとりで公園に行ってはいけないとかたく禁じられており、どうすることも出来ません。

見るに見かねた智也は、自宅のトイレを貸してあげようと、キヨタンをマンションに案内することに…。

そして…。
事件の忌まわしき記憶が蘇ったのか、智也は頭を押さえ震え始める…。

その後何があったのか…。

予告でムカついたと言っていた智也。一体何にムカついたのか…。

キヨタンの家が円満な家族だからなのか。


智也の口から語られた事件の序章を富田から聞いたさつき。

だが、その会話の一部始終を、キヨタンの姉・美帆子が聞いていたのです!!

うーん…喫茶店などで語る話じゃないのかも知れませんねぇ…。

加害者の母親を目撃した美帆子は、当然家族に話すでしょう。
そしてそれを耳にしたキヨタンママが、どんな行動に出るのか…。

そしてやはりキヨタンと智也の間に何が起こったのか。

全く目が離せません!!


そうそう、危うく忘れる所でしたが、息子の事件が起こるまでは本音で語り合えなかったというさつきと和彦が、ようやく腹を割って話せるようになったと、別居ではなく二人で向き合ってゆこうと決意したのは良かったです。

あのままダンナがずうっと他人事で、更に離婚に至って、益々さつきが孤独になってゆく展開だったらどうしようかと…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アイシテル 原作
アイシテル&#12316;海容&#12316;ってシリアスで結構重いですよね? アイシテル&#12316;海容&#12316;ってシリアスで結構重いですよね?先ほどからアイシテル&#12316;海容&#12316;を見てるのですが、すごく重くないですか?自分はわりとこうゆう作品は好きなのですが、人によっては見てると苦しくなったりする人いるんですかね?この筋にドラマでここまで重い作品は14才の母以来ですよね?主題歌なんですけど、こうゆう感じのドラマならミスチルとかが合うと思うんですけどどう思いま... ...続きを見る
アイシテル〜海容〜
2009/04/30 22:13
「アイシテル -海容-」レビュー
ドラマ「アイシテル −海容(かいよう)−」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:稲森いずみ、板谷由夏、山本太郎、川島海荷、嘉数一星、佐藤詩音、田畑智子、佐野史郎、田中美佐子、他 *脚本:高橋麻紀、吉本昌弘 感想・評価・批評 等、レビューを含.. ...続きを見る
ドラマレビュー トラックバックセンター
2009/05/01 13:58
ドラマ感想【3話】アイシテル−海容(かいよう)−
これ…定期的に感想を書き始めたのはいいんですが…生物学的に『母』には決して成り得 ...続きを見る
心のおもむくままに
2009/05/02 08:26
アイシテル (稲森いずみさん)
◆稲森いずみさん(のつもり)稲森いずみさんは、日本テレビ系列で毎週水曜よる10時から放送されている連続ドラマ『アイシテル~海容~』に野口さつき 役で出演しています。先週は第3話が放送されました。●第1話~第3話のあらすじと感想 ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2009/05/03 23:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

アイシテル −海容− 第2・3話 感想 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる