ファミコン版ドラクエ4 ピサロさまセリフ集

画像つい今しがた、銀魂見た後にDSドラクエ4のCMが~ッ!初めて見たぞなもし~!
スゲェテンション上がったーッ!!\(≧∇≦)/

便乗して20世紀末に作ったこんなモンをネットに晒してみる(爆)

コレ、正直需要があるのか微妙だが、まぁ所謂自己満足というヤツです(笑)

↑因みにこのドット絵がファミコン版のピサロ氏。

左肩に剣を背負ってるのから察するに左利きかと思われ。
(管理人も左利きなので、気付いた時かなり嬉しかった記憶が)

コレがどう転んだら銀髪ロン毛になるのかホンマ疑問だ(管理人はファミコン版溺愛)

このドット絵から妄想膨らませて描くのが楽しいのによ~!



ピサロ(デスピサロ)のセリフ
ロザリーのセリフ
管理人のつぶやき(要らん!)

のみ色を付けてみました。

※ゲーム画像は拾いモノなので、ご自由にお持ち帰り下さい。
 文書をコピペしたい方は(いねーよ!)一言コメントを下さいませ。




ファミコン版DQⅣピサロさまの科白・ウワサ全集

第1章 王宮の戦士たち

《湖の塔》

ピサロのてさき「このおれさまが まけるとは・・・・・・。だが きっと ほかの まものたちが ゆうしゃをさがしだし そのいきのねを とめることだろう・・・・・・。おまえたちにんげんは ていおうさまの いけにえとなることだろう・・・ぐふっ。」



第2章 おてんば姫の冒険

《エンドール(昼)》

城内1F兵士「もし ぶじゅつたいかいに でるのなら デスピサロというおとこに きをつけろ。とてつもなくつよくあいてのいきのねを とめるまで たたかいを やめぬのだ。」

女「ぶじゅつたいかいの ゆうしょうしゃは ここのおひめさまと けっこんできるんですよ。おひめさまも かわいそうに・・・・・・。」

城内B1女「おひめさま このままだと デスピサロってひととけっこんさせられるんじゃ ないかしら。」

牢獄の男「デスピサロに きをつけるんだ!」

モニカ姫「おとうさまが みなに やくそくをしたためわたしは ゆうしょうしゃと けっこんしなくては なりません・・・・・・。でも もし ゆうしょうしゃがおんなのひとでしたら むりな けっこんを しなくてもすむでしょう。どうか ぶじゅつたいかいに でてくださいまし!アリーナひめさま。わたしは じゆうにいきている あなたを うらやましく おもいますわ。」

王「そこで たのみがあるのじゃが ぶじゅつたいかいで ゆうしょうしてくれい!じつは わしも こうかいしているのじゃよ。」

学者「デスピサロ・・・・・・。ふきつな なまえじゃ。」


《コロシアム》

観客の男「ゆうしょうは きっと デスピサロだろうな。」


《エンドール(夜)》

宿屋2F戦士「たいかいでは デスピサロというものが かちすすんでいるが どうも ふきつな なまえだな・・・・・・。」

宿屋で寝ている女「ぐうぐう・・・・・・。デスピサロさま そこよー!むにゃむにゃ・・・・・・。」

城内1Fの男「まったく なんにんのせんしたちが デスピサロに ころされたことか・・・・・・。これではまるで つよいものをあつめて ほうむっているようなものですよ。」

城内B1右の女「デスピサロっていうひと わたしは どうも すきに なれないわ。」

城内B1左の女「やっぱり デスピサロさまが ゆうしょうだよねえ。かっこいいし・・・・・・。」


《コロシアム・選手控室》

寝込んでいる戦士「うーんうーん おそろしい・・・・・・。デスピサロのつよさは とても にんげんとは おもえない・・・・・・。」

王「よくぞきた アリーナひめ!しあいは かちぬきせんで 5にんたおすと けっしょうせんにでられる! これまで 5にんをたおし かちすすんでいるのは まだ デスピサロひとりだけ。では しあいかいしじゃ!」

アナウンサー「アリーナひめさま 5にんかちぬき!」

王「アリーナひめよ!よくぞかちぬいた!これよりいよいよ けっしょうせんじゃ デスピサロを これへ!
なに!?どこをさがしても デスピサロがいないとっ うーむ・・・・・・・・・・・・。・・・・・・・・・・・・。わかった!いないものは しかたあるまい!ぶじゅつたいかいは アリーナひめの ゆうしょうじゃ!」


《エンドール(武術大会終了後)》

城内1Fじじい「デスピサロがきえたころから まものたちも でなくなったそうじゃ。」

兵士「デスピサロ・・・・・・。けっきょく なぞのおとこだったな。」


《エピローグ》

サントハイムおうの みた ゆめとは・・・・・・?すがたをけした デスピサロとは・・・・・・?そしてサントハイムのひとびとは いったい どこへいってしまったのか? そのなぞをさぐるため アリーナひめは ふたたび たびに でたのだった・・・・・・。



第3章 武器屋トルネコ

《エンドール(昼)》

城内1Fの男「ぶじゅつたいかいでは デスピサロというおとこが ゆうしょうしかけたのですが。デスピサロは とちゅうで いなくなったんですよ。なにものだったのでしょうね。」


《エンドール(夜)》

城内B1右の女「デスピサロが いなくなったのは ぶじゅつたいかいよりも だいじな ようが できたからよ!」

城内B1左の女「このまえの ぶじゅつたいかいでは デスピサロさまが ぜったいに ゆうしょうだとおもったのに・・・・・・。」



第4章 モンバーバラの姉妹

《キングレオ城》

キングレオ「ふかくをとったものよな バルザック!こんなことでは デスピサロさまに もうしわけがたたぬわ!」

バルザック「こ これは キングレオさま!なにとぞ このことを デスピサロさまには ごないみつに・・・・・・。」

キングレオ「まあ。よい。まだ おまえを しなせるわけにはゆかぬ。エドガンの むすめよ くるがよい。わたしがあいてだ。」



第5章 導かれし者たち

《山奥の村》

シンシアの父「じつは ゆうべ たびのしじんが このむらに まよいこんできましてな。むらのおきてをやぶって つい たすけてしまったのです。わざわいのたねに ならねばよいですが・・・。」

旅の詩人(ピサロ)「わたしは たびのしじん。やまみちでまよってしまって このむらに たどりついたのです。しかしこんなやまおくに こんなむらがあったとは・・・・・・。きいたこともありませんでしたよ。」


《山奥の村(襲撃後)》

そとから まものたちの こえが きこえる

魔物「デスピサロさま!ゆうしゃ〇〇〇〇(勇者の名前)を しとめました!」

デスピサロ「よくぞ でかした!では みなのもの ひきあげじゃあ!」


《エンドール(昼)》

城下町の富豪のじじい「あなた しってましたか?ぶじゅつたいかいにでていた デスピサロは にんげんじゃなかったとか。ただの うわさばなしですが つよすぎると おもいましたよ。」


《エンドール(夜)》

城内B1左の女「デスピサロが まものだったなんて・・・・・・。とちゅうで いなくなったし・・・・・・。」


《コナンベリー(夜)》

酒場のマスター「だれかを さがしての たびかい?そういえば すこしまえ おかしな 3にんぐみがきたよ。おひめさまと おとものふたりで なんでも デスピサロとかいう おとこを さがしてるって いってたな。


《ミントス(パデキアの根っこ入手後)》

アリーナ「まあ!あなたたちが パデキアのねっこを!?いってもなかったから もう だめだって もどってきたのに ほんと うれしいわ!さあ はやく そのパデキアを クリフトに!」

××××(パデキアの根っこを持っているキャラクター)は パデキアのねっこをすりつぶし クリフトにのませた! みるみるうちに クリフトのかおいろがよくなりクリフトは かいふくした!

クリフト「うーん・・・・・・。はっ!ひめさま!」

アリーナ「よかった!きが ついたのね クリフト!」

クリフト「おはずかしい・・・・・・。ひめさまを まもるべきわたしが このような ありさま だったとは!」
アリーナ「いいのよ クリフト。デスピサロをさがすたびを つづけましょう!」

先頭キャラ「・・・・・・・・・・・・・・・!」

アリーナ「どうかしたの?えっ?○○○○もデスピサロを!?」

クリフト「いぜん ゆうしゃのすむ むらが デスピサロに ほろぼされたそうです。もしや ○○○○どのが・・・・・・。」

アリーナ「まあ!そうだったの!じゃあ いっしょに さがしましょう。たびは おおいほうが たのしいしね。」


《キングレオ城(キングレオを倒した後)》

キングレオ「こ このわたしが やぶれるとは・・・・・・。おまえたちは いったい なにものだ・・・・・・。もしや じごくのていおうさまを ほろぼすと いわれる ゆうしゃ・・・・・・。まさか!そのゆうしゃなら デスピサロさまが すでに ころしたと・・・・・・。ぐふっ」

2Fの進化の秘法の研究家「ひっひっひっ。おまえたちには わるいことをしたかのう・・・・・・。しんかのひほうは すでに デスピサロさまの ものじゃ。」


《サントハイム城》

2Fの魔物「バルザックのやつ いいきになりやがって・・・・・・。デスピサロさまの めいれいじゃなきゃあんなやつのもとで はたらきゃしないのに・・・・・・。キッキッ。」

バルザック「やはりきたか!エドガンのむすめよ!こうしてふたたび あいまみえるとはな!どうだ!みちがえたであろう!わたしがバルザックだ!もはや デスピサロさま・・・・・・いや!デスピサロのやつも わたしには およばないだろう。さあ こい!おろかで ひよわな にんげんどもめ!」


《サントハイム城(バルザック倒した後)》

バルザック「そ・・・・・・そんなバカな・・・・・・。カンペキなはずの わたしのからだが うちのめされるとは・・・・・・。しかし しんかのひほうが あるかぎり わたしは ほろびぬはず いまに いまに・・・ぐふっ。」

魔物A「じっけんは しっぱいだったようだな デスピサロさまに ほうこくせねば・・・・・・」

魔物B「しんかのひほうを かんせいさせるには やはり おうごんのうでわが ひつようなのだ。あんこくのちからを ぞうふくさせるという おうごんのうでわ!」

魔物C「おうごんのうでわを てにいれ しんかのひほうを カンペキなものとしたとき・・・・・・。そのときこそ われら あんこくの しゅぞくの じだいがこようぞ!わっはっはっ!」


《イムルの夢・其の壱》

ピサロ「いいこに していたか?ロザリー。」

ロザリー「ピサロさま・・・・・・。」

ピサロ「ロザリー。わたしは にんげんを みな ほろぼすことにした。まもなくせかいは さばきのほのおにやかれるだろう。わたしのしごとがおわるまで ロザリー おまえは ここにかくれているのだよ・・・・・・。」

ロザリー「おまちください!ピサロさま!・・・・・・・・・・・・。だれかだれか・・・・・・ピサロさまをとめて・・・・・・。このままでは せかいは ほろんでしまう・・・・・・。おねがい だれか うけとめて・・・わたしの ねがいを・・・・・・。」

とどいて・・・・・・。わたしの このおもい・・・・・・。



《ガーデンブルク(容疑が晴れてから)》

女王「あれから しろのものにきいたのですが そなたたちは じごくのていおうを たおすために たびをしているとか。そういえば ここからみなみ ロザリーヒルには かつて まぞくが すんでいたそうです。 なにか わかるかもしれません。いってみるといいでしょう。」


《ロザリーヒル(昼)》

ホビット「このむらには ロザリーという エルフがすんでおった。エルフのロザリーは ながすなみだが ルビーになってのう。だから わるいにんげんたちに ねらわれ いつもいじめられて ルビーのなみだを ながしておったんじゃ。」

うおーん「うおーん うおーん。かわいそうなロザリー。もし ピサロさまが たすけなきゃ きっとロザリー にんげんたちに いじめころされてたよ。」

子供「うそじゃないよ!ほんとだよ!よるになると あのとうのまどから きれいなおねえちゃんが かおを だすんだ!」

人間の男「オレは ルビーのなみだを ながすという エルフをさがして やってきたのだ。もし そのエルフを つかまえることが できたなら きっとおおがねもちに なれるぞ!」


《ロザリーヒルの教会》

犬「わんわん!ぼく ピサロさまに あたまを よくしてもらったんだ。にんげんの ことばだって しゃべれるよ!」

猫「にゃあにゃあ!ピサロさまに かんしゃしなくっちゃ!これもみんな しんかのひほうの おかげだにゃん。」

馬「ヒヒーン!しんぱいしなくても ピサロさまが うまく やってくれるよ。ヒヒーン!」

B1のホビット「このとうは ピサロさまが つくったものだ。あのおかたは とうのどこかに かくしべやをつくったらしい。そして そこに たいせつなものを かくしているという うわさだよ。」


《ロザリーヒル(夜)》

人間の男「ぐうぐう・・・・・・。もっとなけ!ないてルビーのなみだを ながすんだ!むにゃむにゃ・・・・・・。」

シスター「かつて このむらに ピサロという まぞくの わかものが すんでいました。せかいを しはいするなどという やぼうをいだいて むらをでていきましたが そのピサロもロザリーにだけは やさしい えがおを みせていたものです。」
↑コレ一番好きなんですよ。


《ロザリーの塔》

ピサロナイト「ここを とおすわけにはいかぬ。しまつしてくれるわっ!」

スライム「ぷるぷる!ロザリーちゃんを いじめたら しょうちしないよっ!いじめにきたのじゃないの? だったら いいことを おしえてあげる。エンドールの なんせいのみさきの おうけのはかには へんげのつえが あるらしいよ。つえをつかえば かいぶつのおしろにも はいりこめるんじゃないかな。」

ロザリー「せかいがまものたちによって ほろぼされようと しているのです。まものたちを あやつっているものの なまえは ピサロ。いまはデスピサロとなのり しんかのひほうで さらにおそろしい そんざいになろうとしています。おねがいです!ピサロさまの・・・・・・ いいえ デスピサロのやぼうを うちくだいてください。わたしは あのかたに これいじょう つみをかさねさせたくありません。たとえ それが あのひとのいのちを うばうことになろうとも・・・・・・。うっう・・・・・・。」

××××(先頭キャラ)は ルビーのなみだを てにいれた!しかし ルビーのなみだは おともなく くずれさった・・・・・・。


《デスパレス(会議が始まる前)》

1Fの魔物「デスピサロさまは さいきん とてもいそがしげに せかいじゅうを とびまわっておられる。にんげんどもをほろぼしわれら まぞくが せかいを しはいするひも ちかいであろう。」

2Fヨロイの魔物「なにをしておる?はやく へやに はいらぬか!まもなく デスピサロさまが おみえになるはずだ。」


《会議室》

ヨロイの魔物「ずっと るすだった デスピサロさまが とつぜんもどってくるとは・・・・・・。いったい なにが あったのだろう。」

ガイコツ「うーむ まさか ころしたはずの ゆうしゃが いきていたとか・・・・・・。」

見習い悪魔「ついに しんかのひほうが かんせいしたのかも しれないな。」

議長「せいしゅくに!まもなく デスピサロさまが とうちゃくする ころだぞ!」

ピサロ「しょくん!たったいま こうざんのまち アッテムトで たいへんな じたいが おこった!じごくのていおう エスタークが よみがえったらしい!どうやら にんげんどもは じごくのせかいを ほりあててしまったらしいのだ。とにかく アッテムトだ!エスタークていおうを わがしろに おむかえするのだ!」 

デスピサロは ルーラを となえた!



《デスパレス(会議終了後)》

1Fヨロイの魔物「エスタークていおうが たいこの ちていから ふっかつした!これで デスピサロさまが しんかのひほうを かんせいさせれば たとえ てんくうの カミといえども もはや てだしは できぬであろう!わっはっはっ。」


《エスターク宮殿(エスターク倒した後)》

画像

↑ピサロさまの横グラの髪のなびき具合が、テニプリの某部長みたいで萌えます(腐)

デスピサロ「な なんということだ!エスタークていおうが たおされてしまうとはっ!しかし よげんでは ていおうを たおせるものは てんくうの ちをひく ゆうしゃのみ!まさか おまえたちは・・・・・・。」

ヨロイの魔物「たいへんです。デスピサロさま!エルフの ロザリーさまが にんげんたちの てに!」

デスピサロ「なにっ!?うぬぬぬぬ!みなのもの ひとまず ひきあげじゃあ!」


《ロザリーヒル(ロザリーが襲われてから)》

うおーん「うおーん うおーん かわいそうな ロザリー。せっかく かくれていたのに また にんげんに つかまってしまって。」

子供「このむらにきていた にんげんが とうのなかにいた エルフの おねえちゃんを つれていってしまったんだよ!」

スライム「ぷるぷる!ロザリーちゃんが つかまっちゃったんだよお!イムルのむらのほうに つれさられたんだ!ぷるぷる!」


《イムルの夢・其の弐》

人間の男「さあ なけ!ないて ルビーのなみだを ながすんだ!ごうじょうなやつ!これでもか!」(殴る)

デスピサロ「ロザリー!き きさまら!ロザリーに なにをしたっ!?」
(人間どもを闇に葬る)


ロザリー「ピ・・・サロさ・・・ま・・・・・・。きて・・・くださったのですね・・・・・・。わたしの さいごの わがままを きいてください・・・・・・。どうか どうか・・・・・・やぼうをすてて この わたしと・・・・・・。ぐふっ!」 
(ロザリー死す)

画像

デスピサロ「ロ ロザリー!・・・・・・・・・・・・。
ゆるさんぞ!にんげんどもめ!たとえ わたしが どうなろうとも ひとりのこらず ねだやしに してくれん!」

(画面真っ赤!!!)
↑コレ子供心にトラウマになる位衝撃的でした!


《ゴットサイド》

シスター「じごくから ふっかつした エスタークは よげんどおり ゆうしゃによって たおされたそうです。しかし いま まさに だい2のエスタークが うまれようと しているのです!」

じじい「たいへんなことに なってしもうた!デスピサロという まぞくのものが ついに しんかのひほうを かんせいさせたそうじゃ。」

右の神官「うわさでは デスピサロは ちのそこ ふかく もぐり ひほうを つかいはじめたと ききます。」

シスター「ああ なんてことでしょう!もし おうごんのうでわをつかえば しんかのひほうは むかしのものより さらに おそろしいものに なるのです。」

左の神官「わたしには わかります。デスピサロの こころにあるのは もはや にくしみのみ!はや
く とめなければ すさまじく じゃあくなものに しんかを とげるはず・・・・・・。」


《天空城》

シスター「デスピサロは しんかのひほうの じゃまをされぬよう けっかいを はったそうです。デスピサロの しんかを とめるには まず そのけっかいを やぶらねば ならないでしょう ゆうしゃ○○○○に ごかごが ありますように。」

天空人(男)「ちじょうでは とてつもなく じゃあくなものが うまれようと しているらしいな。」

天空人(女)「ああ おそろしい!ちょうど この したのちじょうから じゃあくな はどうが はっせられ くもを つらぬいていったのです。」

マスタードラゴン「わたしは このしろをおさめる マスタードラゴン。りゅうのカミと よばれているものだ。わたしは ここにいて せかいのすべてを しることができる。おまえたちが なぜ わたしに あいにきたかも すでに わかっている。しかし もはや わたしにも デスピサロというものの しんかを ふうじることはできぬ・・・・・・。おまえたちが おもっているほど わたしは ぜったいのものではないのだ。ところで にんげんというものは ふしぎな いきものだな。かよわい にんげんが ときとして おもわぬちからを だすときがある。わたしは それに かけよう!てんくうとにんげんの ちをひきし ゆうしゃ ○○○○よ!そなたなら しんかした じゃあくなものを たおせるかもしれぬ!そなたに わたしの もてるちからを あたえよう!」
(経験値が10000増える)

なんと てんくうのつるぎが はげしく かがやきはじめた!(天空の剣がヴァージョンアップ!)

マスタードラゴン「○○○○よ いくがよい!このしろの ましたが やみのせかいへの いりぐちのはず!その てんくうのつるぎが きっと やくにたつであろう!」


《天空城の図書館》

天空人「しんかのひほうについて。コホン・・・・・・。『しんかのひほうとは ほんらいの しんかの すじみちを ゆがめてしまう ひほうなり。このひほうをつかえば このよに あらざるべき いきものを うみだすことが できるであろう。しんかのひほうとは すべての わざわいの もと なり。しんかのひほうを のちのよに つたえては ならぬ。ちてい ふかくに ふうじこめよ・・・・・・。』・・・と かかれています。しかし ながい としつきのすえ ふたたび はっけんされてしまったのです。しんかのすじみちから はずされた いきものたちの おんねんが そうさせたのかも しれませんね。」

天空人「たたかいの れきし・・・・・・。コホン。『はるかむかし まぞくのおう エスタークは おそろしいものを つくりだした。それは しんかのひほう。エスタークは そのちからで みずからを カミをもこえる きゅうきょくの せいぶつに しんかさせた。しかし じたいをしったてんくうびとは マスタードラゴンと ともに エスタークと たたかった。ながい たたかいのあと ついに エスタークは ちのそこに ふうじこめられた。エスタークを おこしては ならぬ。かれに ちかづいては ならぬ。』・・・と かかれています。しかし あとで わかったのですが エスタークの しんかのひほうは まだ ふかんぜんだったとか。やみのちからを ぞうふくさせる おうごんのうでわが つかわれて いなかったのです。」


《希望のほこら》

謎の亡霊「ここは きぼうのほこら。あなたたちの くるのを まっておりました。デスピサロは きゅうでんの まわりに けっかいをはって そこで しんかを つづけています。4つのけっかいを やぶらぬかぎり ふしぎなちからが あなたたちの ゆくてを はばむことでしょう。まず けっかいを やぶるのです!○○○○たちに カミのごかごが あらんことを!」


《四天王》

ヘルバトラー「おまえたちが デスピサロさまの しんかを じゃましようという ふとどきものは。オレさまが せいばい してくれるわ!」

ヘルバトラー(倒した後)「く・・・・・・。よくぞ オレさまを たおした。いっときのしょうりを かみしめるがいい。どうせ おまえたちは しんかした デスピサロさまに ほろぼされてしまうのだからな。わっはっはっ。ぐふっ!」

アンドレアル(倒した後)「うぐぐ・・・・・・。ロザリーさまをうしなって ピサロさまが どれほど なげいたことか。にんげんなど ほろびてしまうがいい・・・・・・。デスピサロさま ばんざい!ぐふっ!」
↑コレも好き。何か妄想かき立てられるキャラだな。


エビルプリースト「ほほう ついに ここまできたか ○○○○よ。しかし すべては おそかったようだな。もうすぐ デスピサロさまが わが まぞくの おうとして めざめるだろう。デスピサロさまの こころには もはや にんげんに たいする にくしみしか のこっておらぬはず。めいどのみやげに おしえてやろう。ロザリーを さらわせたのは このわたしなのだ。わっはっはっ!」


《ラストバトル》

デスピサロ「ぐはあああ・・・・・・!なにものだ おまえたちは?わたしは デスピサロ。まぞくのおうとして めざめたばかりだ。うぐおおお・・・・・・!わたしには なにも おもいだせぬ・・・・・・。しかし なにを やるべきかは わかっている。があああ・・・・・・!おまえたち にんげんを ねだやしにしてくれるわっ!」

デスピサロ(倒した後)「ぐはあああ・・・・・・!からだが あつい・・・・・・。わたしは やぶれたのか・・・・・・。わたしのからだが くずれてゆく・・・・・・。うぐおおお・・・・・・!
(元の姿に戻りながら・・・)ぐふっ!」



《エンディング》

マスタードラゴン「わたしは マスタードラゴン。ここにいて せかいのすべてを しることの できるもの。てんくうと にんげんの ちをひきし ゆうしゃ ○○○○よ。そなたらの はたらきで しんかのひほうは デスピサロともども ちのそこふかくに しずんでいった。もはや ひとびとが おびえることはなく せかいに へいわが おとずれるのだ!8にんの みちびかれし ものたちよ!こころから れいを いうぞ!

ライアン!おまえは ほんとうに よくやってくれたな。

アリーナよ。そなたも おんなでありながら よく がんばってくれた。ブライにクリフトも アリーナをたすけて そのはたらきは まことに みごとなり。

マーニャにミネアよ。いまの そなたたちを みれば ちちうえも きっと うかばれるであろう!

トルネコよ。これからも よのため ひとのため しょうばいに せいを だすのだぞ。

そして○○○○よ!おまえは みごと やりとげたのだ!もはや ちじょうに もどることはあるまい・・・・・・。これからは わたしとともに この てんくうじょうに すむがよかろう!ん?どうした その かおは・・・・・・?そのものたちと いっしょに ちじょうに もどるともうすか?・・・・・・・・・・・・。わかった! もう とめはせぬ!たたかいのさなか きずきあげられた そなたらの ゆうじょうは もはや なにびとにも こわせない!きをつけて ゆくのだぞ!○○○○よ!」

天空人(女)「つばさも ないのに じごくのていおうを やっつけるなんて!しんじられないわ!」

ホビット「あんたらが だい2の じごくのていおうを やっつけたのか?ぶったまげたなあ!」

図書館の天空人「おもえば デスピサロというものも あわれな おとこでしたね。」
↑そうですね・・・。

≪FIN≫



《あとがき》

■なにぶん、ファミコンゲームなものですから、全て仮名なんです。読みづらくって申し訳ない。

■ピサロが喋る時『ピサロ』の時と『デスピサロ』の時がありますが、これは決して私の誤植ではありません。興味深いのは、デスパレスの会議の時は『ピサロ』として語りかけている事。
何の意図があるのだろうか・・・・・・。教えてピサりん!

■PS版は追ってアップいたします。
ご静聴ありがとうございましたァー!

この記事へのトラックバック