メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 2015年 7〜9月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録

<<   作成日時 : 2015/10/17 19:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

すっかり遅くなりましたが、デレマスの最終回がやっとこさ放送されたので、夏クールのアニメ感想に参ります。
総評と言うほどのものではありません。
今回は特に作品への好感度と文章量が必ずしも正比例していない内容なんですが、気が向かれた方は続きをどうぞ。

( ゚д゚)ハッ!しまった!物語の結末・犯人(?)など決定的なネタバレが多々あります。

今まではなるべくぼかすように書いてきたのですが、数年後、自分で読み返した時に、結末が分からなくてモヤることが多々あったのです。ご了承くださいm(_ _)m

◆月◆
ダイヤのAセカンドシーズン 2クール目・続


秋大会が着々と進み、対戦校の鵜久森高校の子たちがいい奴揃いで、すんげー清々しかった!おまいら大好きだー!

そして次の試合の大谷高校戦では、遂に主人公の沢村が変化球(チェンジアップ)を覚えて覚醒し、やっとこさ主役の面目躍如!

ここまで実に長い道のりじゃったのぅ…。


To LOVEる-とらぶる-ダークネス 2nd(BS)

ダークネス第2期ということで、毎回毎回ムダに白いモヤが〜…。
しかも1クールじゃ畳みきれなくて後日13・14話放送ですってよ!


下ネタという概念が存在しない退屈な世界(BS)

基本的な設定が図書館戦争っぽいなと思ったのですが、一緒にするなと言われそうw

今までそれなりの数のアニメを見続けてきましたが、これほどまでに下品でおバカなアニメがあっただろうかw(一応褒め言葉)
オ●ホの作り方まで実写で放送するとは思わなんだwww


純情ロマンチカ3(BS)

伊集院先生編でしたΣ(゚∀゚ノ)ノキャー!!

美咲の就職先も決まり、ウサギ大てんてーとも益々ラブラブなのに、第1期の時のようなHシーンが無くなっちまったのがなぁ…。
まぁ無くても面白いんですけどね。


◆水◆
俺物語!!(BS) 2クール目・終

2クール目になって、大和以外にも剛男を好きになる子が現れたり、スナのことを10年来好きなストーカー子が登場したり、大和のバイト先の天才パティシエが痛男だったりと、人間関係が広がってゆくにつれて若干泣ける度は下火になったものの、剛男と大和とスナがホントにいい子たちなので、最後まで本当に楽しませて頂きました!

2クールぶっ通しで作ってくれてありがとう!!
続編やってくれたら絶対見ます!


◆木◆
オーバーロード(BS)


第1話目を見た限りでは今期コレが一番面白そうかも!と掴みは良かったハズなのに、話のテンポは悪いわ、主人公の目的は一応提示されてはいるものの、目に見えた展開じゃないわで、お世辞にも面白い話じゃなかったわ。

あと女性キャラのデザインが可愛くないのもマイナス。
EDイラストのアルベドは可愛いのにどうしてこうなった。

OP主題歌は物凄く好みでした。
日野ちゃまの声の使い分けも好きでした。


◆金◆
アイドルマスター シンデレラガールズ(BS) 2クール目・終


常務が事務所の方針を180度転換し、シンデレラプロジェクトは解体・再編の鬱展開…。
けれどしぶりんの新ユニットの楽曲とライブ演出は神懸かっていて素敵でした。

途中ちょいちょい声優を絡めた総集編があって、邪魔かと思いきや、作品の理解度を高めるのに結構役に立つ内容で良かったです。

本作のプロデューサー役の声優が現役高校生とは思わなんだΣ( ̄口 ̄;)声渋すぎやろーw

それに1話につきキャラひとりをフォーカスするのではなく、1話の中で何人かの関係性が変わってゆく描写を全篇に渡って心がけていたというのも大いに納得できました。


Fate/kaleid liner プリズマイリヤ ツヴァイ ヘルツ!(BS) ※第3期

前半は緩い日常編で(まさかBL話で1話費やすとは思わなんだw)後半はカードと英霊絡みのガチシリアス展開。

第1期から仄めかされていた美遊の正体が遂に明らかに!(パラレルワールドの聖杯そのもの…イリヤとほぼ同じな存在でした)長かった〜!

もう十分でしょと思ったら来年第4期に続く模様。
こうなったら最後まで付き合うけど。


◆土◆
フューチャーカード・バディファイト100 2クール目・続


角王(かくおう)探しの旅が続く。
あと揃ってないの誰だっけ?

タスクくんのバディが時空の彼方に飛ばされてしまったのがショック(´;ω;`)ブワッ
この伏線は回収されるんだろうな?


電波教師 2クール目・終

鑑先生のクラスの問題児や不登校児のエピソードがあらかた片付いてしまい、今度は銀杏学園内外の生徒たちのエピソードばかりだったのがなんだかなぁ…。

全体を通して個人的には好み目なお話だったんだけど、ピークは女装ネトゲ廃人・光太郎のエピだったなぁ。

けれど最後までゴミ作画アニメだった。A−1はホンマ糞。


六花の勇者(BS)

世界に危機が訪れた時、6人の勇者が現れ世界を救う筈が、選ばれた勇者はどういう訳か7人でしたとさ。

偽者はだーれだ?ということで、魔神(凶魔の親玉)を倒しに行くのではなく、偽者探しのミステリ要素が強い話で、あやまたず主人公に偽者の容疑が掛けられてしまいます。

濡れ衣を晴らし偽者を見つけ、主人公を嵌めた罠を見破るための登場人物たちとの遣り取りが非常に濃く、最後までとても興味深く見させて頂きました。

割と序盤からヒロインのナッシェタニアではなく、凶魔とのハーフ少女のフレミーの描写の方が多く割かれていたので、ひょっとしてこの話の正ヒロインはフレミーなのか!?と思っていたら、偽者がナッシェタニアでめっちゃビックリしたー!!

絶対にナッシェタニアの従者のゴルドフが偽者だと思っていたのにー!

ところがぎっちょん、謎は全て解けた!と思ったら、最後にビミョーなうしちち娘が六花の勇者で〜すと現れ、またも7人になってしまって、なんじゃそりゃああ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

第2期なんか作らなくていいんだからねっ!
…とツンデレ風味に言ってみたが、ホントに作らなくて良いからな!

キャラデザインがテイルズっぽくて皆カッコ良かったです。
が、色彩が地味すぎで、肌色がゾンビっぽいのが大きなマイナスでした。


デュラララ!!×2 転(BS) ※第2期2クール目

益々キャラや謎の勢力やチャット民が増えてカオス状態なデュラララですが、青葉に唆されて池袋の暗部にズブズブと嵌り込んでゆく帝人(みかど)を、黄巾族を復活させてでも止めようとする正臣の王道展開になるんだろうかね?

前回は臨也(いざや)が刺されたところで終わるというとんでもないタイミングだったけど、今回はドタチンが轢き逃げに…。
ドタチン死なないでくれー(´;ω;`)ブワッ


Charlotte(シャーロット)(BS)

第1話での主人公のクズっぷりが目を引きました。
ルックスもどことなくルルーシュっぽいしw

ところがそんな超能力少年少女たちの緩い学園ファンタジーを麻枝准が描こうとするわけもなく、第6話で特殊能力の暴走で妹が死んでしまい(予想よりも早い展開だった)、廃人になって堕ちるところまで堕ちてゆく主人公の描写が凄まじかったのですが、それはまだ序章に過ぎなかったのでした。

その後、生き別れの兄(第1話から伏線が張られていて、主人公と妹は記憶を消されていた)が能力者たちの人権を守るための組織を作り上げるまでの壮絶な物語や、その志を主人公が受け継いだはいいけど、中々一筋縄ではいかない展開が続いてゆきます。

最終的には主人公が世界中の能力者の能力を奪い去るという大風呂敷を、1クールで畳みきってしまったことにただただ脱帽でした。

無愛想で摑み所のないヒロイン・友利が、作中で2度廃人になってしまう主人公・乙坂を救う展開があって、その度に友利が魅力的になってゆく描写も圧巻。

因みにシャーロットというタイトルは、作中で数十年ごとに地球に接近する(恐らく架空の)彗星の名前より。
それがもたらす因子によって、思春期の少年少女に特殊能力が発症されるとのこと。


食戟のソーマ(BS) 2クール目・終

まさかの秋の選抜予選ぶった切りで終わるとは思わなんだ/(^o^)\

からあげ商店街バトルなんかやってる暇あったら、ストーリーをちゃんといいところまで終わらせんかい!

つーか3クール分の放送枠獲得しろよ!

背景がショボイJ.C.にしては作画かなり頑張っていて(料理の作監まで居るし)感心していたのに、この仕打ちはあんまりじゃ内科医!?

絶対に第2期やってくださいね!


WORKING!!!第3期(BS)

佐藤さんと八千代さんのことや、山田の家出と家庭の事情や、伊波さんの男性恐怖症克服と小鳥遊くんへの恋心のことや、最大の謎だった小鳥遊くんのお母さんのことなど、長いモラトリアムから一転、一気に話がまとまって、これでシリーズ集大成だなとは察せられたのですが、まさか1クール使って畳みきれなかったとは( ̄∀ ̄;)

いや、このシリーズ大好きだから引き延ばしてくれてもいいのよ?
ちゃんと映画とかじゃなくてBS11で補完してくれたらね!


城下町のダンデライオン(BS)

9人きょうだい(3男6女)の大家族ゆるゆる日常コメディかと思いきや、その家族は王族で(お父さんは国王なのだ)、9人全員が何かしらの能力者。
しかもその9人の中から次期国王を決める総選挙をするという、なんともおなかいっぱいな設定。

ところが9人全員とまでは行かないまでも(流石に下2人は仕方ないよね…。特に3男坊は一番目立ってなかった)、それぞれのキャラクターをきちんと掘り下げていて(しかも国王陛下と王妃様のなれそめまでも描かれていた)、きょうだいたちが王様を目指す・目指さない理由と、周りの人たち(友人・恋人など)との関係性までも少ない尺ながら描かれていて、とても好感が持てました。

しかも第2期を仄めかすような姑息な手段を用いず、1クールで国王選抜総選挙の決着を、個人的に一番望む形で描ききってくれて(長男・修が最終回で気張って国王になりました♪)、絵柄も可愛いし満足度の高いアニメでした。


◆日◆
ワールドトリガー 4クール目・続


大規模侵攻というひとつの山場が終わって、どうやってこの先話を盛り上げてゆくのかと思いきや、遠征部隊になれるA級昇格目指してのランキング戦が始まり、これが予想外に戦略等が面白いし、対戦相手チームの掘り下げもしっかりされていたので、毎週楽しみに見ていました。

けれど次クールからはオリジナル展開のようでどうなることやらな…。


カードファイト!!ヴァンガードG 4クール目・終

Gになってからホントファイトの流れとかスキルの説明とか省略しすぎで分かりづらくなったし、新キャラで好きなのはハイメ・アルカラスくらいしか居なくて、もうヴァンガード見なくてもいいかな…と思ったら、旧シリーズのキャラほぼ全員復活のテコ入れキタ━(゚∀゚)━!!

良くも悪くもキャラクターを切り捨てないヴァンガード。
とっちらからない程度に上手く融合させた新シリーズに期待なのです。


アルスラーン戦記 2クール目・終

少数精鋭が大局をひっくり返すのを見るのが好きだったので、軍が大きくなるにつれて熱も冷めていってしまいました。


干物妹!うまるちゃん(BS)

原作ファンなので、メイン4人が新人だったのもさほど気にならず、まぁ概ね楽しめたっちゃあ楽しめたんですが、動画工房の作画はミカグラ学園で露見したけど、ホントショッパイなぁ(;´Д`)

第2期があったら見ますけどね。


赤髪の白雪姫(BS)

赤髪という奇異な外見で苦労をしながらも、手に職を持っていて自立し、地に足の付いた生き方をしている主人公シラユキと、第2王子という立場上の制約にもがきながらも前を向いて進んでいくゼン王子の物語。

ヒロイックファンタジーな舞台装置であるにも拘わらず、フワフワキラキラした要素が控えめで、交わされる会話もおよそ少女漫画っぽくないなといった印象があり、作画や色使いの地味さ加減も相まって、イマイチ嵌れずに見てきました。

が、ラスト3話(第10話〜12話)で主人公・シラユキとゼン王子の関係性が劇的に変わる出来事があり、それがきっかけでシラユキに恋愛スイッチが入ってから、やっとこさ少女漫画になってくれて安心しました(笑)

ゼンの従者のミツヒデのことは多少掘り下げられていたけど、木々のことが全く触れられてなかったのが多少モヤりました。

キャラクターのネーミングセンスが正直あまり好きじゃなかったです。


乱歩奇譚

OPとEDは脳内グルグルしまくるくらいめちゃ好きでしたが、本編内容がサイコすぎて苦手系でした…。


リタイアメモ

ケイオスドラゴン 赤竜戦記:1話リタイア
アクエリオン・ロゴス:1話リタイア
Classroom☆Crisis(クラスルーム☆クライシス):3話リタイア
蒼き鋼のアルペジオ ‐アルス・ノヴァ‐:1話リタイア
がっこうぐらし!:1話リタイア
モンスター娘のいる日常:1話リタイア
GATE〜自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり:2話リタイア
青春×機関銃:2話リタイア
空戦魔導士候補生の教官:1話リタイア
GOD EATER:1話リタイア

うん、頭に入ってこないものやツボに来なかったものは、世間の評価など関係なく容赦なく切ったw
それでもかなりカツカツなスケジュールでしんどかったです。

10月期からのもかなりバッサバッサ切ってますねぇ。

最後までご覧下さった方、ご静聴ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

2015年 7〜9月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる