メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 3DS版ドラクエ11プレイ日記 その9 カミュの過去〜聖地ラムダにて…まで

<<   作成日時 : 2017/08/06 22:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3DS版ドラクエ11プレイ日記第9回目は、再び船を動かせるようになって、ユグノアの悲劇の真相が明らかとなり、マルティナとカミュが戻ってきて盗賊団再結成と思いきや…!?なところからになります。
カミュに対して抱いていた様々な疑問が全て明らかとなりました!
そしてその直後のイベントで…(毎度の事ながらネタバレ上等ですが、今回のは特にショッキングで寝込みそうでした)


ぬすむ&スーパールーレット要員で相方のカミュが戻ってきたおー!やったー!とテンション上がりそうになったのも束の間、記憶喪失のカミュはすっかりキャラ変してしまい、しかもスキルパネルが仕事しないポンコツと成り果ててしまいました>┼○ バタッ

ともあれクレイモラン王国を再訪したところ、また5のゾワゾワの不穏な曲ですかい!今度は何あった!?

城下町の人々は堅く門扉を閉ざし情報収集もままならぬので女王シャールに会いに行くと、今この国では“黄金病”なる奇病に冒され、いつ何時それが発症するか分からぬ恐怖に人々は怯えきり、きっとまた魔女の仕業だと口さがなく言う人々が増え、泣く泣く魔女のリーズレットを地下牢に入れざるを得なかったのだと。

地下牢は魔女ぶち込むためにあるんだろーなーとは思ったけど、リーズレットはシャールの苦悩を理解していて、すっかりズッ友になってました。
クレイモランの話がアナ雪テイストで凄く好きだったのでこれは嬉しい。

奇病の正体を探るべく城下町の人々に門戸を開くようにお触れを出したシャールのお陰で、町の人々は重い口を開きます。

氷漬けの次は体が黄金になる病気って、つくづくついてない国だなここは。
管理人も半年は冬な北国に住んでいる所為か同情を禁じ得ない。

聞き込みを続けている際、教会の神父がカミュの事を知っているとのことで、記憶を取り戻すきっかけになればと話を聞くと、カミュは怒って外に飛び出してしまいました。

カミュには妹がおり、ふたりは近海のバイキングに育てられたのだが、決して大切に育てられた訳ではなく、過酷な少年時代を過ごしたのだとか。

どことなく6の主人公っぽいツンツン頭のカミュの妹ってことは、さぞやターニアのように健気で可愛い妹なのだろうと妄想したら、それは見事に打ち砕かれたのは内緒ですw

カミュを追いかける途中、カミュと顔見知りらしいばーちゃんに話しかけられたら、突如ばーちゃんが金ピカの像になってしまいました(゚д゚)!

更に激しく取り乱すカミュは裏門から飛び出し、海辺で頭を抱え顔色も悪く今にも倒れそう。

そこへ黄金の魔物の軍勢が船で乗り上げて来て、城下町を襲いに掛かってきたぞ!

カミュは神父さんに任せて魔物退治に繰り出すと、それは陽動作戦でカミュは魔物に攫われてしまいました/(^o^)\

@近海のバイキングの住処の方角に攫われた、A魔物の動きや口調がバイキングのそれに近い、Bカミュをピンポイントで狙ってきた…ということは敵の親玉はバイキング絡み!?

バイキングのアジトでカミュを助けると、カミュは記憶を取り戻しかけているのか、アジトの更に奥に行ってしまいました( 」゚Д゚)」待てやコラ!


風穴の隠れ家という所でカミュは苦しそうにしていました。
部屋の中がちょいちょい金ピカなのが気になる。

その傍らには大樹の根っこが。
手をかざすと遂にカミュの過去が全て明らかに!

10年前にカミュと妹は行き倒れていたところを、いかついバイキングのおっさんに拾われ、ぞんざいに扱われてこき使われてました。

って妹ェ…。ターニアどころかクロノクロスのキッドが青髪になったが如き、がらっぱちな俺女なんですケドー!
勝手に萌え属性たっぷりの妹だと思っていた私涙目w

大金持ちになって、こんな所からとっととおさらばしてやる!
それがふたりの生きるモチベでした。

けれどその日食うのにも困っているので、ウミネコが側にやってくると、カミュは翼があれば…とロマンチストなのに対し、妹・マヤはその鳥を焼いて食ってしまおうというリアリストな対比が面白い。


ある日、カミュはマヤの誕生日に赤い宝石がふんだんにあしらわれた首飾りをプレゼントします。

マヤはこんなショボいものよりも、デルカダールの秘宝・レッドオーブが欲しいなんて言いながらも、内心とても嬉しそう。

その首飾りはいわくつきで、身につけた者に金銀財宝をもたらすらしく、文句を言いつつも早速身につけたマヤ。
すると磨いていた銅貨が金貨に変わり、ぼろ切れまでもが金塊に!

マヤはその力を駆使して、次第にふたりの住み処に黄金の調度品が増えてゆきました。
調子に乗ったマヤはウミネコまでも金塊に変えてしまい、命を弄ぶ行為にカミュは激怒!

しばらく首飾りの力には頼らないとマヤは首飾りを外そうとしましたが、呪われているのか外すことも破壊することもできません!
しかも首飾りの力が暴走し、マヤの体が金塊に変わってゆくではありませぬか!!

たすけて…おにいちゃん!普段のがらっぱち口調とは打って変わって、可愛げのある口調で必死に手を伸ばして助けを求めるマヤですが(ツンデレか!ツンデレなのか!!)、自分までもが黄金病に巻き込まれるのではと、カミュはマヤの手を取らずに怯んでしまいます。

兄に見捨てられた悲しみに満ちた表情のままで、マヤの体は黄金になってしまいました。

悲嘆に暮れたカミュは逃げるように故郷を去り、世界を旅する内に首飾りが呪いの品だったことを知り、自暴自棄になっていたところで預言者と出会ったそうです。

オーブを集めていれば、いずれ地の底で勇者と出会うことになる。
勇者に力を貸せ。
さすればお前の贖罪は果たされる…と。

気付けばカミュの記憶は戻っていました!
スキルパネルも復活です━(*≧∀≦)ノ━♪

けれどここにあったはずのマヤの黄金の像は消えています。
なんだかもうイヤな予感しかしないけど、北の黄金城に居るとかいうキラゴルドをやっつけに行きませう。


黄金城は金持ちのモンスターが多い上に、どーゆー訳かスロットマシンが置いてあって、そこでカジノのコインが何百枚も拾えるのが(゚д゚)ウマーだった(魔物が化けているのも居るけど。しかもビミョーに強いしw)

扉を解錠し最短のショートカットルートを確保して、一旦体制を整えてから潜り直したんだけど大正解だったなー。

最奥にはキラゴルドが居るはずなのに、やはりと言うべきか…マヤがキラゴルドでした( ´゚д゚`)

命の大樹の魂が消え魔王復活の際に、兄に見捨てられた恨み辛みと絶望が酷かったもんだから、魔王にスカウトされたんですってよ。

キラゴルド、数ターン行動不能になる金ピカ版アストロンがめっちゃウザかったわー。

何とか倒すとキラゴルドは力を暴走させ、このままでは世界中が黄金病になってしまう!

カミュは自分の手でマヤにトドメを刺そうとするので、カミュを止めるか否かの選択肢が出るんですが、無難に「止める」方向で選びました。

我を失いかけていたカミュを制止すると、やっぱりマヤを助けたい!とカミュはマヤの元に掛けだし、主人公はそれをサポート。
ふたりのコンビネーションが冴え渡りまくりで滾る〜!

カミュは今度こそ自分の身が黄金に成り果てようとも、マヤに手を伸ばして助け出そうとし、呪いでカミュの体は黄金になってしまいました。

ツンデレのマヤはここにきて本音を吐露。

兄貴と一緒にいたい。どんなに貧しくても、寒くても、ひもじくても我慢できる!
黄金なんて、もういらない!

マヤの瞳からひとしずくの涙がこぼれ落ち、首飾りに降り注ぐと、黄金を生む呪いの首飾りが砕け散りました。
その傍らにはイエローオーブが。

カミュの長い長い贖罪の旅はやっと終わりを告げました。

意識を失ったマヤは魔物になっていた影響もあってか、暫くは目を覚ましそうにないみたい。
教会に預けられることになりました…。

カミュのスキルパネルが拡張され、カミュに対して抱いていた疑問の全てが明らかになってスッキリしました!

@雪国に詳しい素性:バイキングに育てられて、この辺に住んでいた
Aレッドオーブの使い途:妹が(冗談交じりにだけど)欲しいと言っていたのと、預言者に集めろと言われ
B預言者との出会い:妹の事で罪の意識に苛まれて自暴自棄になっていた時


まぁこれで金塊に阻まれていた陸路も海路も開通ということで、聖地ラムダに向かいます。

ラムダに行く途中のでかい氷の湖で黒い龍に襲われ(麻痺攻撃多発してきたなー)、セーニャと合流。

ベロニカとはぐれてしまったセーニャは、ラムダに帰りがてら人助けをしながら一人旅を続けていたそうで、まぁ基本地味子に変わりないけど、幾分しっかりした感じになってました。

ラムダに行けばベロニカに会えるかな?ベロニカ好きだから早く戻ってきて欲しいお!

ところがぎっちょん!wktkして聖地に赴いたら、絶望のどん底にたたき落とされることになろうとは(´;ω;`)ブワッ


聖地ラムダに到着すると、セーニャとベロニカは双子なので、ベロニカがもう戻ってきている事を察知し、子供の頃よく遊んでいた静寂の森に行くと、ベロニカは大きな木の下で寝ていました。

起こそうとしてもちっとも起きない…それどころか息すらしていない!

傍らにあったベロニカの杖が光り出し、世界崩壊のあの時の出来事がフラッシュバック!

魔王ウルノーガに命の大樹の魂を絶たれ世界崩壊が起こった時、命の大樹のすぐそばに居た主人公一行やグレイグやデルカダール王は何故に無事だったのか!?

ベロニカが命を賭して皆を護ったからだったのだ!!
ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

人魚イベですら“泣きそう”止まりだったのに、このイベはマジ泣きしてしもうたうあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ

思えば命の大樹に向かう際のキャンプ地で、ベロニカとセーニャが死ぬ時は一緒ってゆってたイベがあったけど、アレが思っくそ死亡フラグだった件ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

それにベロニカは魔女リーズレットの氷漬け魔法で寝込んでしまった主人公を一際かいがいしく世話する健気な一面もあったのに…。

ベロニカの葬儀が執り行われるのですが、ラムダでは死者を弔う際、髪をひとふさ祭壇に捧げるのだとか。
そして故人への想いが強いほど捧げる髪の量も増えると…。セーニャ断髪イメチェンイベくるな…。

その晩、決意を新たにしたセーニャはバッサリ断髪し、ベロニカのスキルを継ぐことになりました…。
髪を切ってもヘアバンドは装備なのね…。

何故に地味子の方が残ってしまったんじゃつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
ベロニカ救済イベ無いと暴れるぞゴ━(# ゚Д゚)━ルァ!!(キーファのことがあるからフィフティーフィフティーな希ガス…)

初めて聖地ラムダを訪れた時にベロニカとセーニャの両親にも会ったけど、似てねー親子だな…と思ったら実の子じゃないんですって!
これも地味に驚いたなぁ…。

この直後のイベントで空を飛べるようになったんですけど、行動範囲が広まる=寄り道しすぎて書くネタが殆ど無くなる罠が待ってるので、今日はこの辺にしておきます。


9日目の雑感

カミュがホンットいい兄貴で、メンバー内で一番真面目なのはカミュなのではなかろうかと思っていましたが、バイキングにこき使われていた少年時代、真面目で要領が悪い描写がされていたのが妙に腑に落ちました。

ベロニカにつきましては…、カミュと同じくらい早く仲間に戻ってきて欲しかったから、ショックでショックで…(死亡フラグ立ってたのに気付かなかった自分を殴りたい)

ストーリーを進める気になれません…(そしてずっと放置していたヨッチ族を進めたり、高台巡りをしている件w)


続き(その10)をうpしました♪
こちら です

プレイ日記その1はこちらです

その1をお目通し頂ければ、以降「続きはこちら」といった感じでリンクを張ってゆきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

3DS版ドラクエ11プレイ日記 その9 カミュの過去〜聖地ラムダにて…まで メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる