金八先生第5話+ジョシデカ第4話 感想

3年B組金八先生第5話
「クラスで1番のバカはだ~れだ?」
情報だだ漏れで恐ろしいクラスだなぁオイ!
ジャニ顔のやる事がいちいちムカつくぜ!

美術が4、体育が3、残りはオール1。
今って絶対評価(だよな?)なのに『1』の評定付くってどんだけ~?

クラス1のバカ称号を授かってしまった光也(コウヤ)の夢は先生になること。

それを盗み聞きしたジャニ顔がまた闇サイトにカキコを。
こいつ超UZEEEEEEEE!!!!!

翌朝光也をからかうクラスメイトたち。

金八がタイミング良く現れて、頭ごなしに叱るでもなく、中学時代オール1でも先生になれた宮本さんの本とアインシュタインを題材に、中3で『問題』を、行く道を見つけた光也は決してばかではないことを説いてゆきます。

それを揚げ足取ったりウゼェと切り捨てたりせず、一応ちゃんと耳を傾けている生徒達は、表向きはホント良い子達ばかりですね。

裏サイトというダークサイドはあれど…。

その光也、どうして先生になりたいかという本当の理由を金八に語るシーンも泣けたよ…。


金八が光也のために率先して補習にあたります。
一番始めに賛同したのは乾先生。

北先生は難色を示していましたが、校長が成績アップにより予算の割り振りがどうのと大人事情をふりかざして、珍しく金八と意見が合いました。

遠藤は「ケッ」って言ったよケッて!
お前に乙女ちゃんを寝盗られなくてホンマ良かったわい!

理由はどうあれ光也にとっては追い風で、ホントに基礎の基礎からの補習授業です。

私も学習記憶を殆ど手放してしまったので、へぇ~と光也と同じ目線で授業受けていました。
中学の時は先生が皆熱心で、勉強楽しかったんだけどね…(遠い目)

光也は小学時代、そして中3の今、本当に良き師に恵まれていますね。
こういう一期一会が人生を変える事って本当にあると思うんだ。


さて、開始から約35分、先週から放置されていたサトケンのターンがやっと回ってきました。

父親が高卒だからこそ、子供には大学に行ってもらいたいって親心も分かるんだよね…。

けれどサトケンがお父さんとの思い出をしっかりと胸に刻んであり、ヒロミが作ったサトケンにメールを送ろうポスターに書かれたメールアドレス(一球入魂)も巧く絡めて、感動的な着地点を見せてくれました。父ちゃん男泣き…。

何だか今週のドラマはやけに泣けるなぁ…。
金八→医龍2と泣きっぱなしだ。

次週、髪を金色に染めた娘の話だそうです。
どんな話になるんでしょうね?

…それにしてもミカ、空気化してね?
クライマックス持ってくのは彼女なんでしょうけど。



ジョシデカ!第4話
これは酷い…。

私がこのドラマに於いて楽しみにしているのは、事件の謎解きと大倉孝志の一発ギャグと仲間由紀恵の食生活のみなので(爆)

仲間由紀恵とリュ・シウォンのデートシーンとカタコト日本語をだらだら見せられ、その次は墓場で飲んだくれて泣き崩れる泉ピン子なんか全くもって見たくないのである。


先週のラスト、連続殺人犯とおぼしき人物が畑山(仲間由紀恵)の背後に忍び寄り、兇刃を振るうかと思われたが、畑山はスルーし(何故だ!?)車上荒らし犯だけを刺殺し、ノートパソコンを奪って逃げていってしまった。

現場に居合わせていながら、犯人に気絶させられ取り逃がしてしまった畑山は、閑職に追いやられる―。

そして先に述べたダラダラを数十分見せられるわけ。

因みに今週は桜でんぶごはんでした。
一瞬かき氷かと思いました(笑)


ラスト数分で漸く事件が動き出す。

第1の被害者の遺族(小学生の娘)が自分で犯人を捜すと勇み足?
けれど黒コートの人物が背後に忍び寄り…。

この娘が学校で事件のことをクラスメイトに毎日ほじくり返されてとても不憫。
味方になってくれる幼馴染みはいるが、教師は一体何をやっているのか。

よくPTSDとかにならんなぁ…。
私なら絶対登校拒否だぜよ。


そろそろ本格的に話を動かさんと、相当厳しくなって来たなぁ。
仲間由紀恵とピン子の掛け合いなんかホンマどうでもいいので。

あ、次週久々にエリーが出ますね!
しかも犯行声明が警察やマスコミに送りつけられた事を仲間由紀恵に伝える役どころ!

ああ、早くお逢いしたいでござるよ、エリーこと吉瀬美智子さんに!

働きマンでも梶さんメインの回はきっとあると信じています!
(原作ではあるのですが、1話として膨らませるには厳しい内容なんだよな…)

この記事へのトラックバック

  • 金八先生(第8シリーズ)第5話

    Excerpt:  今回は美術と体育が4と3で、あとはオール1の成績の生徒、川瀬光也が将来教師になりたいといい出した事。好きな野球を取り上げられ、いまだ学校に来ないサトケンの父親に金八が説得する話。 Weblog: 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく racked: 2007-11-11 21:35