メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年 10〜12月期 ドラマ総評というか所感+勝手にアカデミー賞+今年ドラマベスト3

<<   作成日時 : 2012/12/30 01:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年は何かと後手後手に回ってしまい(完璧自己責任ですが)、リリースする時機を逸するにも程があったこのコーナー(一応ウチのブログの看板ネタだったのになー…)
最後だけは何とか年内に全部見て書ききったぞ。うん、やればできる子。
春期、夏期とどうにもツボに来る作品に恵まれなかったのですが、今期は視聴率完全度外視で自分的に好きなドラマが多かったかも。
何が書いてあっても怒らない方のみ続きをどうぞ。

月8:パーフェクト・ブルー

『ステップ・ファザー・ステップ』で懲りればよいものの、原作が好きなんで我慢して見たんだが、酷かったね…。

わんこ視点の軽妙なライトミステリのはずが、初回からがっつり重い話になっており、しかも本題に辿り着くまでのダラッダラしてることといったら!

表題のメインエピソードをラストに持ってきたため、進也のキャラが何とも中途半端な扱いに…(進也スキーの私超涙目w)

あ、GW明けにやってた宮部みゆき4部作、理由とレベル7も何とか見たけど、結局『長い長い殺人(財布視点の話)』が一番出来が良かったと思っています。


月9:PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜

キムタクがホームレスという触れ込みで、放送前から不安感を煽るネガティヴキャンペーン多発していたように感じますが、私的にはキムタクドラマでも上位に入るくらい結構楽しく見てましたけど少数派だろうか?
(キムタクどころかフジッキーまで段ボール生活者になるとは思わなかったヨ!)

キムタクは素直に好感持てる主人公だったし、香里奈はピリッと効いた存在だったし、中井喜一は『最後から2番目の恋』もだけど、うだつの上がらないサラリーマン役がホント妙にハマってるし、3人のシーンが特に心地良かったのよ。

あるわけねぇだろ、んなこと!とツッコミどころ満載な超展開で、初めの数回はやたらめったらスローモーションが入る演出どうなのとは思ったけど、次第に気にならなくなった。

というかその序盤のスローモーション演出のシーンが、実は北別府のサインボールから始まり帰結した【わらしべ長者】であったという、最終回の回想シーンの繋ぎ方に鳥肌を覚えたくらいなのだ。

個人的には好きでしたし、リアル周囲でも割と好評でしたよ(ゴメン、今年は殆どよそ様のブログ読む時間無かったから、ブロガーさんの評価は全く分からぬまま書いてます)


火9:遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生リニューアル

数年に1度はフジがやる悩める青年たちによる群像劇ですが、先ずタイトルが損してるなぁ…と。蓋を開けたら結構へヴィーでドロドロだったから、『ボクの人生リニューアル』は要らんような…。

このドラマ導入部は決して悪くなかったのだけど、暗部が明らかになってゆく内に、どのキャラにも共感できなくなったわ…。

学生時代マドンナだったのにお見合い結婚して、旦那と上手くいってない国仲涼子が、好意を寄せる桐谷健太の想いを手玉に取る小狡さとかイラッとくる。

四万十の景色と(あの欄干のない橋コェーΣ( ̄口 ̄;))OP主題歌は凄く良かったです(調べたらモンパチの『あなたに』だって。いい曲だわ〜♪)。


火10:ゴーイング マイ ホーム

山口智子が10数年振りに復帰とのことで楽しみにしていたのですが、(´ε`;)ウーン…。
視聴率を女優の所為にだけは出来んと思うがね?

初回からキーキーギスギスした遣り取りを2時間も見せられて、ウンザリしてリタイアした人が多いのではと感じました。

何考えてるか分かんないちょっと小難しい娘が、祖父の田舎に足繁く通うこととなって、そこで出会った人やクーナの伝承を持つ風土、そして東京の自宅とは違った両親の姿を見てなのでしょうが、次第に少しずつ変わっていったのだけは、見ていて救われたような気がしました。


水10:東京全力少女

一貫してドタバタコメディで、嫌味のないキャラばかりだったので、サラッと見る分には楽しかったよ。

前髪ぱっつんでちょっとイモっぽさがある武井咲もかわいいよぅ〜。嫁になってくれw


木9:レジデント〜5人の研修医

裏が同じ医療モノで強力だったので、打ち切り候補ナンバーワンかと思いきや、結構楽しんで見ていましたし、割ときっちりやりきりましたねぇ〜(後述のアレが酷すぎたからかもしれんがw)

おぼっちゃんと高ビー女のキャラが薄いような気もしたけど、まぁいいか。


木10:結婚しない

結局看板に偽りなしな結末だったね…。

結末に共感できる出来ないは別にして、菅野美穂が可愛かったわぁ〜(何か今期そんなんばっかだ、私)

教授も結婚観についての講義をしながらも、自身のことになるとてんで…というのも(*´艸`)

これも結末はともかく、見ていて妙に心地のいいドラマだったことは確か。


金10:大奥〜誕生〜

堺雅人様の独壇場でございましたが、多部ちゃんも中々の好演で、ふたりのシーンは良かったんだけど、側室たちのキャスティングがどうにもショッパかったねーw


金深夜:勇者ヨシヒコと悪霊の鍵

今回は山田孝之ヒゲ封印したな。一安心。

ネタ的には前作よりもアクが抜けて見やすくなったような気がしなくもないけど、毎話毎話オチの付け方がザックリしすぎじゃね?んでヨシヒコ妹の存在全くいらなくね?

