アニメ・デスノート完全決着版 リライト~幻視する神 感想 

カレンダーにぐりぐり印付けて楽しみにしていた、デスノート完全決着版!
感想をば。

結論から申し上げますと、どの辺が完全決着なんでせう?
死神視点なんて吹聴していた割に、冒頭とラストシーンだけやんけ!


私は原作を全巻初版で持ってますし、映画も観に行きましたし(後編が好きすぎてDVDも買った)、深夜アニメも見ている身なので話の筋は解っているからいいものの、これがデスノデビューの人ならきっと「??」「イミフ!」なんじゃないかと…。

とにかく目まぐるしくて濃ゆいんだけど初心者には不親切な辺りが、選民思想バリバリのキラと被るような(勝手に深読み)

3時間枠の割に映画の宣伝を間に挟んだしCMも当然入るから、都合2時間ちょいで纏め、尚且つ新カットも入れたのはスゴイ。
その心意気には感服です。


しかしやはりアニメの総集編なので、ところどころどうしようもなく下手な作画の回も混じってて歯痒かったです。
特に美空ナオミのくだり(もう1箇所酷い回があったけど忘れた)
横顔デッサンとか何じゃコリャって感じ。


いやぁLが死期を悟ったかの如く、ミサミサのハミング(多分レクイエム)や、Lの走馬燈が流れましたが(コレは深夜でも流れてました)、頭の悪いワタクシにはこのLの半生が皆目??で、アレってデカイ地震があって孤児になったからワタリんとこ来たの?とか、的外れな予想しかできん(爆)

昔からどうも理解力に欠け、思い込みが激しく自分で勝手に物語を再構築してしまうきらいがある所為か、国語が破滅的に弱いもので。ぐふっ。


キラが最後邪笑するシーンは表情も壊れてキモくてよかった(笑)

アニメ版のキラの最期がどうにも美しすぎたので、あれ位表情壊してくれた方がキラの凄味が出て良いのでは、と。


視聴率が気になるところですね。

この記事へのトラックバック