メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年 10〜12月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録(追記完了)&初回一言感想メモ

<<   作成日時 : 2015/01/31 23:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ぼやきページに逐次述べていた、秋アニメの感想文です。
見た順にダラダラ書いてます。
新たにまとめを書き直す時間的余裕が無いので、10〜12月期アニメの備忘録も緑字で追記しておきます。

◆月◆
オレん家のフロ事情(BS)


人魚(♂)の棒演技が気になる。4分枠だから見ても見なくても変わらんけど。
第3話まで見て面白くなかったら切ろうかと思ったら、新キャラ出てきたからもうちょい様子見。

全部見終えて:4分でちゃちゃっと終わるから実害もなかったし、これといって特筆することもありません。


Selector spread WIXOSS(セレクター・スプレッド・ウィクロス)・BS 第2期(終)

衝撃の第1期ラストから3ヶ月…続編を待ちわびておりました!
第1期のあらすじが、ざっくりと分かりやすくまとめられた新シリーズの1話目で、すんなりと続きを見ることができて嬉しい!

今度はどんな超展開で何遍驚かせてくれるか楽しみで仕方がありません!

全部見終えて:セレクターワールドの成り立ちなどが明らかになり、誰一人犠牲を出すこともなくるう子の願いが叶えられて大団円でした。

第1期の衝撃続きの展開の方が好みだったけれど、なんやかんやで面白かったよ。
ルリグになったイオナ(ユキ)がスゲー好みでした。



グリザイアの果実(BS)

ムダにパンチラしたり、主人公の部屋で全裸生着替えする巨乳娘が居たり、主人公のマッパの寝起きシーンがあったりで、全編に渡って妙にエロい(3話目に至っては×××ーシーンまであった)
主演が櫻井さんだから、切りたくても切れんのが困る。

全部見終えて:第4話目から各キャラクターを掘り下げる内容にシフトし、そのエピソードが臨死体験やら死亡工作やら超鬱展開サバイバルやらで、俄然見逃せなくなってしまって、後半に行くにつれてハマってしまいました。

中でも『エンジェリック・ハゥル』のエピソードは、バス転落事故からのサバイバル生活で、傷口から蛆が湧くわ、連れてた犬を潰して食うわ、犬を食うくらいだから人肉も行くんじゃね?なんて厭な悪寒がしていたら、ホントにそんな展開になるわ、アニメの放送コードギリギリな内容でトラウマもんでしたよ(苦笑)

ラストが意味不明だったんですケドね…。って第2期があるのかYO!
こうなったら最後まで付き合ってやんよ!



オオカミ少女と黒王子(BS)

マーガレット繋がりだからなのか、アオハライドと導入部がちょっとかぶるかも。

高校デビューでぼっち回避のために、どう見ても気が合いそうにないギャルたちと話を合わせるのに、見栄を張って嘘に嘘を重ねてしまう主人公。

ひょんな嘘から巻き込んでしまった学園の王子様は、嘘の辻褄合わせに付き合ってくれたものの、その正体は超ドSな黒王子で、弱みにつけ込んで無理難題を言ってくる鬼畜キャラなのでした。

かねてから櫻井孝宏さんには超ドSキャラを演じて欲しかったので、これだよこれ〜!!と超耳福(というコトバはあるのだろうか?)でございます(≧ω≦)

全部見終えて:主人公の性格がビミョーなのもあってか、あまり共感できるラブコメじゃなかったなぁ…というのが正直な感想です。

櫻井さんのお声は究極にカッコ良かったんですがねぇ。



◆火◆
天体のメソッド(BS)


そらのメソッドと読むそうです。色彩がとても綺麗。話はまだまだこれからかしらん?
取り敢えず青髪の娘(ノエル)は、円盤からやってきた宇宙人ってコトでおk?

全部見終えて:はい、ノエルの正体は大方の予想通りでした。
作画が綺麗という印象しか残らない、あまり自分のツボではない作品でした。



暁のヨナ(BS) 1クール目・続

登場人物の名前が韓国人っぽいので、韓ドラの時代物を見ているかのようでしたよ(管理人には10年以上前に韓国ドラマにどっぷり嵌っていた黒歴史があるのだ!)

見た目は冴えないヨナのパパりんが、スウォンのことをヨナから遠ざけようとしたのは、韓ドラだと実は兄妹だからド━(゚Д゚)━ン!!が定石なんだけど(爆)、スウォンの本質を見抜いていたからだったのねん。

確かにスウォンは見るからに胡散臭くて、将軍のハクの方がヨナとくっつきそうだなーと。
スウォンの冷たい野望(あるのか?)やなんやかんやが気になるので、これは毎週楽しみに見れそうな感じです。

1クール目を見終えて:よく言えば描写が物凄く丁寧、悪く言うと展開のテンポが遅すぎる。
が、青龍・シンアのエピソードがスゲー泣けてウルウルしっ放しだった。

北海道で猛吹雪で録画が出来なかった回があって、録画を全消ししてしまったのだけど、不慮の事故が絡んだとはいえ後悔している。



◆水◆
ガンダム ビルドファイターズトライ(1クール目・続)

前作から7年後の世界だそうです。最初、主人公は女の子なのかと思って見ていましたが、前作のレイジに似た雰囲気の少年が主人公の模様。

それよりも!前作の委員長の弟が主人公のライバルキャラとして出てきて、これが中々の眼鏡美少年で、ワタクシのテンションが一気に上がって参りましたよぉ〜(≧∇≦)よし!これも録画残し濃厚じゃ!

…ということで公式サイトとか覗いて予備知識を蓄えようとしたら、ラルさん(ランバ・ラル)の中の人が病気で長期入院し、ラルさんのキャストが交代となるそうで、地味に好きだったからすげーショック…。

個人的には世界大会でライバルが皆外国人よりも、学園物としてユル〜くやって欲しいです(少数派だとは思うが)

1クール目を見終えて:前作も好きだったけれど、今作も安定感抜群ですな!
前作キャラの成長した姿を見られるのも嬉しい。



ソードアート・オンラインU(2クール目・終)

ファントム・バレット編の締めのエピソードから、身内できゃわきゃわMMOやってるキャリバー編までは正直面白く無かったのだけど、アスナを掘り下げたマザーズ・ロザリオ編がお釣りが来るくらい凄く良かった!

何かと躾に厳しい母親と折り合いがあまりよろしくないアスナが、ゲーム内でユウキという少女と出会い、彼女の言葉に背中を押され、母親と向き合って想いをぶつけるシーンで涙ボロッボロ!

そのユウキという少女にはとんでもない秘密が隠されていました。
ユウキが所属しているギルド名が『スリーピングナイツ』といい、春には皆が忙しくなるから解散してしまうというのです。

このギルド名、多少勘が働く人ならば恐らく皆、何らかの病気の末期患者の集まりなのではないかな…と察せられるとは思うのです。

ところがユウキが冒されてる病魔は、末期がんなどではなくて、出産時に母親が受けた輸血で感染したHIV患者だったとは…言葉も出ませんでした…。

ユウキが皆の見守る中で息を引き取ったシーンでも涙ボロッボロ。
なんだかんだでSAO大好きなんだな、私。

…と言うわけで、アリシゼーション編も作ってくださいね!!



◆木◆
魔弾の王と戦姫(BS)


OPテーマソングのアレンジが壮大で、突き抜けたボーカルが気持ち良い。

OP見たところ、出てくるキャラが巨乳女ばかりで苦手系かも…と思いきや、世界観がしっかりしたヒロイックファンタジーで、騎兵の動きもカッコ良くて予想外に面白かったっす。これは続けて見ます。

全部見終えて:戦姫が7人居るという設定なのに、動いていたのは3人ってどゆこと?
伏線も張られてたのに【終】って、第2期作る気も無いわけ?

作画が綺麗で、もしもファイアーエムブレムをアニメ化したとしたらこんな雰囲気なんだろうなぁ…といった世界観やストーリー展開で感心して見ていたのに、1クールで終えるには勿体なさ過ぎる素材で残念でなりません。

OPだけ録画残して全消ししました。



繰繰れ!コックリさん
ぐぐれコックリさんと読みます。

いかにも4コマからアニメ化しましたよって感じののアニメだなぁ…。
野崎くんは4コマが元だと気にならないくらい繋ぎが上手かったのに、エピソードのブツ切り感がやたら気になるし、淡々とした会話が続く中でBGM無音のシーンが多いのも気になる(それが演出なのかもしれんが)

コックリさんのキャラがそこそこいいだけに残念でイマイチ。
あ、これも櫻井さん出てる。今期随分出てるなぁ。何という俺得!