ハリボテモンスターのクオリティが上がっていて、最終回のエンドロールがほっこりしたわ〜。


土9:悪夢ちゃん

この日テレ土曜9時枠は、割と子供向けの作りだったり子供が主役の筈なのに、女王の教室然り妖怪人間ベム然り、子供向けながら決して子供だましではないのに、いつも舌を巻かされます。

悪夢ちゃんの父親の正体は、ちゃんと見てたら分かりますよ。ねぇ?

というか“彼”が父親だと念頭に置いて記憶を掘り返してみると、伏線の張り方が巧くて、ラストもスゲー感動すら覚えてしまったのは私だけでしょうか。

今期の日テレのドラマは、東京全力少女といい、キャラクターのその後を投げっぱなしにしていないところが、物凄く好感度大でした。


土深夜:高校入試

徳山秀典くんが出るという理由だけで見たのですが、1話目で一気にやられました!
今期のダークホースと言えましょう。

入試前日〜本番のたかだか2日間の話なので、どうにも引き延ばし感を禁じ得なかったので倍速で見てたんですが、倍速で見るとえらく塩梅が良く(笑)、どうしてそこに誰も気付かん!とツッコミながら見るもよし、首謀者とその手先たちが事を起こした理由に驚かされながら純粋に楽しむもよし、とにかく先が気になって仕方がなかった!

見事にラストまで翻弄されましたともっ!
(特に主人公の春山先生@長澤まさみが荷担していたとは思わなんだ。そして首謀者が荻野先生とは全く思わなんだ!)

ところで受験生の主要キャラ達がやたら左利き率高くね?(笑)
皆サクラ咲いてよかったねぇ。

湊かなえという人の本は書店で平積みになっているのをよく見かけるけど、こんな面白いシナリオ書けるのなら、図書館で借りてきて読んでみるのも良いかもなんて思いましたわ。


日8:大河ドラマ・平清盛

のっけから某県知事に画面の小汚さをダメ出しされ、どうにもパッとしないまま終わってしまった感が。

どこがダメかと問われると、平氏も源氏もあんまりキャラが立ってなくてなんだかなぁ…とか(白河法皇と後白河法皇は存在感抜群だったけど)、特に合戦時に於ける話の分かりにくさとか、色々?

若い頃の清盛の芝居を見ていると、松山ケンイチを買いかぶりすぎていたかもしれんと思っていたが、清盛が出家してジジイモードに入ってからの松ケンは、20代なのに海千山千のジジイにしか見えない、すげーイイ芝居してたと思う。

音楽は非常に好みでした。
特に清盛が重大な決意をするシーン(最終回で往生するシーンにも使われていた)に流れる重厚なメロディラインの曲が特に良かった。うん。


日9:MONSTERS

しょっぱなの2時間スペシャルから、話の稚拙さと慎吾ちゃんの過剰演技でダメドラマ臭がプンプン。どうして即リタイアしなかった、私w

慎吾ちゃんの正体が描かれる日が来るだろと何とか我慢して倍速で見てましたが、中村獅童がゲストの回で、犯人から自白を誘う為のやり口の汚さがミステリとして破綻していて、いよいよ終わったなーと(その次週でも同じような決着の付け方だった)思ってたら、8話でしかも慎吾ちゃんの事一切触れず\(^o^)/オワタ!!

どんなダメな作品でも、どこそこは良かったと最低1ヶ所はフォローを入れるよう心がける私ですが、フォローの入れようがないわ…。

一年の締めくくりに今年のドラマベスト3と雑感記事を載せるとしたら、「嵐に謎解きなんかさせちゃアカン」と絶対に書こうと思っていたのに、嵐問題じゃなかったー(爆)


アカデミー賞

作品賞:高校入試(プライスレスと悪夢ちゃんもよかったんだけどね…)

主演男優賞:堺雅人(大奥〜誕生〜)

主演女優賞:菅野美穂(結婚しない)

助演男優賞:中井喜一(PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜)

助演女優賞:多部未華子(大奥〜誕生〜)

主題歌賞:『あなたに。』(遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生リニューアル)


2012年ドラマベスト3

1位:最後から2番目の恋

とにっかく会話のテンポが良く、一生終わらないでくれと思ったくらい好きでした。
11月のSPドラマも溜まってる録画そっちのけで見たしね。

2位:高校入試

とにっかく先が気になって気になって仕方がなかった!
ラストまで見事にやられた〜!
現代のインターネット社会の暗部も描いててひょえ〜っ!

3位:PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜

とにっかくメイン3人のシーンが好きだったの!
キムタクドラマで一番好きかもしれん。

次点:ATARU、理想の息子、悪夢ちゃん、息もできない夏
…なんかショッパイラインナップだなぁw

ワーストは、MONSTERSダーティ・ママのツートップで決まりだろw

以上です。ご静聴ありがとうございました。


今年のドラマ所感リンク集

いつ書いたんだよ!ってなくらいタイミング外しちゃったのですが。一応書いてるんです。
全くキレのない文章ですが、読みたい方は飛んでみてくださいませ<(_ _)>

1〜3月期
4〜6月期
7〜9月期

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

2012年 10〜12月期 ドラマ総評というか所感+勝手にアカデミー賞+今年ドラマベスト3 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる