メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年 4〜6月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録

<<   作成日時 : 2014/07/06 08:48   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今期は暇なまま過ごせる最後のクールかもしれないから、かなり無理して沢山のアニメを見ましたが、個人的には豊作でした!
2014年春アニメ感想をメモ残しておきますね(一部、ぼやきページよりコピペ部分ありますが、リアルタイムに感想を残しておきたくて、内容が熱を帯びていますのでお許しを)

※管理人は北海道住まいのため、北海道で放送された曜日(の深夜)順でお送りします。

◆月◆
ご注文はうさぎですか?(BS)


非常に可愛い作画と色遣いで、なんともゆる〜い癒し系アニメでした。
特に提供アイキャッチと、またのご来店をお待ちしてます(来週も見てね!)のイラストが可愛すぎて、マジで壁紙にしたいと何度思ったことか!

芳文社・まんがタイムきららの、女の子中心なアニメはハズレが無いな〜と思った次第。


マンガ家さんとアシスタントさんと(BS)

10分程度のショート枠でダレずに見れていいですな。
内容エロコメでしょーもなかったけど、それもまた良しw


DIABOLIK LOVERS(BS)

マンアシの抱き合わせ商法で、こちらは15分弱の枠ですが、(´ε`;)ウーン…これはキャラの顔と声がイマイチ合ってなかったような気がします。
残念な乙女向けアニメでした。


極黒のブリュンヒルデ(BS)

OPがインストという意欲作(?)で、原作の癖のある絵を上手く緩和させていたと思いますが、いかんせんグロかったなぁ。

1クールで収拾付けられるか怪しかったけど、無理矢理一区切りさせた感じでした。


◆火◆
ブレイクブレイド(BS)


絵柄や演出の古臭さがどうにも否めない上に、こちらも1クールで決着付けられるわけもなく、原作を重視したからなのでしょうが、主人公ライガットと旧友ゼスの宿命の対決的なものを物凄く期待していたのに、知らぬ間に敵がゼスからおっさんにすり替わっていて、アレレ〜?と訳が分からんまま物語が終わってました。

あ、眼鏡で如何にも曲者なジルグの戦闘シーンがめさめさカッコ良かった!そこだけは凄く好きでしたw


魔法科高校の劣等生

作画やキャスティングは申し分ないのに、話が絶望的に面白くない。説明が多すぎて何が何やら。
これ原作読んでも絶対10%も理解できない自信がある(爆)


ノブナガ・ザ・フール 2クール目(終)

円卓の騎士どもの使い捨てっぷりが酷い。
作画も癖のある作監の人が増えて、苦手度が増してきて見るのがしんどかった。

アーサー王の素顔が好みではなかったので(見る人によって姿形が変わるようだが)録画は全消し。
が、ミツヒデがノブナガを討つ畳み方は、きっちり史実で(私は史実厨じゃ全然ありませんが)綺麗だったとは思う。

イチヒメ様が好きでした。


それでも世界は美しい

世界を征服した太陽王・リヴィウス1世(リビ)の元に、クジ引きで嫁がされることになった雨の公国・第4公女のニケ。

どんな強面で冷血非道な王様かと思いきや、リビは年端も行かぬ哀しい過去を持つツンデレ俺様美少年でしたとさ!

氷のように冷えきったリビの心を、ニケはそれはもう気持ちいいくらいストレートに気持ちをぶつけて溶かしてくれて、見ていてとっても清々しいのですよ!

教育テレビかBSのNHK辺りでやってそうなショボイ作画なれど、王道の少女漫画ファンタジーで、すっかりハマってしまって、一番見るのが楽しみだったかも!

少女漫画原作は中々第2期制作は難しいと思いますが、ニケとリビの婚儀まで見たかったなぁ…。

キャンディーズなメイドたちや、ムダに豪華な3バカ長老など、脇役も良い味出してました♪


◆水◆
ニセコイ 2クール目(終)


アニメ版見てたら、千棘がだんだん可愛くなってきて、やっぱり楽とくっつくのは千棘なんだなぁとしみじみ感じ入ってしまいました(小野寺と楽のシーンが正直退屈だったという…Σ(゚д゚lll)ガーン)

女性キャストは皆バッチリハマっていたのに、一番声が合ってないのは主人公の楽だという結論に至りました。

内山昂輝はひねくれたキャラか、テンション低いキャラやってた方がいいよ絶対(ハンターのメルエムなんかはハマリ役すぎ!)


金色のコルダ Blue♪Sky(BS)

キャストは前作と一緒なれど、キャラを一新したコルダ3をベースとしたお話ですな。
ツンすぎる冥加が気になっていたのですが、最終回でようやくデレ期がぁ〜っ!

いっそ、お前の全てで支配してくれ…俺の、ファムファタル―決めゼリフキマシタワ━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━!!
「貴様」が「お前」になって、基本どんだけツンですか、アナタw

あああ天音学園のスピンオフのアレが欲しくて困る(*´艸`)
天音学園の演目は、ラフマニノフ『悲しみの三重奏曲・第1番』だそうです。グサグサ刺さってくる曲だわ。

けれどファイナルは星奏学院の演奏がバツグンに良かったわ〜!
メンデルスゾーン『弦楽四重奏曲・第1番』だそうです(調べた)
かなで担当のヴァイオリンの人がガチ演奏!

誰かこのシーンのかなでと冥加をアバターで完全再現してくれたら(表情がピンボケてないの必須)、ブックマークするよぅ〜マジで〜!(ヅラも衣装も無いから自分で作れないのが歯痒いぜ)

前作ではツッキー(月森蓮)が本命だったし(キャラ的には柚木様も好きでしたが!)、コルダではツンデレヴァイオリニストにやられっ放し!(どんだけツンデレ男子好きやねんw)

けれど世間では至誠館高校が人気あるんだろーなー。
八木沢文句なしにいい人だしなー。

作画はところどころ怪しかったけど、ニヤニヤしっ放しで見てましたね(´∀`*)


◆木◆
星刻の竜騎士(BS)

きょぬーのねーちゃんがやたら多い微エロアニメ。

仮面のミルガウスの正体と素顔が気になって見ていたのだけど、邪悪な竜に魂を乗っ取られていた王子という展開に唖然( ゚д゚)ポカーン…
子安だから純然たる悪キャラだと思っていたよあたしゃw(失礼)


ソウルイーターノット!(BS)

眼鏡男子の茜くんが櫻井孝宏さんボイスで、非っ常〜にハマってました!!

まぁ内容的には1クールでかなり軽いソウルイーターでしたな。
無印の頃のキャラがたまーに出てくると嬉しかったなぁ。


◆金◆
神々の悪戯(BS)


作画もキャラもキャストも全然好みじゃなく惰性で見ていたのに、ロキとバルドルの話になってから俄然興味が沸いてきて、バルドルがラスボスになるわ、ロキが主役そっちのけで主人公していて、ふたりのイチャイチャっぷりが、なんという俺得展開でした!


ノーゲーム・ノーライフ(BS)

極彩色で目に優しくない色遣いだが、私的には非っ常ーに好みで、ジブリールの図書館や、ワービーストの巫女の間とか、アバターの背景で出してくれたら絶対即買いするくらい好きだったり!

内容的には設定や駆け引きが面白いっちゃあ面白いけど、ずーっと後出しジャンケンされ続けてたような感もあったり…(アンタがアホだからだよ!)

2クールでテンション高く駆け上がってゆくものだと思っていたので、1クールで終わってしまって肩すかしで残念至極。続編熱烈希望!!


HUNTER×HUNTER(続)

ホントにホントにキメラアント編も終盤!長かったのぅ…。


棺姫のチャイカ(BS)

主人公・チャイカの喋り方がカタコトなので一見取っつきにくいけど、内容的には結構面白かった方かと。

女キャラは皆カワイイのに、男キャラの描き方があまり好きじゃないんだよなー。

早々に第2期制作決定したようだけど、ノーゲームの方が見たい私って…。


◆土◆
フューチャーカード・バディファイト 2クール目(続)

ABCカップ編でのラスボス・轟鬼ゲンマとのバトルが激熱!
その後はタスクくんが闇堕ちすんのかと思いきや、キリが闇堕ちしとったなぁ。


金田一少年の事件簿R

キャストはほぼ昔のままで、九龍財宝殺人事件、錬金術殺人事件、獄門塾殺人事件と放送。
内2本はドラマ化もされていて記憶に新しいので、とても見やすかった。

薔薇十字館殺人事件、絶対に放送してくださいねー!!(高遠さんのルーツに関わる話だから!)


メカクシティアクターズ(BS)

今期一番の肩すかし。作画とか演出とかノリとかどうも苦手(そもそもシャフトのアニメが苦手)
私はカゲプロ厨にはなれなかったようです。


悪魔のリドル(BS)

1クールで13人(だっけ?)の少女たちひとりひとりに焦点を当てて(全体的に描写不足の感も否めませんが)、しかもEDでは週替わりで全員分ソロのキャラソンまであって、よくもまぁ何とか纏めたなぁと。

作画が安定していて綺麗でした。


◆日◆
ダイヤのA


甲子園に向けた地区予選スタート!急にじっくりと試合を描くようになってきました。


カードファイト!!ヴァンガード レギオンメイト編

アイチが行方不明になってしまい、アイチを求めて数千里な櫂くんご一行ですが、そこにカトルナイツなる新たな刺客がやってきて、全員がフルボッコにされ負けが込むモヤモヤ展開がひたすら続きます。

レンたま回クル━━(゚∀゚)━━??と思いきや、飽くまでも中立的立場ってΣ(´∀`;)

やっぱり第1期の神展開は期待できないのかのぅ…(大分ヴァンガードに対して飽きてきている管理人)


ハイキュー!!

今期ダントツに好きアニメ。作画、演出、キャスト、ケチの付けようが無く、速攻見てるし毎週楽しみで仕方がないです!
毎回アイキャッチが週替わりなのも楽しく、作り手の愛をひしひしと感じます!

音駒高校の面々が出てきましたが、早々と全国区にライバル校で感情移入しやすい子たちを登場させているのは巧いなぁと、改めて原作の良さも感じ入ってみたり(そこをソルキャはしくじっている訳で…)


selector infected WIXOSS(BS) ※セレクター・ウィクロスと読みます。

このアニメ、カードバトル物と捉えるとビミョーだし、作画も決して華があるものではないのですが、中盤辺りから急に展開が鬱まっしぐらで、目が離せなかった!どことなく設定が『まどマギ』風味だったし。

主人公の名前が私のHNとほぼ同じなのが、見ていて何だか妙にワクテカした事も否めませんw

主人公の“るう子”が最後まで“願い”を持たずにカードバトルを楽しむだけの立場だったのが、友達や他のプレイヤーとバトルをしてゆく内に様々な事実が明らかになってゆき、“セレクター”(カードバトルに勝利することで、願いを叶えようとするプレイヤーの少女達。るう子もこれに当たる)と、“ルリグ”(セレクターの相棒となるカードに宿る少女。しかしその正体は、願いを叶えたセレクターのなれの果て…ということを知った時の鳥肌具合と言ったら!)を運命から解放するという、ある意味究極の願いを持つことになります。

しかし最終回でもとんでもないどんでん返しが!るう子がラスボス的相手に勝利して、セレクターとルリグの少女たちを運命のくびきから解放する願いを叶えようとするものの、ルリグの“タマ”が「るう子とお別れするのがイヤ」という理由で拒否し、気付いたらラスボス的相手がるう子のルリグになっていたという超絶鬱ラスト!なんじゃこりゃあああああ!!!!!

ある意味まどマギよりずっととんでもないラストだったよ…救いがなさ過ぎる。
ラスボス的相手の願いはなんだったのかも分からずじまいだし。

第2期制作決定していますが、どうせ作るんなら最初から2クールで作れよと言いたい。3ヶ月でも間が空くと冷めるんだよ…。


一週間フレンズ。(BS)

月曜日に友達の記憶だけが全てリセットされてしまうクラスメイトの少女と、そんな彼女と友達になろうと奮闘する少年の物語。

全てがリセットされてしまうなんて切なすぎだけど(ラス前にそうなった理由がきちんと明らかになっています)、少しずつゆっくりと彼女との心の距離が近づいてゆくのが、とても丁寧に描かれているのが好感を持てました。録画したのを間を置かず速攻見てました。

人物は原作に寄せているので、ほんわかした淡いタッチなんですが、背景がハッとするほどに美しい色彩で(特に青空と夕暮れ空の美しいことと言ったら!)、地味に作画も見応えがあったんだなぁ…と。


キャプテン・アース(BS)

作画は綺麗なのに、メカの発進シークエンスがやたらモタモタしていたり、話のテンポの悪さが気になる。
お世辞にも話が面白くないのに、これが2クール目に続くなんて…。ノーゲームの方を(ry


以上です。長々語り倒していますが、ご静聴ありがとうございました!

実は『それでも世界は美しい』はまだ最終回を迎えていないので、視聴次第こっそり追記するかもです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

2014年 4〜6月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる