ピサロさまセリフ集EXTRA(DQMシリーズ&DF2)

おまけです。
ドラクエモンスターズシリーズと、ドラゴンファンタジー2(DQ+FFのパロゲー)のセリフ集を一挙公開いたします!
…こんなマニアックな物、誰が見るんだ(笑)

※文章をコピペして持っていきたい方は(居ないとは思うが)、コメントを残してください。



【おまけ1・GB版DQモンスターズ テリーのワンダーランド】

《ねだやしのトビラ・30F》

デスピサロ「ぐはああああ・・・・・・! なにものだ おまえたちは? わたしは デスピサロ。まぞくの おうとして めざめた ばかりだ。うぐおおお・・・・・・! わたしには なにも おもいだせぬ・・・・・・。しかし! なにを やるべきかは なぜか わかっている。おまえたちに それが わかるか?」
【はいorいいえ】

【はい】デスピサロ「があああ・・・・・・! ならば わがまえに・・・ あらわれたことを こころから くいるがいい!」
【いいえ】デスピサロ「では おしえてやろう! があああ・・・・・・! おまえたち にんげんと にんげんに しっぽをふる・・・ きたない いぬどもを ねだやしに するためだっ!」



《デスピサロを倒した後》

デスピサロ「ぐはあああああ・・・・・・! からだが あつい・・・・・・。わたしは やぶれたのか? ロ ロザリー・・・・・・・・・。わたしは わたしは・・・・・・。」

わたぼう「ロザリーというのは デスピサロの こいびとなんだ。でも にんげんたちに いじめられて ロザリーは・・・・・・。 デスピサロも かわいそうな ヤツだったかも しれないね。さあ かえろう!」 (タイジュの国へ戻る)

タイジュ王「おお テリーよ! デスピサロを たおしたか! ・・・まおうと なのつくものを たおしてしまうとは・・・・・・!? そなたをほめることばが もう みつからんのう。いっそのこと わしのかわりに このくにの おうとなるか?」


《DQMのデスピサロの紹介文》
しんかのひほうを つかって ちからをてにいれた まぞくのおとこ。

だそうです。なんだか身も蓋もねえな。



【おまけ2・GB版DQモンスターズ2 マルタの不思議な鍵】

《デスピサロの紹介文》

ちからとやぼうを てにするため すべてを すてたものの すがた。

《サイコピサロの紹介文》
なにもかも すべてを おもいだした デスピサロの ほんとうの すがた。


【おまけ3・PS版DQモンスターズ 星降りの勇者と牧場の仲間たち】

《テリーのワンダーランド・ねだやしのトビラ・最下層》


デスピサロ「ぐおぉぉ……!何者だ おまえたちは……!わたしは ピサ… デスピサロ……!まぞくの王として 目覚めた!ぐっ うぐああおおお!!わ…わたしは なにも 思い出せぬ……!しかし わたしが 何を やるべきかは わかっている!おまえに それが 何か わかるか?」

【はい:いいえ】
【はい】デスピサロ「ぬぐあああぁ!…ならば!この日 この時 わが前に 現れたことを 後悔しろ!」
【いいえ】デスピサロ「くっくっ… わからぬか。ならば 教えてやろう!おろかな人間と その人間に かいならされた… きたない イヌどもを 根絶やしに するということだ!こなみじんに してくれる!うぅぅがあああああ!!」


デスピサロ(倒した後)「ぐはぁああ!カラダが 熱い……!わたしは 敗れたのか… これで 終わりか……。ロザリー… わたしは…わた…しは……。」

わたぼう「ロザリーっていうのは ピサロの恋人の 名前なんだ。でも 人間たちに いじめられて ロザリーは……。ふくしゅうのために ピサロは すべてを 捨てた。誰も 悪いわけじゃないけど でも ピサロは まちがってた。テリーは だいじょうぶさ。さあ もう 帰ろう。」(タイジュの国に戻る)


《デスピサロの紹介文》
ふくしゅうのみに いきる すがた。

《サイコピサロの紹介文》
かんぜんな チカラを えた まじん。



【おまけ4・DQモンスターズジョーカー】

《デスピサロの紹介文》

しんかのはてに たどりついた しと はかいの けしん。



画像ドラゴンファンタジー2ピサロザセリフ集

※漢字や『てにはを』の使い方が違う位なので、大幅に変わっているところのみ載せてあります。

それにしてもこの歩行グラ、本家よりカワイイってどーゆーコト!?

DS版の5のキャラもちっとも可愛くないし。キィー!

