メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年 4〜6月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録

<<   作成日時 : 2016/07/09 18:42   >>

トラックバック 0 / コメント 0

長期的に見続けていたアニメが何本も終わって、この春から仕切り直しでした。
第1・2話目を見て合わんなぁと思ったのは全て切ったので、見るのが苦痛なのが一本もなかったです。
作品の火力は低めでしたが、粒揃いだったかなぁと云った印象ですかね。


◆火◆
マクロスΔ (デルタ)(BS) 1クール目・続


年末だか正月だかにやっていたスペシャル特番を見た時に、面白そうだな〜早く見たいな〜と思っていたのだけど、蓋を開ければ作画ビミョーだし、楽曲もビミョーだった。

が、1クール目ラストのウィンダミアとの決戦でのフレイヤのダイブシーンなどはとても滾ったw
多分私的に三雲さんよりもフレイヤのボーカルの方が危なっかしいけど好きなんだと思う。


虹色デイズ(BS) 2クール目・終

終盤イマイチ心が読みづらかった小早川さん視点になって、小早川さんが恋心に気付くところで綺麗に幕引きとなりました。

どのキャラが物凄く好きというわけでも共感できるというわけでもなかったけど、15分枠というのがとにかく気楽に見やすかった。


ふらいんぐうぃっち(BS)

現代版魔女の宅急便みたいな話?と思ったら、魔女のゆる〜い田舎生活(in青森)でしたとさ。

人気声優とかエロとか円盤売るためのガツガツした要素が一切無く、なんかめっさ癒される。
なんやかんやで毎回必ず魔女っぽいエピソードが挿入され、肝を外していないのも好感度大。


◆水◆
ジョーカー・ゲーム(BS)


男性声優ファンとしては垂涎のキャスティングなのがタマラン!

超苦手な政治絡みのスパイの話で、脳味噌スカスカなもんだから殆どストーリー理解できんかったんだけど、なんかやたらカッコイイアニメだった。

D機関のキャラの中では三好が一番美形だと思うw

OP主題歌のアレンジがジャズテイストでめっちゃカッコ良かった。インストだったら尚良かったんだけどな。


◆木◆
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?(BS)


MMOで一緒にプレイしてる仲間たちとオフ会をしたら、偶然にも皆同じ高校の生徒でしたとさ(ヾノ・∀・`)ナイナイw

その中に主人公とゲーム内で結婚してる子が居て、実際会ったらゲームとリアルの境界があやふやな不登校児なもんだから、彼女を学校に連れ出すべく『ネトゲ部(現代電子遊戯通信部だったっけか?)』を創設し、彼女にまっとうな学校生活を送ってもらうお話。

ラノベとしてもゲームとしてもかなり緩〜いお話だったけど嫌いではなかったよ。


◆金◆
文豪ストレイドッグス(BS) 1クール目・第2期に続く


実際の文豪たちを異能力者仕立てにした近代ファンタジーで、異能力がそれぞれのキャラの作品になぞらえてあって(太宰だったら『人間失格』とか)、演出が厨二病くさくてやったらカッコよくてツボ!
それにキャスティングが超豪華!何この耳福!?

第1期のラストにラスボス・森鷗外が登場して、俄然続きが楽しみになりました!!

作画は綺麗なのに、ギャグ顔の頻度が高くて崩し方があまり好みではなかったんだけど、慣れると割と気にならなくなったかな。


◆土◆
暗殺教室 セカンドシーズン(BS) 2クール目・終


殺せんせーの過去編の雪村先生との別れのシーンがえらい泣けた。というか泣いたw
殺せんせーにとどめを刺すシーンはマジ泣きしたw
最終回は終始ウルウルしっ放しだった。

黒板のサブタイであったり、Lineのアイコンだったりと細かいところを作り込んであるわ、原作がまだ未完の頃に着手されたから、念入りな打ち合わせを行って原作(者)との齟齬が無いように(ネウロの頃に辛酸を舐めたらしいからな)努めたりと(最終回があそこまでガチで原作のラストに寄せてくるとは思わなんだ!)、スタッフの真摯な愛が伝わるアニメ化でした。


キズナイーバー(BS)

『愚鈍』、『独善ウザ』、『脳筋DQN』、『狡猾リア』、『不思議メンヘラ』、『上から選民』、『インモラル』ってな七つの大罪の位置づけが実に興味深く、他作品やリアルでもこのタイプだよなーと分類グセが付いてしまった。罪なアニメよのぅ…。

1クールでよくもまぁ起承転結上手くまとめて濃い話を1クールで畳みきったなぁと思う。
そう言えば岡田麿里の脚本割と好きなんだった。

ザックリ一言で言うと、痛みを無くした主人公が、痛みを一手に引き受けたヒロインから痛みを取り戻し、彼女を痛みから解放する物語だった。

男キャラのキャラデザが若干クセが強めだけど作画も綺麗でクオリティ高いアニメだと思う。


迷家-マヨイガ-(BS)

キャラものっそ多いな…全然覚えきれんかったよ。

けどキズナイーバーと照らし合わせて、光宗は愚鈍、美影は上から選民、ヴァルカナは脳筋DQNだよなーとか、キャラ設定を思い描くと覚えやすいかもw

オリジナルで凝った話で頑張っており、己のトラウマと向き合うか否かがテーマの模様で、全員が立ち向かうのではなく、逃げる選択も受け入れられているラストなのが妙にストンと腑に落ちた。


ハイスクール・フリート(BS)

何故『はいふり』から改題されたの?分かりにくかったから?
艦これブームに乗っかった艦隊モノっぽい。

高校入学と同時にクラスメイトと艦で衣食住を共にするって何気にハードだな。
まぁ殆どのキャラの名前と顔と役割が覚えられなかったんだけどね。

しかも入学早々のオリエンテーション的な航海中に、教官の艦に発砲されて仕方なく迎撃したら反乱分子として扱われ…と、絵柄は可愛いのに初回から超ハード展開。

なにやらネズミを介したウィルスによって、クルーたちが正気を失ってというのが真実で、主人公たちはウィルスに冒された新入生の他の艦を救いに行く話の模様。

最終回の艦隊戦がとにかくすんげー作画気張ってて、女の子しか出てこない萌えアニメなのに力配分間違ってね?ってな位の迫力だった。

晴風(はれかぜ・主人公が乗ってた艦)が役目を終え最後海に沈んでゆく時に、周りの皆が下を向く中で主人公が敬礼するシーンで、萌えアニメながらもじーんときた。
思った以上に本気度の高かったアニメだったのかもしれない。


学戦都市アスタリスク 第2期(BS)・終(?)

第2期で行方不明の姉の秘密も明らかになって畳みきると思いきや、ヒロインの国にご招待されて新たなフラグが立つわで、コレ第3期来るな。
やるなら早めに( ゚д゚)ノ ヨロ


マギ シンドバッドの冒険(BS)


キャスティングは同じでgdgd作画のA-1ではなくて他社が制作したんですが、最初の数話こそブラックアウトして場面転換とか演出こそ気になれど、作画の安定感が非常に良くて、この会社には是非ともシンドバッドの2期と、マギの第3期以降を完結まで作ってもらいたいものである。


少年メイド(BS)

母子家庭で育った少年が母親の死をきっかけに、浮世離れした売れっ子デザイナーの叔父の円(まどか)の家で、生活能力に乏しい円の面倒を見るべく住み込みでメイドをする話。

主人公の千尋がとにかくハイスペック小学生で(勉強は学校でするものだとか言って、家では家事しかしないw)、マジでウチに嫁に来て欲しいw

円の声が棒読みで誰だよ?と思ったら島ア信長だった。
ああいった浮世離れしたキャラはまだまだ修行が足りんかのぅ(マモとかがやれば上手いと思うのだが、マモもホスト部の殿を演った頃はまだ下手くそだったから、これを機に信長も覚醒するかも?)


坂本ですが?(BS)

高校生の喫煙でボヤを起こして、それを坂本の機転でどうにか大事にならずに済む話とか、スズメバチを穏便にやり過ごす話とか、初回から物議を醸しそうな内容だったなーw

ツッコミどころ満載な作品なのを、ギャグマンガとしてスルーするスキルが必要な模様(おおげさ)
しかもそのギャグが微妙に昭和臭がする辺り(終了式でパイ投げってドリフ世代じゃねーかw)

久方振りにグリーンリバーライト氏の声を堪能できたのは満足。


◆日◆

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 1クール目・続く…のか?


ZZから数年後の世界と云うことで、ファーストシリーズからの正統な続編なんである。
モビルスーツの動き方とかもやたら力入っててヤバいと思ったら、劇場版をテレビ用に再編成したものとのこと。


カードファイト!!ヴァンガードG ストライドゲート編 1クール目・続

ギアースクライシス編のすぐ続きということで、ラスボスの明神リューズが死んだかと思いきや、クローンの幼体に乗り移りおったΣ(゚д゚lll)

そしてやっとこさクロノの父のことやクロノ自身の過去が明らかになりつつあって、第1期から伏線張ってた“ディペンドカード”のことにもがっつり触れてゆく模様。


僕のヒーローアカデミア 1クール目・第2期に続く

序盤やたらゆっくりだったのに、急に展開早くなったなーと思ったら、アルスラーンと七つの大罪の第2期の予告が入って、僅か1クールで終わるとは思わなんだ。

梅雨ちゃんが周りよく見えてる子で、存在がなんか可愛い。
というか悠木碧が僕街の雛月辺りから、色んな声や感情や演技の引き出しなどが増えて上手くなったなーと思う。

轟が妙に美形で強キャラだなーと思ったので、第2期では活躍してくれるといいなぁ。


三者三葉(BS)

没落した元お嬢様の葉子様と、見た目はゆるふわ・中身は腹黒なメガネっ娘葉山と、見た目とはさほどギャップのない大食いでおおざっぱな双葉という三者三様の日常モノ。

まんがタイムきらら系なので緩〜いコメディなんですが、葉山の見た目と中身のギャップにやられたり、葉子様の家の元メイドの園部がいい性格したキャラだったり、典型的なツンデレ娘・西山がルックス的に一番可愛かったりで、毎週結構楽しく見てしまった。

へっぽこ作画で新人声優でコストダウンする動画工房のアニメなのに、きららにハズレなしだなホンマ。
第2期あるなら勿論見ます。


田中くんはいつもけだるげ(BS)

こちらも緩い学園コメディで、アンニュイな田中くんの周りには見た目はヤンキーなのに世話好きな太田くんが居たり(太田めっさいい奴すぎる。細谷声スゲー苦手なんだけど、こーゆーキャラは合ってると思う)、田中くんのけだるさを師匠と崇めるアグレッシブな宮野が居たり、田中くんを好きになるクラスのヒロイン(実は高校デビュー)白石さんが居たりと、キャラの配置が絶妙。

必然的に動きの少ないアニメではありましたが、毎回のんべんだらりと見れて好きでした。


リタイアメモ

ばくおん!!:1話アバン〜OPを見てリタイア
鬼斬:1話リタイア
クロムクロ:2話リタイア
SUPER LOVERS:1話リタイア
ハンドレッド:3話リタイア
逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜:4話リタイア


以上です。ご静聴ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

2016年 4〜6月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる