アニメ版のだめカンタービレ 第15話+らき☆すたの見れなかった回の後半 感想

エルガーのヴァイオリンソナタから始まり、のだめの危機で終わる15話です(時差有)

先週何か物足りないなぁと思ったのは、演奏シーンが無かったからなのねん!

てなわけで、このエルガーは鮮烈でした!

威風堂々や愛の挨拶は耳タコですが、のだめのぶっ飛んだピアノ含め、これはいい!尺を長めにとってくれたのもインパクト十分!

サントラに是非入れていただきたいところです!

三善家と別れ際の千秋の一言、「オレならお前に子供は預けない。」
…全くです。先週私が言いたかったのはまさにそれ。


後半はR☆Sオケ始動!~あなたの峰より~そうだ、峰Aオケ入ったんだっけ(笑)

遂に菊地と黒きんの声・初登場です~!黒きんラヴ~!

ついでにハリセン久々に見たけど、中井和哉だったんだねぇ。忘れてた。

そしてもじゃもじゃ組曲で・す・YO!
曲の入りや和音の使い方がドビュッシーっぽい(気のせいだ)

しばくハリセンに対し逆ギレるのだめ。
「お前言うな!」…全くですよねぇ。
初対面なのに『お前』言う男なんか許せません!

でもってラストはR☆Sオケ(になる前の)飲み会です。
キヨラと峰はマーラーで意気投合。けどソリストの件で即ケンカ(笑)

結局新オケのこけら落としは『オーボエ協奏曲』に!
次週ピンクなモーツァルトですね~!


らき☆すたの追記。

ボクシングで延長され途中でぶち切れたので、動画探して見ました。
見なくても死なない内容でしたけど、見れてスッキリしました。

一昔前なら諦めるしかなかったから、いい時代になったものですね。

この記事へのトラックバック