ドラクエソードプレイ日記その3 4日でクリアーって一体…

何だかんだ云って最終章(早っ!)

ラストダンジョンの敵強すぎ(わしが下手杉)
スターキメラとか、とっとと逃げんかいワレ!(打ち返し超苦手)

分岐があって右に行ったらいきなりベリアルだし、イオナズンで5連続攻撃だし。
もうどんだけ~!?こんなの勝てっこないよ…。

破邪の剣が弱くて使い物にならないので光の剣にしたのですが、更に強化しようとすると天空の剣になるみたい!作りてぇ~!素材全然足らんけど(爆)

これほどまでに改造データが欲しいと思ったゲーム、他にないかも(吐血)


めげずに宝箱を取ったら引き返すプレイをしつつ、気がつけば最深部。

ギガンテスをモチーフにした巨像は打ち返しじゃないと倒せんもんだから、これまた必殺技頼み。

んでもってラスボスです。声はやっぱり例のあの人でした。
私が勘違いしていた、セティアの兄ちゃんの声は藤原啓治さんでした。

魔法の聖水全部使うわ、世界樹の葉も1枚使うわの総力戦…。
もうダメだと思って撃った必殺剣で何とか倒しED。
必殺剣様々です。第1形態で3回、最終形態で5回位撃ったんじゃないかな。

こーゆー時に限ってDQスキーなウチの親父は、ちゃっかり居座って一部始終見て行きました。
初日にOPも見せろと言ったから見せてあげたので、いいとこ取りです。
必殺剣撃つときのアクションと言ったら、いい年した大人が何やってんだってな光景ですな(爆)


さて総評ですが、アクションが得意な人なら簡単すぎるんじゃないかと思います。
こういうのが破滅的に苦手な私でさえクリアーできたのですから。
その辺の匙加減は流石ホリーさんと言ったところです。

掛かる時間は10時間程度。
それこそWiiリモコンに慣れている人なら、1日でクリアーできそうです。

お話もDQ1位のボリュームなので、DQのコアなファンでなければ、定価で買うより中古で安くなるのを待った方が賢明かも知れません。

初めて音楽がすぎやんじゃなくなって初めは凄く不安でしたが、なかなか馴染んでいたと思います。
鏡の塔の曲が幻想的で凄く好き。

声は…正直微妙(爆)
王子はもっと王子声じゃないと。宮野真守とか。(ハァ?)

まぁ殆どセティアしか連れてないんだけどさ。
そうそう、セティアは自分で付けた名前で呼んでくれないので気をつけてください。

デフォの(?)“エッジ”と付けた方が感情移入しやすいかも。
でもこの名前、FF4の役立たず王子を思い出して好かん(爆)
どうせなら“トンヌラ”も入れてよ、セティアたん(笑)

寧ろ敵キャラの方が味があるんじゃないかと(笑)
倒した後もう一度行ってみると、セリフ変わってるし。

とまぁこんな感じです。
クリアー後のオマケが勿論あるので、ちまちま続きをやろうかと思います。

この記事へのトラックバック