メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年10〜12月期ドラマ総評&アカデミー賞

<<   作成日時 : 2011/01/05 20:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

[ドラマ] ブログ村キーワード
3ヶ月に一遍くらいは読み応えのある記事を書きたいと細々と続けておりますが、そろそろジャッジは省いて所感だけにしようかななんて考える今日この頃。
そんな2010年10〜12月期のドラマ総評と独断と偏見に満ちたアカデミー賞をば。

神・優・良・可・不可・論外でジャッジしています。

月9:流れ星
竹野内豊、上戸彩、稲垣吾郎、北乃きい、他。

久々にまぁまぁ見れる月9でした。
上戸彩はヘンに元気娘やるよりも、ちょっとスレた娘演る方がハマるな。

最終回は随分とあっさりしたラストだったけど、ゴローちゃんの飛び降り自殺エピは要らんかった希ガス(しかもあの復活具合は、もう誰も愛さないの吉田栄作ばりでマジ吹いたwww←歳がバレる)

最終的評価:良


火9:フリーター、家を買う。
二宮和也、香里奈、竹中直人、浅野温子、他。

今期のダークホース!
最初こそハッキリしない主人公といい、聞く耳持たんクソ親父といい、隣人のクソババアといい、苛々しながら見てたけど、次第にどんどん感情移入し、菅野のドラマよりも先に録画見るようになり、ラス前にはうっかりニノにもらい泣きしそうになったお。

序盤の鬱々にもリタイアせずに見てよかったと思います。

最終的評価:優


火10:ギルティ〜悪魔と契約した女
菅野美穂、玉木宏、吉瀬美智子、唐沢寿明、他。

序盤から主人公の復讐が穴だらけでツッコミどころ満載にもほどがあったものだから、主人公が本懐を果たせるかに全く興味が持てないまま(サラッと作品を全否定しないでください)惰性で見てました。

ところがぎっちょん、髭面になった玉木宏がことのほかカッコよく(俳優がヒゲモードに入ると萎えるのにな〜)、菅野とのもどかしい関係の進展だけが楽しみだったかも(復讐モノで色恋に時間割くなと思う人なのに、いつもと真逆のパターンだった件)

ラストに関しては賛否両論分かれるでしょうけど、個人的にはあれだけ理不尽に人生を翻弄された主人公が(まさか横山めぐみがストーリーの核心部に関わってくるとは思わなんだ。あそこで鳥肌が立っちゃったYO!)、更に罪を背負うことになるよりは、死を選んだのは至極妥当なラストだったかと思います。

唐沢寿明のキャラが良い味出してました。

最終的評価:良


水10:黄金の豚
篠原涼子、大泉洋、岡田将生、他。

また篠原涼子の男勝り姐御キャラ話かよ…と半ば飽きているものの、2010年ダントツにつまらなかった某ドラマのヒロインのような篠原涼子は誰も求めていないのでしょうから、その辺のことは置いとくとして。

可もなく不可もないフツーに及第点なドラマでした。
あのデコ電欲しいw

最終的評価:可


木10:医龍3
坂口憲二、稲森いずみ、小池徹平、遠藤憲一、岸辺一徳、他。

前作も原作も大好きなので、期待が大きすぎたようです。

医療の国際化など、あまりにもテーマが大きくなってしまい話に入り込めず、核となる新キャラクター・黒木の人物描写もイマイチだったから(黒木が闇に囚われるようになった理由が、ものっそありきたりで舌打ちした人)、初回に匂わせていた小児移植手術なども無く、なんだかな〜と色々モヤモヤしたまま終わってしまった感じです。

楽曲自体は素晴らしいのに(サントラ欲しい)、使われ方が煩雑でそこも残念でした。

…とあまりポジティヴな事書いていませんけど、毎週すぐに録画見てたから、好きなことに変わりはないんですけどね。

最終的評価:良


金10:SPEC
戸田恵梨香、加瀬亮、神木竜之介、竜雷太、椎名桔平、城田優、他。

序盤からキャラの掛け合いや小ネタなどが妙ちくりんで、そこが気に入っていましたけど、中盤から急に超展開になったなぁ…。そしてラストはただただポカーン…といいますか、たのむから続編作ってくだしあw

けれどこの毛色の作品は究極に見る人を選ぶから、2時間ドラマでは捲土重来は難しかろうて…。
とすれば映画化?…それもコケそうな気がするから困る。

最終的評価:良


金深夜:秘密
佐々木蔵之介、志田未来、石田ひかり、他。

全体的にボンヤリとした印象だけが残る、見ていてかったるい作品でしたわ。
もっとドロドロしたの期待してたのに〜。

最終的評価:不可


土9:Q10
佐藤健、前田敦子、他。

センシティヴでリリカルな世界観がピンとこず、イミフで全くついて行けませんでした。
木皿作品とはイマイチ相性悪いンスよ。

最終的評価:不可


日9:獣医ドリトル
小栗旬、井上真央、成宮寛貴、國村隼、他。

今期の涙腺決壊ドラマ。動物ネタは反則だってばよ!猫ネタは号泣滂沱だってばよ!!

毎話毎話色々考えさせられる話で見応えもありました。
話数少なかったのが残念なので続編も期待したいです。

最終的評価:優


日9:パーフェクト・リポート
松雪泰子、小出恵介、要潤、相武紗季、小日向文世、他

フジテレビがわざわざ日曜9時にドラマ枠を増やしてきましたよっと。

内容割とどっかで見たようなベタな話だったけど、主人公がトラウマとなった事件の幕引きに、ちょっと報道の恐ろしさを感じてみたり。

これも可もなく不可もない作品だったな〜。

最終的評価:可


独断と偏見に満ちた今期ドラマアカデミー賞

作品賞:獣医ドリトル

主演男優賞:二宮和也(フリーター、家を買う。) ニノってこういったフツーのキャラやらすと実に上手い。

主演女優賞:戸田恵梨香(SPEC) 恵梨香たんはどんどん役の幅が広がってゆくのう…。恐ろしい子!

助演男優賞:唐沢寿明(ギルティ〜悪魔と契約した女) 小汚くて謎のジャーナリスト役がハマっていた上に、あんなオイシイ役どころでビックリだw

助演女優賞:井上真央(獣医ドリトル) 他にこれといって居ないのもありまして。

特別賞:獣医ドリトルに登場した動物たち。マジで泣かされました。

楽曲賞:医龍3(澤野弘之) 使われ方は雑だったけど、楽曲の良さは段違い。サントラ欲しい(また言ってる)

主題歌賞: 『この愛を止めてよ』 JUJU(ギルティ〜悪魔と契約した女) ドラマの内容と一番合っていたんじゃないかと。


以上です、ご静聴ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

2010年10〜12月期ドラマ総評&アカデミー賞 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる