メガネ男子は別腹☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年 10〜12月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録

<<   作成日時 : 2018/01/13 22:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2017年秋冬クールのアニメは豊作揃いだった上に、2クール物の2クール目も多かったので、見る本数がすこぶる多かったです。
個人的にガチで楽しみだったのは『Mマス』なんですが、蓋を開ければ『このはな奇譚』にしてやられましたw

◆月◆
UQ HOLDER! 〜魔法先生ネギま!2〜(BS)


第1話からグロ展開で面食らったものの、作画がネギまアニメ史上最も良かったので、1クールで無理矢理終わらせるには勿体なさすぎた。

本編終了翌週にオーディオコメンタリーがあったのだが、まさかの赤松健(原作者)本人でマジで驚いた!!!!!

しかも喋りが中々上手く、原作者としてだけではなく萌え豚視点で、愛とアニメスタッフへのリスペクト溢れるコメントをなさるので、前クールで非常に不愉快だった『青山くん』のオーディオコメンタリーを垂れ流した制作者は1000回見ればよいと思うw(青山くんの円盤が碌に売れなかったのも、むべなるかなと思ったものだ)


◆火◆
ブラッククローバー 1クール目・続


原作でキャラがめちゃ増えた頃辺りに、キャラの見分けが付かなくて割とすぐにリタイアしてしまったので、アニメで後追いできて嬉しい限り。

序盤から割と引き延ばしているというか、前週のおさらいの尺が長くてのんびりしたシリーズ構成に見受けられるのだが、長く続けてくれるのだろうか?

黒の暴牛のメンバーがキャラ立ってていいねぇ。


妹さえいればいい。(BS)

第1話の冒頭が涼宮ハルヒの第1話以上にトンデモ展開で(全裸の妹がべろちゅーで兄を起こしてきて、兄が妹のパンツを食うとかいう、ひたすら気持ち悪い展開だったw 主人公が書いてるラノベの没稿というオチだったのが幸いw)、私も危うく開始数分で脱落しかけた。

が、その後は終始一貫して原作者が脚本を書いているため、作品の産みの苦しみであったり、ラノベ業界の横の繋がりだったり、税金のことだったり、アニメ化についての悲喜こもごもや暗部などが、実は結構皮肉混じりに描かれているのではないかと窺えて(アニメ化のくだりは、はがないで何かあったんじゃろうか?と勘ぐりたくなる)、不覚にも面白かった。

第2期があったら見たい。


クジラの子らは砂上に歌う(BS)

初回を見た限り物凄く期待していたのですが、話自体はあまり面白くなかった…というか、一応核心に触れて物語が大きく動くであろうところで終わってしまった感が否めません。

原作の繊細なタッチを再現するために、作画崩壊を防ぐべく細心の注意を払っているように見受けられましたが、人物の作画は陰影を極力省いたベタ塗りで、背景もテクスチャを用いて省エネしているように見えたので、内容も相まって極めて淡泊に見えてしまいました(キャラや戦闘シーンなどもホント淡泊なんだよコレ)

ポニテツリ目男子・オウニだけが好きだったかな。


妖怪アパートの幽雅な日常(BS) 2クール目・終

2クール目に入り2年生になって新キャラも多数投入され、妖怪や魔術絡みのお話よりも、学校での人間関係のいざこざだったり(生徒も教師もかなり癖のある人物が…。瞳孔開きっぱなしの青木先生が絶対曲者だと思ったのに、結局何だったんだw)、バイト先での人生訓とかだったりといった方向にシフト。

基本的にちょっと説教じみた内容なのは変わらんけれど、新キャラの千秋先生が好きだったから、1クール目よりは楽しく見れたかな。

キャストがベテランでガッチガチに固められているので、アニメファンとしてはかなりおいしい作品ではあったと思う。


戦刻ナイトブラッド(BS)

今期はホンット乙女系だったり腐女子向けだったりが多くて、コレもそうだったんだけど、戦国武将の名をかたったキャラデザはいいとして(伊達軍が扱い悪かったのは置いといて)、主人公・結月の作画が妙に面長で顔のパーツが中央に寄り気味で、常にデッサン狂ったような顔で可愛くないのが残念すぎる。

主人公が画面に出てくるだけで、ナニコレ…って気分になる乙女アニメって致命的だと思うのだが。

そうそう、もし仮にゲームやるとしたら真田軍でやると思うわw(真田丸大好きだったからなぁ)


◆水◆
食戟のソーマ 餐ノ皿(第3期)(BS)


月饗祭と薊政権編で、原作でも大きなターニングポイントとなる辺りをアニメ化してました。

えりな様のキャスト変更が痛すぎる…。
ツンデレ度が足りなすぎるうう〜!

って4月から、餐ノ皿・十月列車編ってΣ( ̄口 ̄;)
第4期ではなく、分割2クール扱いとなっΣ(・ω・ノ)ノ


魔法使いの嫁(BS) 1クール目・続

第1話の冒頭からインパクト大なOP主題歌で始めた演出が、ただただ素晴らしい!の一言に尽きる!!

骨が主人公だと云うから見るのどうしようかな〜と正直かなり迷ってたのに、このOPを見たら是が非でも見なければならぬ!と思わされるだけの吸引力があった!

力強いボーカルのOP主題歌のみならず、劇伴も素晴らしく印象的な曲が多いため、久方振りにアニメのサントラが欲しくなった。
というか正月頃のバラエティで嫁の曲流れてて、センス良いなぁ…と思ったものである。

音楽ばかり絶賛しているが、1クール目で既に印象的なシーンが幾つもあって(水晶でパンジーを作るシーンや、女性を浄化するシーンや、ルツとの契約のシーンや(ここが一番好きかも。ルツ可愛いよルツ)、お花をお裾分けするシーンや、鳥になってエリアスの元へ還るシーンや…)、とにかく丁寧で(話は結構ダークなんだけども)綺麗なアニメ。

主人公(エリアスとチセ)が2人とも出自が複雑で、感情表現や人との距離の詰め方などが苦手なタイプ同士なので、まぁ見ていてちとばかしもどかしいところもあるんだけど、それも含めて暖かく見守ってゆくのが今後も楽しみ。

今ふと思ったのだけど、骨主人公アニメにGOサイン出るようになったのって、オーバーロードが当たったからなのかも…なんてw


TSUKIPRO THE ANIMATION(BS)

ツキアニが糞だったんだけど、プロアニも結構な糞だった。
3Dアニメ部分はツキアニよりかは多少マシなんだけど、日常パートの作画が結構残念で、話もクッソつまらんかった。

つーかソリッズ以外のユニットが全部ビミョーなんですケド…(特に双子の居るユニットが華がなさ過ぎるのと、高校生バンドっぽいユニットのお調子者キャラの棒演技が許せん。黙ってろ)

ぇ!? コレ第2期やんの?ツキアニを別会社で作り直してくれよ(´;ω;`)ブワッ

にしても男性アイドルユニット物などが多い所為か、梅原がっつり出るようになったね。
歌唱力がそこそこあるイケボは強いな。


◆木◆
このはな綺譚(BS)


今期のダークホースどころか、蓋を開ければイチオシになっていた涙腺決壊アニメ。

第1話を見た時点では、きらら系百合アニメか…(違ったけど)うん、まぁ流し見しよう程度だったのに、2話目から毎回妙に泣けるんじゃががが!!

特におばあちゃんの話と盲導犬の話が反則級に泣けて(盲導犬の話は伏線の張り方も見事だった)、どうして1話で録画消しちゃったんだろうと自分をマジで殴りたい。

主人公の柚(ゆず)がとにかく良い子で、サラッと涙腺を緩ませることを言うんだコレが。
1週間の癒しタイムでした(BSでは木曜深夜にやっていたので、金曜の疲れ切った夜とかに見るとマジでヤバイ)

そうそう、3話ごとに春夏秋冬でED曲とイラストが変わって、秋の時が一番好きだったなぁ。


十二大戦(BS)

キャラデザとか色彩の暗さとかグロ展開とか全て苦手系だから、第1話見たら切ろうと思ってたのに、西尾維新マジックにしてやられて結構毎週楽しみに見てしまった上に、ジャンプ+で連載中のマンガも毎週欠かさず読んでしまっている件。

十二支を模したキャラたちが殺し合いする話で、まぁ逸話通り鼠が生き残る訳で。

勝者は何でも1つだけ願い事を叶えてもらえるのだが、ひたすらうだうだ考える辺りがホント西尾維新っぽかったなぁ…と(めだかボックスとかでもこういったくだりがあったハズ)


Code:Realize 〜創世の姫君〜(BS)

オトメイト系のアニメはつくづく自分に合わんということがよう分かったw
早々に切るべきでした。

キャラデザ凝ってはいるけど、ルパン以外あまり好きじゃなかったもので(サンジェルマンが常に開眼してたら好みだったんだけども)


◆金◆
ドリフェス!R(第2期)(BS)


なななんとっ!棒読みアイドルユニット物・ドリフェスが第2期なんである。
こんなんよりも第2期作って欲しいアニメ、他にもいっぱいあるんですケド…。

第1期はキャラが皆棒読みな以外は、話が不覚にもそこそこ面白かったので第2期も見たんだが、第2期は主に黒船キャラの掘り下げと、三貴子解散でどうなる!?といった展開で全体的に薄味だったし、ドリフェスでディアドリーム(主人公所属ユニット)がトリをやることになったのだが、直前になって主人公負傷という展開がありきたりすぎて、残念な第2期になってしまったなぁ…と。

印象派(だっけ?)とか第3勢力のキャラもっと前に出しても良かったんじゃ内科医?


キノの旅-the Beautiful World- the Animated Series(BS)

昔のアニメとキャラデザが違いすぎて驚いたんだが、原作イラストも昔と絵柄がかなり変わっていますな。

殺伐とした内容を淡々と描くの、ラルケはホント上手いよなぁ…。
シズさんが出てる回全部好きだったよ。あと石田彰が出てた回も好きだった。

ところで、アニメのEDで原作者が“あとがき”を寄せるの初めて見た希ガス。


僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件(BS)

主人公の声を悠木碧がやってるとは思わなかった!(亡くなった松来未祐さんのトーンに似ててビックリした)
声のトーンの幅どんだけあるんだよこの子!

内容自体は緩い下ネタをちょいちょい入れてくる程度で、どうということはなかった(妹さえいればいいの冒頭の方がよっぽどおげれつw)


◆土◆
3月のライオン(第2期)

第2期に入って棋士の世界をがっつり深掘りかと思いきや、川本三姉妹の次女・ひなたのいじめ問題に多くの時間が割かれており、見るのが非常に辛い内容だった(担任教師のクソっぷりに心底ムカついた。担任に言ってもダメなら学年主任や教頭や校長とか教育委員会に訴えればいいんですけどねぇ…)

晴れて新人王のタイトルを獲った零ですけど、宗谷名人とのエキシビションマッチ(違)はいつですかね…。


アイドルマスター SideM(BS)

今期の大本命でした!
CMで流れる度にSideMの方をアニメ化してくれればいいのに…と思ってたら、こんな日が来るなんて長生きはするものだなw

ジュピターのプロローグから始まって、第1話でドラマチックスターズ結成、第2話で『W』以外の全ユニットお披露目とサクサク話が進み、3話目以降は各ユニット毎に掘り下げ、1周したところで夏合宿。ぬかりないな。

高校生バンド・ハイジョーカーが大人気なので、ハイジョ回がまるまる2話分あったのが嬉しかったなぁw

終盤、薫せんせぇが性格悪いのが際立っちゃう展開だったんだけど、鬱展開を担えそうなの薫せんせぇしか居ないしなぁw

最終回は色々拍子抜けだったんですケド…。

薫せんせぇがデレたのはいいんだけど、各ユニットのライブシーンの演出といい、全員のSP曲でOPの使い回し映像といい、萎え要素満載でした。

ツキアニやプロアニは作画も話も糞だったけど、最終回のライブシーンが途中でCM入れずにAパート・Bパートぶっ通しだったりで、終わりよければすべてよし!を体現している腐女子向けアニメだっただけに、演出力の差が気になってしまいました。

最終的にはピエールにめっちゃ癒されてました。
ピエールかわいいよピエール(>ω<)やふー!←わふー!だと思ってたw


Fate/Apocrypha(BS) 2クール目・終

第21話まではまぁ順調に見続けて来れたのに、第22話の作画崩壊が酷すぎて、サーッと引いてしまいました。
折角カルナ戦闘回だったのに、これだからA-1は(#^ω^)ビキビキ

とにかくキャラが多すぎて、えらいとっちらかった話だったなぁ…と。
1話の録画見直すと、教会側(?)のおっさん達皆死んでてワロタw

キャラデザ的にはセミラミスが好きでした。アバターで再現したかったくらいに(頓挫したけどw)
というか赤陣営の方が好きだったかも。

なので天草四郎とセミラミスの最期のシーンが、幻想水滸伝3のルックとセラのいまわの際と構図的にもダブって見えて萌えでしたわ。


結城友奈は勇者である2(BS)

第1話〜第6話は東郷美森が鷲尾須美としてバリバリ勇者として戦っていた頃のお話で、前作散華して体の殆どの機能を失ってしまっていた乃木園子も健在(園子の手記が毎回冒頭に流れるので、割と園子視点かも)

第7話〜第12話は前作の続編なんだけど、最終回で大赦の人々が麦になったり、友奈の式神の牛の正体がなんだか分からずじまいだったりで、解説してるブログ読まないとサパーリオチが分からんかった。


将国のアルタイル(BS) 2クール目・終

トルキエ将国の内乱を沈静化させ、同盟国を求める辺りからが2クール目の開始なんだが、内乱のくだりが一番面白くて見応えがあったので、そっから先の展開の余りの早さと雑さに( ゚д゚)ポカーンでございました。

キャラバンを仕切るお嬢ちゃんとか、雪国の姫とか一体何だったんだ…(これからの布石と思いたい←第2期なんかねーよ多分)


ブレンド・S(BS)

第1話を見た限り、このはな奇譚よりもこっちのが好みだったんだけど、回を重ねる毎に逆転してしまいましたわ。

多分追加メンバーがあまり好みじゃなかったからかもしれん(特に犬が邪魔で仕方ない。男の娘もあんま好きくない)

主人公の苺香(まいか)と店長の遣り取りよりも、夏帆と秋月の方が気になるので、もし第2期やるならそっちの方をがっつり( ゚д゚)ノ ヨロw


◆日◆
カードファイト!!ヴァンガードG Z(第5期)1クール目・続


NEXTからの完全な続編で、ヴァンガードの暗黒神・ギーゼの器を求めて、ディフライダー(ヴァンガードが憑依した人間たちのこと)たちが地球に侵略してくるお話。

クロノ主人公編はこれが集大成って感じで進めてるっぽいな。


コードギアス 反逆のルルーシュ(BS・再)

10年くらい前のアニメだから、あんなにハマっていたのに殆ど忘れている件(特にマオがウザいことこの上なかった。ウザクなんか比にならないくらい苦手w)

今改めて見るとシーツーが可愛すぎる。シーツーかわいいよシーツー。


干物妹!うまるちゃんR(第2期)(BS)

低予算臭ハンパないうまるアニメも第2期が作られてしまうなんて、ハイスペックメガネ男子なお兄ちゃんスキーなのでなんという俺得な訳ですが、2話目だか3話目だかのギャルゲー話でトレース疑惑どころか完コピをやらかしてしまった模様(´〜`;)

新キャラのヒカリ(お兄ちゃんの会社の上司・叶の妹)投入の割に、なんだかパッとしなかった2期だったなぁ。
一応海老名ちゃんの料理人になったお兄ちゃんのフラグ回収とかはしてたけども。

私的には原作でお兄ちゃんは叶とくっついてもらって、ヒカリが義妹になる展開希望なんだけど、少数派なんだろうな…。


ボールルームへようこそ(BS) 2クール目・終

主人公・多々良は晴れて高校生となり、正式なパートナー・千夏が見つかり、いよいよガチ度が上がってきました!

パートナーの千夏が強気でしかもリーダー(男役)としてのダンス経験者なもんだから、初心者に毛が生えた程度の多々良のたどたどしいリードでは、パートナーとして不慣れな千夏は中々息が合わせられず悪戦苦闘の日々。

そこへマリサ先生(ライバルキャラ・清春のかーちゃんだったりする)が、今度の大会で優勝しないと上のランクの試合に出さないと、あまりにも高いハードルを掲げられてしまい絶体絶命!

ダンスの試合って、1会場で1次予選、2次予選、準決勝、決勝と何回も踊らなければならん、体力的にかなりハードなものなんだけど、その試合会場で紆余曲折有りながらも進化してゆく課程が非常に見応えのある2クール目でした。

ところで、主人公の多々良の声が土屋太鳳の弟だと、ラス前くらいのタイミングで知ってめちゃビックリしましたw
うむ、あまり上手くはなかったけど、初々しくて良しw


◆年末年始◆
Re:ゼロから始める異世界生活


フラグ回収がベリーハードなノベルゲーやってるみたいな印象が強かった。

ぼんやりプレイしてたら、味方キャラでも容赦なく主人公殺しに掛かってくるし、慎重にプレイしたとしても、とんでもない所でバッドエンドになりよるw

中盤どえらい鬱展開だったんだけど、終盤の白鯨攻略戦からめちゃ面白くなって、ヴィルヘルムじいちゃんに惚れましたw

影薄ヒロイン・エミリアよりも、鬼っ子メイドのレムりんの方がヒロイン度高いってどゆこと?
猫型精霊パックがラスボスに見えたんだけど、そこんとこぶっちゃけどうなん?

ネットでやたら槍玉に挙げられていて、どんだけクソ主人公なんだよと思って見たけど、顔芸がやりすぎでウザいくらいで、話は伏線回収がしきれていないなりに結構面白かったから、是非とも2クール物で第2期を見たい。

特に第1クールのED曲が好き。
ミスアンドロイドというアーティストだそうで。心に留めておこうと思う。

このみんのOPも好きだったんだけど、本編の尺を1秒でも長くしようと、OPまるまるカットでEDもBGM状態で、OP曲が流れる回数が少なかったのがちょい残念。

でも1話1話の内容がえらい濃かったと思う(最終回、CMカットしても本編が27分以上あってビックリしたw)


リタイアメモ

1話リタイア
おそ松さん(第2期) ←ノリが苦手
少女終末紀行 ←のっぺりしたキャラデザと戦車とか出てくるのが苦手 
宝石の国 ←3Dアニメと仏教色強いのが苦手

2話リタイア
Dies irae(ディエス・イレ) ←正確には0話、1話を見て、話が全く理解できずリタイア
DYNAMIC CHORD ←前クールのスマホ太郎と比肩の、クソアニメマイスターにはタマランアニメだったらしいw
王様ゲームThe Animation ←ググったけど王様の正体がウイルスとかイミフだった…


併せてお読み頂ければと

2017年10月開始新アニメの一言感想文 前編  後編


ご清聴ありがとうございましたm(_ _)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

ブログ内検索

リボーンアイコンについて(欲しい人必読!)

アイコンのダウンロード先の案内はコチラ←クリック
絶対にこのブログから勝手に持って行かないで!!というか、どのサイトでも画像の直リンはイカン。

2017年 10〜12月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録 メガネ男子は別腹☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる