おお振りコミックス一気読み~書きそびれてきたマンガの話

アニメで一気にやられ、ライアーゲームの次にコミックス一気読みしてしまいましたよ!
『おおきく振りかぶって』!!!!!
コレがどおして腐女子に人気があるのか、そして深夜枠なのかが判りました(笑)

2話目で「オ○ニーし忘れた」「チ○コ破裂しそう」だもんな(爆笑)
別に伏字にする必要もないけど、こうしとかないとヘンなスパムTB一杯貼られまくっちゃうんでね

そしてさりげな~くBL風味な会話やシチュがあったりと。
コリャネタの宝庫だ。
でも決してそれがあざとくなくて、寧ろ友情・青春モノとして昇華されているんじゃないかと。

私が一番ハマったのは、配球や試合の駆け引きだったりするのですが、
「バカには野球は出来ない」と銘打っているだけあって非常に論理的と云いますか、展開がとても緩やかな焦らしプレイなのに(笑/1年以上前に掲載された話がコミックスになっていないのですから!)決してイライラしないんです。コレって何気に凄い事だと思います!

野球部の面々の試合だけにスポットが当てられているわけではなく、練習風景や応援団や父兄のやりとり、試合中にグラウンド整備が入る所まで、細やかな取材が行き届いている感じです。

明らかに他とは一線を画した野球マンガです。

キャラは断然阿部が好きですね。
一見俺様キャラに見えて(それは榛名の方だった…/笑)
結構色々抱えている子なので。

アニメでは阿部しか目に入りません(え~?)
でも榛名の声が松風なんで、聴いたらよろめくかもしれません(笑)

三橋は私とプロフィールがほぼ同じで、度の過ぎたネガティヴ具合にイラっと来るんですよ。同族嫌悪、いや近親憎悪って奴ですね。


え~、他に注目してたのは、マガジンの『妖怪のお医者さん/作:佐藤友紀』という、ホロリとさせられる(絵も可愛い)作品なんですが。

長期連載に持って行こうかの過渡期の段階で、如何にも腐女子ターゲットな美形男子転校生が登場し、折角今までいい感じで来てたのに「うわぁ、やっちゃったか…」って感じですね…。

この作者、可愛い系のキャラは丁寧に描けてて好感度高いんだけど、氷の美貌系の男子がお世辞にも巧くないんだわ…(私はこの手のキャラがストライクど真ン中なので、つい厳しくなってしまうのだ)

期待してたのに、掲載位置がじりじりと下がってきて、ちょいヤバめっす。


そういえば、GW前位の号で『さよなら絶望先生』のアニメ化決定だそうで!
書こう書こうとしてたのに、ついドラマの感想にかまけ…。

…でもコレ、首を吊るのが趣味(?)の先生ですが、大丈夫か?
しかも扱ってるネタがヲタ時事問題ですが、大丈夫か?

一番は、北海道では流れそうにないって事ですが、大丈夫か?
(NHKにようこそ!も見たかったんじゃがのう…)


…ご静聴ありがとうございました。
書きそびれてたので、スッキリしました。

この記事へのトラックバック