映画版 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(ネタバレ無し) 感想

ハリポタ映画第5作目を、先日木曜日のレディースデーに観に行きました(2007年7月28日の記事をageました)
世のガキどもが夏休みということを失念しており、かなり早めに行ったのにアホみたいに混んでました。

しかも猫も杓子もDSで暇潰し。(殆どのガキがポケモンをやっていた。ダークライが配信されるんか?)
ニンテンドーもホンマいいもん開発してくれた罠。

すっかり半萎えの状態で予告が15分位有り、苛々も最高潮(爆)

ところが!デスノート・Lのスピンオフの予告が入るや、
スーパーハイテンション!!!!!

早く観たい~~~!!!!!Lたん~~~!!!!!ハァハァ…。


えー前置きがすっかり長くなりましたが、ハリーもロンもハーマイオニーも他のみんなもすっかり大人になってしまって…。
早く7まで撮らなきゃヤバイですぞ!

特にコリャヤバイと思ったのは、ハリーよりハー子のが背が高く見えるシーンが多い事。
双子は特にデカく、ハリーの横に並ぶと頭1個分以上身長差があるんです!
ロンは思ったほど大きくないけど、ネビルとかもデカくなったわ~。

そうそう、ダドリーも横より縦にでっかくなってそれ程デブキャラに見えず、一瞬誰か解りませんでした(笑)


本編の内容は原作読んでないとサパーリ解らんのではと思いました。
全体的に物凄く駆け足で、ラストの例のあの人とダンブルドアのバトル以外、ものっそい薄い感じ。

スネちゃまの可哀想な過去と、或るキャラの死もあっさりで。(原作読んだ時は前者は萌え死に、後者はホンママジに寝込む位ショックでした…)


ハリーとチョウのキスシーンなんか、ハナからどうでもいいからなぁ…。
(管理人は原作でもチョウが嫌いなんだわ)

実は私、不思議ちゃん・ルーナが結構好きで、5巻読んだ時点でハリーとルーナがくっつけばいいのにと思っていた時もあったのですが、(6巻でハリーは或るキャラと完璧にフラグが立つのですよ。色々考えるとハリーの幸せのためには、ルーナよりも全然ベストだと思う)映画観てるとネビルとくっつきそうな気もします(笑)

字幕で観ましたが、ルーナの声がめさめさ可愛かったです。
吹替で誰がやっているのかもちょっと気になってきました。

アンブリッジはあんまりムカつかなかったかな(笑)
5巻の上巻はページを繰る手が何度も止まる位、この女教師にムカついたものだが(笑)


今回は一際ダークです。
クィディッチのシーンも、まったり寮生活を楽しむシーンもなく、どんどん終末に向かっていく感じで、子供向けではないかも知れません。(特に字幕は漢字や表現が結構ムズくて、コレ子供読めるんかいな?とマジ思った)

例のあの人は相変わらずキモいので、お子様連れの方は気をつけて下さい。

5段階評価で3~4位かな。
3(アズカバンの囚人)よりは全然面白く、4(炎のゴブレット)より暗くてキビシい感じです。

この記事へのトラックバック

  • ハリポタ不死鳥の騎士団&銀魂&疾風伝

    Excerpt: 銀魂は団子大食いで神楽の食い方は凄かったし色々と笑う所も多かったし 疾風伝はテマリ達が向いヒルコが若く三代目の風影を傀儡にした ハリポタ騎士団は先週の土曜に観賞し朝9時で客は約40人ぐらいで .. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2009-07-18 12:03