医龍再放送第3~5話+原作の感想

医龍面白すぐる!毎日が待ち遠しい!
3話からざっくりめの感想をば。


内科医・藤吉(佐々木蔵之介)をスカウトする第3話。

心臓に持病のある藤吉とその娘の診断を巡って一悶着です。

藤吉が心停止した時の応急処置ですが、流石に原作通りには行かなかったようです。
(車のバッテリーと繋ぐ荒技!ホンマココは読んでてドキドキした)
マネする輩が出そうだし…。

今後の仲間候補、イカレ麻酔医・荒瀬が(適当にアダ名付けないでください)体重をピタリと当てるシーンもありました。
…ガクガクブルブル…。勘弁してください(笑)

人情派内科医・藤吉がチームドラゴンに加わった!
なかまのかず:2にん。

…ドラクエみたい(アホか!)




研修医・伊集院(小池徹平)が決意を固める第4話。

心臓ペースメーカーの不具合について、白い巨塔の実体が赤裸々に語られる回でございます。

袴田っち、久々に見たなー…。
スケープゴートにされてしまうトホホな役回りですが。

藤吉に励まされ、朝田(坂口憲二)に存在価値を見いだされ、ヘタレ研修医・伊集院は大いなる一歩を踏み出しました。

原作を読んでいても、良き師に囲まれ成長する伊集院を見るのは気持ちがいいものです。

上半身裸でバチスタ手術のイメトレする朝田。
何故上半身裸!?(笑)

白い巨塔の財前もタンホイザーの鼻歌交じりにやってましたが、アレって単なるナルシストじゃなくってイメトレなんですねぇ。納得。

ヘタレ研修医・伊集院がチームドラゴンに加わった!
なかまのかず:3にん。




助教授・加藤(稲森いずみ)の想いがひしひしと伝わる第5話。

バチスタ手術・第1号患者候補は、16歳の女子高生と55歳の主婦。
条件的には16歳の方が断然有利なのだが、55歳主婦は加藤の恩人の看護師長・奈良橋(江波杏子)だった。

今切らねば余命3ヶ月と診断された看護師長は助からない。

加藤は苦渋の決断を下す。
朝田と自分の力を信じて。


今回は加藤と師長のシーンと、その後亡くなってしまった患者のアルバムを眺める加藤のシーンが、分かっていてもとにかく泣けました。

河野伸氏の音楽はホンマに反則です。

そして教授(岸部一徳)に、奈良橋をバチスタ第1号患者としてオペする旨を伝える時、
教授に「患者と論文どちらが大切なんだ!?」と問われ、

「両方です」と即答する加藤がとにかくカッコイイ。シビレル~!

いよいよ運命のバチスタ手術!
結果は分かっていても週またぎは拷問です。

鉄面皮の魔女・加藤がチームドラゴンに加わった!
なかまのかず:4にん。





原作はその第1回バチスタ手術が終了した6巻~既刊である14巻まで読みました。

とにかくコミックスの終わり方の引力が強くて、次、次!とページを繰る手が止まりません!

特にドラマの最終回と思われる、第3回バチスタ手術(生後9ヶ月で内臓全て逆配置の赤ん坊)が決着する10~11巻が凄かったです!

手術中に突如現れる闖入者!
オマエー!!!!!(怒MAX!)


…アイツです。(あっドラマでは軍司が…)


嵐のようなバチスタ手術完結編の後は、第3の教授候補が現れるちょっと政治色が強い展開になって、朝田の神業的メス捌きが見られなく、欲求不満が募ります(苦笑)

いつの間にこのマンガの主人公が朝田から伊集院になったンだーッ!?みたいな(笑)

まぁ天才として完成されている朝田より、伸びしろが幾らでも引き出せる伊集院の方が、描き手としても甲斐があるのかもしれません。

その伊集院も今ちょっと可哀想な展開で…。

ビッグコミック・スペリオールも、立ち読み雑誌としてリストに加えねばならんのかのう…(笑)

この記事へのトラックバック

  • 医龍

    Excerpt: [パワーアップして復活]ドラマ「医龍2」坂口憲二 主演 Weblog: 医龍 racked: 2007-10-21 21:08
  • 稲森いずみさんについてもっと知りたい人は

    Excerpt: 私も稲森いずみについては詳しく知りたいと思っていました。 今のあなたが稲森いずみ自体、何だか分からないのは決して恥ずかしいことではありませんが、 早く知りたいでしょう。 稲森いずみさんが出演してい.. Weblog: 稲森いずみ racked: 2007-10-25 13:00