金八先生第9話+ジョシデカ第8話感想

本当は金八先生から書きたかったんだけど、無駄に長くなってしまったので、ジョシデカ・第8話から参ります。


前回ラスト、連続殺人犯(?)が自首してきて、またしても何という超展開!

その犯人が言うには、隣人トラブルで、第2に行われたとされる殺人のみ犯したとのこと。

しかしその裏には隣人トラブルをきっかけに、巧妙に殺人をし向けさせた罠が仕込まれていたわけで、ミスリードを誘った桜華子犯人説も、そいつが一役買っていたようなのです。

女、女と煩い位言ってるし、アバンの演出から鑑みて、もう犯人はあの人以外考えられないのですが、来実がラストシーンで撃たれた時、別の部屋にいたのがどうにも引っかかる。

またしても秦氏にしてやられてるような悪寒(笑)


柳田管理官もツンデレで可愛かったなぁ。
日暮署の雰囲気がどんどん良くなってるのは良いことです。


ところで無粋ツッコミいいっすか?

自首してきた男と桜に宛てられた手紙…。

桜宛のは定形外郵便(デカイ封筒)なので、80円だと料金不足になります。
定形外郵便は50gまで¥120掛かります。
郵便を介した趣味を長年続けているため、こーゆー事に無駄に詳しいのですわ。

…どうでもいい事ですな。
つか皆さん突っ込まれてるかもですな(ノ∀`)アヒャヒャ




3年B組金八先生・第9話 モンド編完結と、金の亡者・千尋の話。

モンドとお父さんの抱擁で涙ダバーも束の間、金の亡者・千尋を陥れようと裏サイトで彼女をおびき出し、エンコーの罠(だよな?)に嵌めるなんて最悪の展開だ。オレの涙を返せよ!

まぁマターリしてた金八先生も、やっとこさきな臭い展開になって話が動き出したかと思えば良いのか?


モンドをお父さんに会わせてあげようと、アメリカまでの往復チケットをネットオークションの落札金で
賄おうとした3B。

それを頑として受け付けようとしない詩織と千尋。

詩織は自己中心的で回りの些事には一切関わらない、ガリ勉少女の典型的なタイプ。

そのいかにも運動神経の鈍そうな詩織の所為で、運動会で多大なる迷惑を被ったことを、ここぞとばかりに非難するクラスメイト達。

指摘され、詩織は初めて自分と外界との接点を見出したわけです。

まぁ初めて他人のために何かしようと思って空回りしちゃいましたけど(^^;)



モンドへのカンパを金八は止めさせます。

モンドを勝手に『助けてあげなきゃいけない可哀想な人』と決めつけるな、と。

タイショウやカッちゃんの息子は「意味わかんねぇ!」と吐き捨てるように言いますが、オイオイ、金八今スゲェ良いこと言ったぞ。全力で理解しろよ(笑)


そんな折、モンドの父親からイラクに行く前に、3日だけ来日できる旨の手紙が届きます。

モンドは父親と会う決心がどうしても付きません。

そこへ金八が茨城のり子さんの詩を引き合いに助け船を出すんですが、生徒の一人が「それってモンドのこと!?」ですって。
台無し。テメェホンマKYだな!


その一連のやり取りの間、ミカが凄く良かった。

モンドのお父さんが来日できることを一番に喜んでいたし、金八が以前ミカに貸してあげた詩集をしっかりと読んでいたようです。

何より表情がほんの少しですが柔らかくなったように見受けられます。



モンドはようやく父親と会う決心を固めますが、問題は英会話。

そこでツンデレ・矢沢先生が嫌々ながらも(笑)協力してくれます。矢沢先生、何気にファンが多いんですよね~(笑)

口では嫌だ嫌だと言っていても、丁寧にご教授下さいました。
矢沢先生の英語は素敵です。幸作はやはり金八のDNAが…(笑)


運命の再会、そして抱擁。
そこには言葉など要りませんでした。

涙、涙です



モンドとお父さんが会っているのは丁度英語の時間で、しきりと時計を気にしてソワソワしている矢沢先生が可愛かったです。やっぱり気になってんじゃん(笑)

しかも河原で何も言えなかったモンドに、気持ちが伝わったのならいいじゃないかと、これまたツンデレスキーにはタマラン発言を…!

その後の国語の時間、金八は結果は知っているのにモンドに尋ねました。
生徒達にそれとなく知らせたかったんでしょう。
粋だよね、金八っつあん。


モンドは父親との再会で感じたことをノートに綴りました。

その内容がとても詩的で、モンドって詩人だよなぁ…としみじみ思いました。

この辺ももう涙ダバーです。



そして奔流に飲み込まれそうな千尋です。

1週間で利息1割ってトイチよりも暴利な!
厨房の癖に阿漕な商売してやがる。

だがそんな奴から金借りる方も借りる方だ罠。
中学生の頃から他人に金借してもらう癖付けてたら、大人になったらどうするんだね?
その内絶対ヤミ金に手を染めることになるぞ。

と苛々しながら見ていたら、千尋の家庭は裕福ではないらしく、お金のことで両親が毎日のように喧嘩しています。

こんなの毎日のように見せられ(聞かされ)たら、千尋も金に執着してしまうのもあながち解らんでもないんだよな…。

友情よりお金…友情よりお金…。
パソコンの金銭貸借票画面を睨みつけながらそう呟く千尋には鬼気迫るものがあります。


千尋の暴利に裏サイトが動き出します。

その中で千尋を擁護するカキコが入り、千尋はその言葉に乗せられてしまいます。



待ち合わせ場所で皆が来てくれると思いきや、そこに現れたのはエンコー目的のオヤジ。
…最悪なんですけど!!!!!


勿論千尋がやっている事はいけんとです。

だからといって、待ちぼうけさせるならともかく(エ?)、エンコーオヤジを差し向けるなんて!
テメェらのやってることは犯罪だぞ!!!!!

モンドとお父さんの抱擁シーンと、モンドのメッセージで流した涙を返してくれ!!!!!

この記事へのトラックバック

  • 金八先生(第8シリーズ)第9話

    Excerpt:  前回、英語スピーチコンテストでは3位に入賞し、先生達からも誉められる紋土。  でも、まだ父に会いに行くことに悩んでいた。 Weblog: 君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく racked: 2007-12-08 12:21