ライアーゲーム第7話感想・秋山はナオの○○!?

少数決ゲームではアホ丸出しだったフクナガも敗者復活戦では持ち直し、策士っぷりというかイカサマギャンブラーっぷりを如何なく発揮。
逆襲そして追撃は更に続きます。

怒った顔が超セクスィ~!
散々煽った揚句、フクナガはあるゲームを提案。

カードゲームで
ナオ勝利→フクナガが既に獲得した30票をナオに譲る。
フクナガ勝利→ナオがMチケットで3000万支払い。

しかしそのゲームは仕組まれた物だった。

『確率50%』だよとゴリ押しするフクナガ。
けど『オモテのカードが出たら袋に戻す』

オイオイちょっと待て!それなら50%にならんやんけ!

ナオのカード→オモテ:ウラ
フクナガのカード→ウラ:ウラ。
オモテが出たら袋に戻すって時点でもう怪しい。
引いたカードが予めウラ(で勝負できる時)のオモテが出る確率は1/3じゃねーか!

フクナガのウソツキー!

最初にカードを選ぶ時、光と闇とどっち好き?って訊かれたら、ナオなら光と言うだろう。
(管理人は闇と言いますが、フクナガは闇と答えた場合、ジョーカーを勝負のカードとして使うことで予防線を張っていた)

まぁ当然ながらナオ、ボロ負け。

騙されやすいだけじゃなく、運もないんだね~!
フクナガの高笑いが響く。


無情にも時間と投票は止まらない。

ナオ、暗がりでめそめそと諦めモードに入ったところで…
秋山キター―(゜∀゜)―!!!!!!!!!!
後光が差していますぞ!



時を同じくして金歯とエリーが何やらコアな密談を。
神崎直は秋山深一をあぶり出すための撒き餌だった。そして直はもう用済みとなった筈。
だがエリーは独断でナオ(と秋山?)を呼んだ。

「全ては“あのお方”の為よ」
あのお方って誰!!!??
敗者復活戦の後のストーリーが全く読めんのですけど!



また負けて泣いてるのか。やられたらやり返せ!
ハムラビ法典よろしく、秋山は先ほど述べた確率のカラクリを踏まえながらナオにイカサマを伝授。

リターンマッチです。
当然訝るフクナガだが“確率50%”を盾に、そして条件をフクナガ寄りにして再戦!

5対9…。
またもフクナガの勝利なのか…、と思いきや、連続してジョーカーを引き当てるナオ。
みるみるフクナガの顔色が変わってゆくが、ここは頑として50%の確率で反論の余地を与えません。

そして、勝利!

イカサマだ!怒り狂うフクナガ。
Mチケットを破り捨てようとしたところ、すかさずエリーが仲裁。
「不履行で1億円のペナルティになります。」
それを言われると、もう黙るしかない。

そしてナオに耳打ちするエリー。
「上手く誤魔化せましたね」
…エリー、凄!!



次の投票。「票の移動があります」
ざわめくメンバー。
フクナガ→ナオ・10票。

フクナガが裏切った!?
疑心暗鬼にかられる他メンバー。

“突破口”はここにあったんですね!

8回目の投票までナオのダントツ最下位は変わらず。

9回目の投票を前に、遂にナオが動く!


他メンバーの一人に近づき…、

全国でライアーゲームの敗者復活戦が行われていて、
ここでたとえ最下位だったとしても、3回戦を辞退した人が居て1枠余ってるんです。
20票あれば私も3回戦に進めます。
フクナガさんは次はもっと卑劣な手を使ってくるかもしれない。横行を許していいんですか?
3回戦ではあなたに全面的に協力します。一緒にフクナガさんをやっつけましょう!
あなたの力が必要なんです!
7000万であなたの10票を売ってください!


Mチケットで為された契約内容は…
このことは誰にも口外しない。
7000万は票がきちんと移った後に(=10回目の投票が行われるまでに)支払う。


上手いことやったね~、ナオたん。
誰にも気付かれずに、これを7回もボロが出ないように演じきったのですから!
1時間で7人泣き落とすのは時間的に無理があるかもしれんけど…まぁそこは穏便に(笑)

誰にも口外しないと云う契約が上手いこと功を奏しています。
ここら辺も秋山の悪魔的な作戦勝ちですな。


運命の9回目の投票!

票の移動があります。
誰しもが自分が譲った10票のことを考えています。
しかし!

1位:カンザキ ナオ 80票
      ↓
9位:フクナガ ユウジ


震撼する会場。
なんだこりゃあぁーッ!
騙してやがったのか!


フクナガだけじゃなく思い思いに皆が取り乱してる!もう大笑いするしかねぇ罠。


そこへ颯爽と現れる秋山。
騙して何が悪い。これはライアーゲーム。嘘吐きのゲームだろ?
独特の持って回ったような言い回しがクセになるわー!

そいつは部外者じゃねーか!
すかさず反論する他メンバー。
そこへ!

秋山様は神崎様の私物と判断しております。
ルール上問題はございません。by.エリー


私物ですとォー!!!??
サラリと凄いこと言ってのけるエリー、GJ!!!!!


そして秋山は悪魔の笑みで、
30票を高い値を付けた奴から順に売ると言うじゃないですか!

状況はこの瞬間、劇的に変わったんだ。
今このゲームを支配しているのは神崎直。
お前らを生かすも殺すも彼女次第だ!


そうです。
これでナオが10回目の投票までに支払わなきゃいけない7000万×7を一気に回収できるよう、ぼったくってゆくんですねぇ(ニヤリ)

秋山が宣言したこの瞬間のナオの表情が、今までとはちょっと違って見えました。
何かを吹っ切ってしまったのかもしれません。


次回、ナオがライアーゲームの核心に迫る!?



それにしても今回はエリーの存在感が凄かったですね!
初めて見た時は石田ゆり子の妹かと(笑)ひかりよりも姉妹っぽいと思います(笑)

ずーっと気になってたんだけど、番宣用のポスターで秋山が銀髪だったのを見て(コミック版は金髪)ウェ~となったものだが、一向に銀髪になる気配がないんですよ(笑)
私は茶髪のまま進んでくれて良かったと思っています。

曲が結構クセになるので、サントラプレゼントは勿論応募ですよ!

この記事へのトラックバック