ドラマ太郎・パパムスと原作山田太郎読破感想文

冷夏という噂もなんのその、北海道でも真夏日でゴザイマス。
暑いのは道民にしては強い方なんだけど、年々蓄積される体脂肪が…(爆)
室温32℃はやはりキツイ…。


自室が西向きで特に暑くて何もする気が起こらないので、原作の山田太郎ものがたりを遂に読破しました。

…ちっともハッピーエンドじゃなくてワロタ。
ドラマの『お金がない!』を思い出します。
そんなラスト(笑)

ドラマでどんな決着付けるのか俄然楽しみになってきた。

本編は13巻で終了で14巻はオマケ読み切りです。

そちらで太郎と御村の出会い編があったのですが、成程、確かにアーモンドチョコの空箱を筆入れに使っていて、御村は一発で看破。ほほう…。

後は鳥居ちゃんとセンパイの出会い編と、御村とよし子のその後の話で、みんな成長しちゃってて読み応えがありました。ハイ。

やはり台湾ドラマの忠実さに脱帽です。
大半のエピソードをやってくれてます。


ドラマは太郎の恋疑惑(笑)と、ホットケーキミクスに釣られ映画出演する話でしたねぇ。

この恋疑惑、原作ではお金のニオイのする女性(※銀行員とか)だったんですけど、生々しいから食べ物のニオイがする女性になったんですかね。

それはおいといて、最後の決めゼリフの棒読みっぷりにはワロタ。
だからってハンバーグ…(爆)

早く杉浦暴走しないかなぁ…。


パパムスは~~!

やっと桃と気付いたはいいが、ママと西野さんが入れ替わりたいと何気に呟いたのを真に受けて、そこにある桃を全部平らげてしまった小梅(inパパ)。

ガッキーお疲れ!

パパ(in小梅)の方は何とか上手くいきそうなんだけど、小梅の方は暗雲がたれ込めていますねぇ。

伝説の桃をわざわざ中島と共に採りに来た西野さん。
そこまでして入れ替わりたいんですか!?

山の中のブランコに乗る館ひろしの画に吹きまくり。
ホンマあり得ない映像ですわ。

来週最終回…。早いな~。
パパ死なないで~!


何もする気が起きなくて、メールにレスとか色々と放置プレイ中…。
…イカンイカン!

この記事へのトラックバック