生徒諸君!最終回+エリートヤンキー三郎 感想

生徒諸君!最終回。ナッキーと珠里亜の運命やいかに!?

生徒達はナッキーがいい先生だと云うのを教育委員会にアピールするために、学生の本分・試験勉強を一生懸命取り組みました。

結果、カオルちゃんはテストの結果が2ケタに(笑/どんだけ~!)

ナッキーの進退についての結論が下されますが、まじめと鉄仮面がナッキーを庇い、生徒達の嘆願書も集められ、教員免許の剥奪はされませんでした。

鉄仮面の科白がカッコ良かったよ~!

教師を辞めることは許しません。
北城先生は本物の教師だからです。


極めつけは「私の決定が教育委員会の決定です。」って!!
「おまえのモノはおれのモノ!」みたいなジャイアニズムを感じます(笑)←台無し!

そして一番の泣き所は、やはり珠里亜と母の絆が取り戻されるあのシーンです。
ウルウルです!(半泣き)

けれど鬼伯母の語ることが、いくら我が子可愛さとはいえ、
「訴えは取り下げません。珠里亜にも謝りません」って、テメェはこの期に及んでーッ(怒怒怒!!!)

この鬼伯母が改心(する訳ねェか…)したら、最高だったんですがねぇ。
こんなババァに母の入院費を働いて返すなんて言わんでいいよ珠里亜たん…(コラ!)

結局ナッキーは2年3組の担任を退かねばならなくなりました。

別れのドッジボール。
第1話を彷彿させる、ナッキーを取り囲む陣形です。

生徒一人一人が涙ながらにナッキーに言葉を掛けていきます。
この辺りは金八先生と全く逆のパターンですね。

生徒達がナッキーを卒業する。
上手く締めくくっていると思います。

そしてナッキーの新たな赴任先は…。
いかにもステレオタイプな荒れた学校ですが、ナッキーならどんな所でも逞しくやってくれるでしょう!

…数字が良ければスペシャルとかもあったかもしれんのにねぇ…。惜しい。

このドラマ、感想書いてる方が少ないのですが、私は普通に学園モノは好きなので(それこそ、1話の途中でリタイアした『ガチバカ!』以外は結構見ているような気が)毎週ハラハラしながら見ていました。

文章では伝えきれませんでしたが、セクロボのガッカリ感と比べれば、遙かにまとまっていたラストだと思っています。


エリートヤンキー三郎・ラス前。

三郎の家が破産し、一家離散(麒麟の田村かYO!)
三郎は河合(インパの板倉)のボロ屋に転がり込むが…。

三郎~!友達(?)選べよ!

河合じゃなくて、石井(橋本じゅん)や軍団員(クラスメイト)の家があるだろ!と突っ込んだのは私だけではあるまい。

河合にシンデレラ以上にこき使われ、頼みの綱のもらし(笑)も不発で、春奈ちゃんにも嫌われ…。

三郎があまりにもカワイソスー!

次回、最終回。拡大版だそうです。
私以外に見てる人、意外と居るのかも…?

そして今夜、いよいよライアーゲームの最終回3時間SPがありますね!
今からワクテカです!

この記事へのトラックバック