リボーン標的140感想&見たい映画がブッキングして困る…

10年後の相変わらずザックリした山本が現れて(山本大好きだ!)、ツナたちをアジトに連れてってくれます。

リングの他に箱(漢字が出ません)が重要アイテムらしい。
リング無しで水の力を云々言う姐さん。
山本は水の力を完璧に使いこなしているかのようです。
が、これって、水のリングが手元にないって事?うそーん!?

一瞬にしてアジト到着。
いかにもハイテクそうなアジトはツナが作ったそうです。
やるじゃん、ツナ、いや十代目!

アジトには特殊なバリアーが張られていて、気分が悪くなるミルチ姐さん。
アルコバレーノ達に一体何が?

部屋に入るやリボーンが跳び蹴り!←ハイ、闇文字!反転フォー!(絶滅危惧語)
生きてたの!?…いや、死んでたらこのマンガ終わるから…。

【10年バズーカ】の筈なのに、9年と10ヶ月後の世界にやってきたと言うリボーンリボーンもどうしてそんな事になったか解らんと言うが、2ヶ月の誤差が10年後の未来を左右するデカいバトルの…(皆まで言うんじゃないよ!)

現状を説明してくれるリボーン。←闇文字しつこくてすまんね。
『地上』と呼ばれた所にはかつてと変わらぬ並盛中が!
そっか、このジャングルは地底世界か。う~ん、ドラえもんちっく(こらこら)

白蘭のファミリーはボンゴレ殲滅を図っており、手当たり次第に殺っているようです。
交渉人も瞬殺だそうで。

ツナが棺桶に入る未来にしてしまったことにキレたごっくんは山本に殴りかかります。
けれどその場には10年後の獄寺も居た訳で…。

自分の無力さにうなだれるごっくんにリボーンは告げた。

まだ希望は無くなったわけじゃない。
この時代の守護者は、誰一人として欠けていないことを!

ちょちょちょ…ちょっと、ちょっとちょっと!…て事は、10年後の…!
くっはー!萌える展開キター―(゜∀゜)―!!!!!

何て一週間って長いんざましょ!刮目して次回を待つ事にします!


今日、『あらしのよるに』 と 『男たちの大和』がブッキングしてるんだよな~。
どっちか録ればいいからそれは置いといて、

知事選があるから、ウザい選挙速報が流れるんだよな~。
DVDに保存版として録るのはオススメできないんじゃないかと…。トホホ。

速報ウザすぎ!

この記事へのトラックバック