お粗末な最終回多いな…。来年の大河どーよ?

今週末ブログカスタマイズと大掃除(来年からゴミ有料化なので、要らんモン捨てまくり!)に追われていたので、ちらちらドラマ見ながら作業してたんですけど、全くもって表題の通りです。
ところどころ毒散布中にて、反転しながら続きをお読み頂ければとf( ̄□ ̄;)アチャー


ドリームアゲイン

何かビシバシ死亡フラグ飛び交いまくってたのに(って主人公は死んでたか)、いつの間にか全員生き返った上にタイムスリップって、視聴者嘗めとんのか!

1話でもクソミソに書いてたけど、1話で切って正解。




ハタチの恋人

結局さんまとまさみは親子じゃなかったって事っすか?
まぁ親子だったら直球ベタすぎでゲーが出ますけど。

ふーちゃん(森山リュウ)と中島さんがいつの間にか恋仲になっていた事だけがビックリした!
どんなミラクルがあったのかそこだけが気になる(笑)

地元紙(北海道新聞)に森山リュウを主人公にしろと辛口批評が書かれてまして全く同感です。
市村パパだけが良かった。さんまドラマはもうイラネ。



風林火山

コレ結局、初回とラストしか見なかったなー。
最終回、ハイビジョンで夜6時に見てしまいましたw

巡回先ドラマブロガーさんが物凄く熱く語ってたので、良作だったんですねぇ。

井上靖スキーのウチのオヤジも熱心に見ていて、初めて一緒に見たので解説がウゼェ(笑)

白馬に乗るGacktがえらくカッコ良かった!
もっとGacktのシーン増やせよ!

殆ど勘助のターン━━(゚∀゚)━━って感じ←当たり前。

しかも川中島だけで3週費やしたそうで…。
このノリが巨人の星世代のお父さんにはタマランのかもしれんねぇ(笑)
一球放るのに30分みたいな(ry

勘助が川中島で戦死した後、紀行で(結構長めに時間割いてた)その後の武田家の末路がダァーっと語られる辺り反則技。…仕方ないけどね。

この演出は新選組!(そういやコレ熱心に見てた。SPの土方の最期も見たし)と同じ監督だからなんですってね。



来年は篤姫。

幕末で大奥ネタならハマって見てしまうかもです!

つーか菅野がやってた平成版大奥第1作目(このサントラ好きすぎ♪)って篤姫の話でしたね!


色々キャストを調べてみたら

篤姫:宮﨑あおい
家定(13代将軍):堺雅人(ぎゃぼー!!!!!)山南さーん(*´Д`)

和宮:堀北真希
家茂(14代将軍):松田翔太

ミーハーな私がモロに食いつくキャスティングです(笑)
大河のコアなファンは軽薄だとお怒りかもしれませんが、そんなの関係ね~!(コラ!)

正月明けが楽しみ(≧∇≦)

もっとクソミソに書くつもりが、甘くなってしまった。ま、いっか。

この記事へのトラックバック