全部見終えて:紅葉の精のエピソードだけが好きだったなぁ。絵コンテ垣野内成美さんだったよ!


◆金◆
クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(BS) 1クール目・続


ほほう…サンライズの美少女ロボットアニメとな。
OPのSEED臭パネェwwwつかフツーにキラがおるやんけ!

何不自由なく暮らしていた皇女・アンジュリーゼ(主人公)は、人間が持ってしかるべき力“マナ(魔法のようなもの?)”を持たぬ“ノーマ”であることを、母親の手によって16年間ひた隠しにされ、本人すら気付かずに生きてきました。

何故なら“ノーマ”は人としての尊厳が無い忌むべき存在として、人々の間で認識されていたからです。

しかし、アンジュリーゼの16歳の誕生日の記念式典で、兄の策謀でアンジュリーゼはノーマであることが全国民の前で暴露されてしまい、ノーマの隔離施設へと輸送され、いきなり裸にひん剥かれエロい拷問を受けます。

てな具合にあらすじを書き出しやすくて、初回の掴みはかなり良い。

自分が持たざる者としての自覚が全く無く、プライドだけは無駄に高い皇女様が、どん底に突き落とされて、恐らくこれからは周囲との衝突や軋轢も激しくなることでしょう。

そこからどう這い上がって成長していくのかも楽しみだし、キャストが豪華で劇中歌にもかなり期待できそうなので見ますぞ。

次回予告の高慢な皇女モードのアンジュリーゼの語りっぷりが面白いw

1クール目を見終えて:最初こそムダに百合シーンがあったり、唯一と言ってもいい男キャラのタスク(SEEDのキラにくりそつなマモのキャラ)がラッキースケベ属性だったりと、あざとさも目に付いたのですが、ロボットアニメなのに専門用語がコテコテというわけでもなくて、話が物凄く分かりやすくて良いです。

特に妹からの救難信号を受けて、いてもたってもいられずに脱走し故郷に戻ったはいいが、待ち構えていたのは妹の罠と罵詈雑言だったくだりは最高だったよw
一番ソリの合わなかった筈のヒルダと、ここで一気に打ち解けたのも良かった。

それと、アンジュたちノーマが戦っていたドラゴンの正体が人間のなれの果てと分かったのも、これからどうなっちゃうの!?と、ひたすら気になる展開になっています。面白いです。ハイ。



棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE(アヴェンジング・バトル) (BS)第2期

チャイカがしきりと語っていた「父上(ガズ皇帝)」がどんな人かがチラリとでも映って、第1期ではイマイチ雲を掴むような話だなぁと思っていたのですが、やっとこさ話に入れそうな感じの導入部でした。
最後まで見ますか。

全部見終えて:チャイカやギイが何者かなど明らかにはなったけれど、あんま面白い話じゃなかったなー。
作画は安定してたけどさー。



◆土◆
フューチャーカード・バディファイト(4クール目・続)

死神(キリ闇堕ち)〜臥炎(がえん)カップ編ということで、闇堕ちしたキリちゃんが病んでてカワユス。
牙王に倒されたものの、なかなかスンナリ和解は出来ないよなぁ…。

そしてキリちゃんだけでなく、タスクくんまでもが…Σ(゚д゚lll)ガーン(年末の時点ではボカしてたけどバレバレっす)
ここにきて俄然面白くなってきたから困る。



Fate/stay night(UBW) (BS)

遂にユーフォーテーブル版のstay nightがぁ〜!凛ルートだろうが何だろうが構わぬ。
戦闘シーンかっけえ!0話として初回1時間やったけど、ラストでセイバー登場をぶっ込んでくる辺り、計算づくですな!
来週も1時間らしいし、毎週楽しみすぎるおー!

1話目は0話目の士郎視点で、あのシーンはここと繋がってるのか…と、とてもwktkしながら見ましたよ。

全て見終えて:流石本家だけあってか、Zeroの時よりも登場人物が皆若くて、とっつきやすい内容ですね。
作画が文句なしに美しく、2クール目が始まる春が楽しみすぎでする!!



ガンダム・Gのレコンギスタ(BS) 1クール目・続

久々にまともなガンダムということで、Fateの裏でこちらも初回1時間と気合入ってます。
キャラデザや色遣いなどが、わざとレトロに仕上げている感じ。
主人公の喋り方がちょっとオネエっぽいのも富野テイストってやつっすかねw

1クール目を見終えて:………私が理解力に乏しすぎる所為か、キャラクターと勢力図が頭に入ってこず、見るのがしんどいでござる。

MSも全体的に皆丸味を帯びていて、何かイマイチパッとしない機体ばっかだし。



結城友奈は勇者である(BS)

今期のアニメの中で、一番思ったのと全く違ったノリで驚きました!

女子中学生4人が勇者部の活動をマターリ…と思いきや、突如世界が“樹海化”し、十二星座を模した敵とバトルしだすんだもん!なんじゃこりゃー!ですよ!!(樹海化した世界は、とても多彩な色彩で、まどマギ意識してるかも…)

BGMがゲーム音楽っぽいノリなのは良かったです。
まぁ暫くは様子見かな。

全部見終えて:勇者としてバーテックス(十二星座の敵)と戦う使命を与えられた勇者部の面々ですが、戦って“満開(レベルアップ)”して敵から勝利をもぎ取ったものの、その後には“散華”という五感を失ってしまう鬱展開が待っていました。
タカヒロ氏がストーリーに噛んでる所為か、ある程度覚悟はしていたんですが、見ていてしんどかったです。

しかも彼女たちが居る世界の壁の外はプロミネンス状で、画面を覆うほどのバーテックスが無限に生まれてくる世界で、勝ち目なんか到底無い真実を知って、これどうやって話畳むのよ?って最終話を見たら、友奈の勇者パワーで無理矢理というか有耶無耶にハッピーエンドになっとって私( ゚д゚)ポカーン…。

2クール使ってきっちり作ったら化けたかもしれないのに勿体無いのぅ。



甘城ブリリアントパーク(BS)

キャラの描き方が京兄っぽいなぁ…と思ったら、本当に京兄だった件。

テンションの低すぎる男女が、どうしようもなく寂れたテーマパークを復興させる話の模様。
どこまでが現実でどこからがファンタジー設定なのか、何とも摩訶不思議な設定のお話でした。
絵が好みなので見ます。

全部見終えて:主人公とヒロインがどうしようもなくダウナー系なものだから、脇が皆アッパー系じゃないと話が転がらないわけで、脇キャラ…とりわけ着ぐるみトリオが面白かったですな。
着ぐるみのくせに仕事の後に毎日飲んだくれてるんだぜ?

なんだかんだで話もそこそこ面白く、12話でこれ以上ないハッピーエンドで終わるかと思いきや、13話目の最終回がDVDの特典でええやろって感じの蛇足回で、激しく脱力しますたw



◆日◆
ワールドトリガー(1クール目・続)


まぁこんなもんじゃないすか?梶裕貴の三雲修が予想外に嵌っていたのがビックリ(失礼)
というかこの子はホントにどんどん上手くなるなー…。主演の多さも納得と言いますか。若手でぶっちぎりで上手いと思っている。

1クール目を見終えて:作画がとにっかく不安定なのが気になる。
黒子のバスケの作画陣、誰か1人でいいから引っ張ってこいって感じ。



ダイヤのA(5クール目・続)

決勝戦の稲城実業戦をまるまるやりきりました!すっげー激熱でスポーツアニメはたまらんどすな!
青道高校は敗戦してしまって、3年生が引退してしまうのが寂しくてたまりませぬ…(3年生の方が好きなキャラ多かったもので)


カードファイト!!ヴァンガード レギオンメイト編(4クール目・終) ※第4期

櫂くんが主役になると、トリガーの鬼引きが更に手が付けられないことに((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
ラスト3週の櫂くんとアイチの和解シーンが腐女子的には最高に良い最終回だったよw

いやぁ…ヴァンガードにハマってまる3年、実に楽しませて頂きました!
櫂くん役の佐藤拓也さんの声がもんのすごく好みなので、他の番組でもそのお声を沢山聴けるようになることを願ってやみません!(ガンダム系の番組で使ってもらえて何よりだわ。しかもどっちも仮面キャラのシャアポジションというねwww)


カードファイト!!ヴァンガードG(1クール目・続)

…と言うわけで喪失感を引きずる暇も与えられずに、キャラもスタッフも一新された新シリーズなのですが、最初の印象としては色遣いが益々派手になったなー…と。

主人公のクロノが赤髪で瞳が蛍光グリーンって、いくら原色基地外の管理人も、この色遣いはどうなのってキャラが実に多いw

そしてファイト展開が新ルールの“ストライド”についてまでも端折りまくりで、見ていて何が起こっているのか分からん状態で( ゚д゚)ポカーンとすることしばし。
リアルでカードゲームやってる子にしか分からん作りになってしまっておるでわないか!

どうしよう…新ヴァンガードについていけない…と頭を抱えていたら、ハイメ・アルカラスという「ハートにキター!!が」が口癖でハイテンションなスペイン人のキャラが出てきて、この子の性格が実にめんこいんで(櫂くんとは真逆のタイプ。好みの振れ幅が大きすぎやしないか管理人w)、ちょっとだけ見るのが楽しみになりました♪



七つの大罪(1クール目・続)

『ライジング・インパクト(ジャンプ)』、『ブリザード・アクセル(サンデー)』と転々としながら、鈴木央の終の棲家はマガジンに落ち着いた模様。
やだこれ面白いカモ!?

第2話の槍投げ合戦が凄かったです。
澤野弘之節は若干弱め。いきものがかりのボーカル、声質ちょっと変わった!?

1クール目を見終えて:A−1のアニメって正直作画がビミョーであんまり好きじゃないんだけど、これは話が文句なしに面白いんで毎週見るのが楽しみであります!

とりわけバンとエレインの話がものっそツボでした。しかもエレインは妖精王・キングの妹で…と人間模様も楽しみ。



アカメが斬る!(BS・2クール目・終)

宿敵・エスデス将軍が主人公・タツミに恋をしてから加速度的に面白くなったアカメですが、2クールできっちりかっちり主要キャラクターを描き、ストーリーを畳みきったことに祝杯を上げたくなるアニメでした!

レジスタンス的な殺し屋軍団と腐れきった帝国との全面戦争ですから、そりゃあもう敵味方問わずにバッタバッタと容赦なく人が死んでゆき、結局生き延びたのはアカメとボスだけというタツミ的にはバッドエンドなんですけど、物凄く清々しいラストだったんですよ!

分割2クールなんてな姑息な手段でダレさせることなく、かといって尺が足りずに無理矢理駆け足といった印象もなく、2クール一気に畳みかけてくれたことがとにかく嬉しいです!面白かったー!!

よくもまぁ腕がガンガンちょん切れては黒ボカシが入りまくるアニメだったので、そこんとこは眩暈がしそうでしたけどねーw


フランチェスカ(2クール目・終)

北海道ご当地アニメの2クール目はシリアス展開で、ラスボスと化したフランチェスカをどうにかして元に戻してあげるという、ベッタベタなアニメでした。

個人的には1クール目のユルい展開の方が好きだったんだけどねぇw


リタイア作品メモ

『デンキ街の本屋さん』
本屋好き、同人ネタが分かる管理人の、なんともどストライクなお話である。
絵柄は好みじゃないけどダレずに見れた。けれどちょい様子見しておこう。
※2話目を見てリタイアしました。


『ハナヤマタ』
何の取り柄もない自分に自信が持てず、内向的にもほどがある主人公が、外国人留学生の金髪美少女に誘われて、よさこいをやる話っぽい。

キャラデザがあまり好みではなく、主人公の性格上、見ていて非常にかったるかったので、これはもういいです。


『失われた未来を求めて』
第1話から作画が妙にアングルに拘ってなのか顔が歪んだりしていて、この作画はどうも生理的にダメだ。
なので早々にリタイアします。


追記しまくったら、とんでもないボリュームになったなぁ。元々文章くどくなりがちなんだけどさ。
最後まで見て下さった方、ご静聴ありがとうございましたァ−!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

2014年 10〜12月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録(追記完了)&初回一言感想メモ メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる