リボーン標的155『帰還』+今週のWJ感想

なーんか久し振りですねぇ、リボ記事書くの(ゲームとお絵描きにかまけすぎだってばよ!)
ヒバリさんの10年後のスーツ姿が余りにも素敵すぎて、私の貧困なボキャブラリィじゃ筆舌出来んのですじゃ…。
しかも気持ちばかり空回りミスタッチ連発(ダメ杉)


もう、とにもかくにもヒバリさん最強!
ハリネズミもらしいといえばらしい(笑)

そんなこんなでガンマ瞬殺です。

戦利品の雷のリングには目もくれず、生涯ヒバリさんのお供をするであろう草壁もちゃっかり出てきて、並盛の風紀云々言うてます。
変わらんねぇ、アンタ。

ズタボロのごっくんともっさんを治療しなければ!

っつーわけでヒバリさんは自分のアジトに案内してくれます。
霧のリングを使って、魔法使いのように消えてしまうヒバリさん。

ボンゴレのアジトとヒバリさんのアジトは地下で地続きになっているようです。
が、境界は不可侵条約が締結されている模様。
群れたくないヒバリさん節全開です。

リボーンが出迎えてくれ、失敗から成長するもんだと、相変わらず無敵にかっこいい科白を言ってくれます。
何だかんだ云って私はそんなリボーンが好きなんだわ。


場面は変わり、入江正一と白蘭。

計画通りに進まないねぇと茶化す白蘭に、正ちゃん逆ギレ!
な~んて軽くいなし、7の3乗ポリシーとか訳解らん単語を出して(多分リボーンや入江正一達が冒されている毒でしょうな)、正ちゃんを震え上がらせます。

白蘭…初登場から3ヶ月余りで、ものっそい美形度が上がってるんですけど!
最初に感じた市丸ギン臭いイヤなオーラが、いい方に精製されてるというか。

つーか、この10年後編になって益々絵に磨きが掛かっていて、プロってホントに凄いな。


更に場面は変わり、京子を迎えにミルチ姐さんがやってくる。

京子を送り出す黒川花。
気の利かないバカな男連中ばかりだからと、替えの下着やアホ牛のおやつまで用意してくれていました!

すっげー気が利きすぎ!大人だわ!

京子を抱きしめ、その時言った科白も感動的
でした。
黒川花、いい女だわ!惚れるわ!!


再び舞台はボンゴレのアジトへ。

ごっくんの意識回復。
もっさんも生きてると知って舌打ち。
本当は安心した癖に、ホンマツンデレだなぁごっくん。

なんて言ってたら、情報収集に出てたフウ太とビアンキ帰還。

フウ太ーッ!!!!!
この子スゲェ好み成長してるっぽいんですけどォー!!!!!
(横顔しか見えんから)
意外な伏兵キター!!!!!って感じ!!!!!

子供フウ太も声が可愛くて(ツナ兄…って上目遣いがヤバイよこの子)好きなんだ。

すっげー楽しみ!
…でも子供に戻らんでね!



今週のWJ他作品。

無人島に漂着した新八とマダオのストリップショーがヤバかった(笑)

テニスはまたもコードボール…。
涙でもう何も見えないよ…(泣)

読み切りの妖怪もんは、やっぱり妖怪のお医者さんと結界師が頭にちらつくのぅ…。
絵はジャンプの新人とは思えん程上手いけど。


この記事へのトラックバック

  • 週刊少年ジャンプ06&07号☆奢れるジャンプは久しからず

    Excerpt: 巻頭でいきなり下描きかよっ!!それも新年早々に!!!生煮えの飯を食わせる如きこの所業詐欺と言われても仕方ないぞ( ゚д゚)っ!!未完成品で定価取るか?!250円取るのか?!せめてお詫びつきで半額だろ!.. Weblog: 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ racked: 2009-01-06 04:40