5は今んとこスルーかな…。第3の嫁候補が追加されるならやるけど。



《ロザリーヒル》

井戸のホビットの女「エルフ達は かつて 南東のサマサという村の近くで 暮らしていました。 けれど その地にも人間が住み始め エルフ達は住む場所を 追われたのです。 かわいそうに……。」


《ロザリーの塔》

スライム「ぷるぷる!ロザリーちゃんを いじめたら承知しないよっ!いじめに来たんじゃないの? だったら良いことを教えてあげる。 北の大陸にあるフィンのお城には 変化の杖があるらしいよ。 その杖を使えば 魔物達のお城にも 入りこめるんじゃないかなあ。」


《フィン城》
ヒルダ(ニセ者を倒したあと)「この世界のどこかに魔族を 束ねる王が住む城があると聞きます 変化の杖を使えば 魔物達の話を聞くことが できるかもしれませんね。」


《デスパレス》

1F真ん中の部屋のオークキング「愚かな人間どもは ザンデを倒したくらいで 浮かれているようだが…… 我らの王 デスピサロ様がいる限り 魔族は滅びぬ!精々 夢を見ているがいいさ」


《デスパレス離れの尖塔内》

2Fオークキング「大昔 我ら魔族のは 無の力を極めた!しかし その存在に恐れをなした 天空の神は 勇者ロトを送り込み 王は闇の世界に封じ込められたのだ。」


《デスパレス離れの地下室》

クラウド「俺の名はクラウド ある男を捜して旅をしている この城にヤツによく似た男が いると聞いてやってきたが どうやら 人違いだったようだな…… なるほど… お前達は クリスタルを求めて 世界中を旅しているのか…… なら お前達についていけば ヤツに会うことができるかもな どうだ 俺と 手を組んでみる気はないか?」

【はい:いいえ】

はい:クラウド「あんた達の旅の目的には 興味はないが ヤツがいる可能性があるなら どこにでも行ってやるさ」
クラウドが仲間に加わった! 

いいえ:クラウド「そうか…… なら 俺は俺のやり方で ヤツの行方を追うとしよう」

見事にピサロとセフィロスのキャラがかぶってるコラボネタですな!


《会議室》

骸骨「う~む。まさか ロトの勇者の件だろうか……。聞くところによると 魔王ザンデに 海魔神グラコスまでもやられたらしい……。」

議長のリザードマン「静粛に!まもなく デスピサロ様がいらっしゃる頃だぞ!」(デスピサロ、バルコニーより現れる!)

ピサロ「聞いてくれ 諸君!たった今 鉱山の都市ナルシェで 大変な事態が 起こった!クリスタルが見つかったらしい!どうやら 人間どもは土のクリスタルを 掘り当ててしまったらしいのだ。とにかく ナルシェだ!土のクリスタルを わが物とするのだ!さあ 行くぞ!諸君も急いでくれ!」
(走り去り、バルコニーからルーラで飛んでいく)


《デスパレス(会議終了後)》

1Fリザードマン「土のクリスタルが 太古の地底から 見つかった!これで デスピサロ様が 進化の秘法を完成させれば…… たとえ 天空の神といえども もはや 手出しできぬであろう!わっはっはっ!」


《ナルシェ炭坑最奥・オリジナルのシーンです》

謎の声「待てっ!」(ピサロ登場)

ピサロ「まさか 人間が我らより 先にクリスタルの元へ たどり着いていたとはな……。だが この私に出会ったことが 運の尽きであったようだ。土のクリスタルの力によって 進化の秘法は完成となる。その力 人間に渡すわけにはいかぬ。我ら魔族の邪魔立てしたこと 死を持って後悔するがよい!」(戦闘突入)

ピサロ(倒した後)「な… 何ということだ!人間に これほどの者がいようとは…。おまえ達は まさか……!?あのザンデを倒した……」

魔物「大変です デスピサロ様!エルフのロザリー様が人間達の手に!」

ピサロ「なにっ!?うぬぬぬぬぬぬ!とにかく引上げじゃあ!」


《ロザリーヒル》

ロザリーの墓標 ロザリー ここに眠る。

井戸の中のホビットの女「不死鳥フェニックスの魔石には 失った生命ですら 取り戻す力があると聞きます。もし そのような物が存在するのなら 亡くなったロザリーを生き返すことも…… しかし 死んだ人を生き返す などということが 本当にできるのでしょうか……?」

シスター「ここから東 サントハイム城の近くに 不死鳥が舞い降りたという 伝説があります。不死鳥とは一体 何を 意味しているのでしょうか……。」


《ダーマ神殿》

ハイン「ほほう… 自力でここまで 戻って来ることができる 人間がいたとは… だがすでに あのお方を強化するために 必要な力は集まった。ふふふふ… 素晴らしいぞ あのお方が持つ闇の力は。その上に この力が加われば もはや 何者も歯向かうことはできん。そして 世界が闇に落ちる日は近い。だが お前達はそれを見ることもなく ここで死ぬのだ!」(戦闘開始)

ハイン(倒した後)「馬鹿な…… あの方から力を授かったというのに…… だが 覚えておけ。私に力を与えたお方の名前は 暗黒魔道士エクスデス様。かつて 勇者ロトによって 封印されし邪悪の化身にして 魔族の真の王であられる。あのお方の前には この私はおろか かのデスピサロですら 利用されるだけの駒に過ぎん。そう…… もうじきにデスピサロが グルグ火山にある火のクリスタルによって 進化の秘法を完成させる。デスピサロは自らの身の破滅と 引き換えに 人間どもを滅ぼすという 望みをかなえることができるのだ。ふふふふ…… お前達に 異形の者となったデスピサロを 倒すことができるかな?……ぐふっ!」


《バロン城》

セッツァー「あんまり遅いんで心配したぜ。おかげで 飛空艇の調整は万全だがな。」

セシル「すまない セッツァー。厄介なことに 巻き込まれてしまったんだ。○○○○達が力を 貸してくれたおかげで助かった。こちらも 借りを 返さなければならないな。」

カイン「ああ それにハインが 言っていたことも気になる。デスピサロを裏で利用しているヤツが いると言っていたな……。暗黒魔道士エクスデスといったか……

セシル「とにかく 今はデスピサロを 止めることが大切だ。火のクリスタルが眠る グルグ火山へ向かおう!

セッツァーが仲間に加わった!

セッツァー「グルグ火山なら ここから すぐ東だな。飛空艇のドックまで案内しよう。さっ ついて来てくれ。


《エスト・ガザ》

司祭「おお 待っていたぞ!クリスタルを持つ戦士達よ。この先のグルグ火山は 火のクリスタルが祭られた地。何やら そこで邪悪な者が 生まれようとしているのを感じるのじゃ。だが グルグ火山へ続く扉は 神秘のカギで封印されている。代々 エルフに伝わるという 伝説のカギじゃ。」

シスター「ああ 何ということでしょう… グルグ火山から とてつもなく 邪悪な気が流れてくるのを感じます。このままでは この世界は 破滅してしまう。早く 誰かが止めなければ!」

個室のシスター「憎しみに 凍てついた心も 真実の愛ならば 溶かせましょう。」


《ロザリーヒル(フェニックスの魔石入手後)》

『○○○○は フェニックスの魔石を 天高く掲げた!』

ロザリー「これは……?今のは不死鳥フェニックス…… では あなた達が私のみたまを 呼び戻してくださったのですね。」

イエティ「うおーん うおーん!ロザリーちゃんが生き返ったー!」

ロザリー「人間の手で再び この世に生を与えられるとは 思ってもみませんでした。心正しき人間もいる…… 私が信じていた通りです。……いけない。ここで 喜んでいる場合では ありませんでした。ピサロ様を…… ピサロ様の野望を止めなければ 世界が滅んでしまうのです!けれど フェニックスの魔石を 手にできたあなた達なら……。もしかしたら ピサロ様の野望を止めることも できるかもしれません。お願いです。私をピサロ様の所へお連れください!今なら まだ 間に合います。そして もしも 私が ピサロ様……いえ デスピサロを 止めることができなかったら……。その時はあなた達に デスピサロを亡き者として欲しいのです。これをお渡ししましょう。私達 エルフに伝わる神秘のカギです。」
なんと!神秘のカギを手に入れた!!

ロザリー「時間がありません!さあ お急ぎください!」
ロザリーが 仲間に加わった!

ホビットの女「不死鳥フェニックスが天へ舞い昇るさま この目で見られるとは 思っても見ませんでした。あなた達ならば きっと この世界を救えましょう。」


《続・グルグ火山最奥(BGM:愛のテーマ)》

デスピサロ「…ロ…ザ…… ……ロ…ロザリー……。」

ルビーの涙が デスピサロの進化の秘法を 打ち消していく!
(効果音、ピキーン!デスピサロが元の姿に戻っていく!)

ピサロ「…………!」

ロザリー「ピサロ様!!」

ピサロ「ロザリー……。ロザリーなのか?ならば ここは死の国なのか……?」

ロザリー「いえ。○○○○さん達が フェニックスの魔石で 私に再び 生命を与えてくださったのです。そして 信じがたいのですが… 私をさらったのは 魔族に人々かと……。」

ピサロ「フェニックスの魔石…… 魔族に操られた……?……人間達よ。おもしろくはないが お前達に礼を言わねばならんようだな。お前達はロザリーと この私の命の恩人だ。素直に感謝しよう。人間こそ真の敵と 長年 思い込んでいたが…… 私は間違っていたのか?……この心が定まるまで 私は村に戻り ロザリーと 暮らすことにしよう。しかし……一つだけ やることが残っている。あいにくかも知れんが 私も行く道は同じだ。しばし 同行だな。」 
ピサロが仲間に加わった!

ピサロ「これを渡しておこう。最後のクリスタルだ 受け取れ。」

なんと!火のクリスタルを手に入れた!!

ロザリー「それでは 私は一足先に ロザリーヒルに戻っています。ピサロ様 どうかお気をつけて……。」

ロザリーは空に向かって キメラの翼を放り投げた!


《ロザリーヒル(ピサロがいる)》

ロザリー「ピサロ様が戻られる日まで お待ちしています。どうか お気をつけて……。」


《ロザリーヒル(ピサロがいない)》

ホビットの少年「嘘じゃないよ!ほんとだよ!塔の中のエルフのお姉ちゃん 生き返ったんだって!」

犬「わんわん!お前達人間が この村に何の用だワン!えっ お前達 ピサロ様の仲間なのか!?それは悪かったワン。」

馬「ヒヒーン!!人間。ピサロ様のこと よろしく頼むよ!ヒヒーン!」

シスター「ロザリーが生きていたことがわかって みんな 元気を取り戻したようですね。」

ロザリーの塔のスライム「ぷるぷるぷるっ!ピサロ様を助けてくれたんだね。ありがとう!!」

ロザリー「どうか 皆様 ピサロ様のことを よろしくお願いします。」



《デスパレス(ピサロがいる・変身しない)》

牢屋食堂のシュプリンガー「デスピサロ様!よかった 生きてらしたんですね!!エクスデスに忠誠を誓う けしからんヤツもいますが 私はあなたの味方ですよ!」

牢屋食堂の骸骨「ひゃー デスピサロ様!俺はあなた以外の方に ついていくつもりはありませんからね。」

1F個室のオークキング「デスピサロ様!誰が何と言おうと 魔族の王は あなたしかいませんからね!」

2F玉座のシュプリンガー「デスピサロ様!生きておられると信じておりました!こうなれば 何としても にっくきエクスデスの居場所を突き止め デスピサロ様の手で ヤツを倒してください!」


《デスパレス(ピサロはいてもいなくても良い・魔物に変身)》

1Fオークキング「デスピサロ様が亡くなり エクスデスとかいう魔道士に 寝返るヤツが出てきやがった!全く おもしろくねえ。」

1F階段前のシュプリンガー「デスピサロ様が亡くなられて 城の雰囲気が変わってしまったな。魔族同士で争うようなことに ならねば よいのだが……。」

1F個室のオークキング「デスピサロ様が 亡くなられるはずなどない。きっと じきに戻ってこられるはずだ!」

1F個室の悪魔「まさか 伝説の暗黒魔道士が 復活しただなんてな……。でも 俺はデスピサロ様以外の相手に 忠誠をちかう気なんて 起きないよ。」

2F玉座のシュプリンガー「デスピサロ様を罠にかけるとは 許すまじ エクスデス!この玉座だけは何としても死守するぞ!」

会議室ミニデーモン「エクスデスとやらを我らの王に しようとしているヤツらも いるようだが…… 我らの王はやはり デスピサロ様でないとな。お前もそう思うだろ?」


《サマサの村》

少女(ピサロが居る)「夢 見れなくなっちゃった……。あれ!?そこのお兄さん 何だか似てるような……?」

じじい「宿屋に泊まると夢には えらいべっぴんさんが 出てくるそうじゃな。何!?もう見れなくなっただと。無念じゃ……。」


《追加パッチ・不思議のダンジョン33階(ピサロが居る)》

エビルプリースト「むっ!お…お前はデスピサロか!?ほう… その顔は全てを悟ったようだな。いかにもその通り!ロザリーを亡き者とし お前の自滅を誘ったのはこの私だ。わっはっはっはっ!この私が憎いか?しかし…あれほど蔑んでた人間と 手を組むとはもはや恥も極まったな。どちらにせよ もう遅いわ。デスピサロよ お前の時代は終わったのだ。」

デスピサロ「……。」

エビルプリースト見せてやろう。究極の進化を極めたこの私の姿を……」(変身する)

エビルプリースト「呪うがいい!真の王者と同じ時代に生まれ落ちた 己の不幸を!」

エビルプリースト(倒した後)「ば…ばかな……。これも進化の秘法が見せる 幻覚なのか……。我こそは……世界を……支配する…… 魔族の王……エビルプリーストだ……!」

なんと!進化の秘法を手に入れた!!



更におまけ 公式サイト天空の城下町 夜のジャンケン

ジャンケン前
デスピサロ「わたしは 人間を みな 滅ぼすことにした。
世界は 炎に 焼かれるだろう。まずは お前からだ!」


ジャンケン後
デスピサロ「わたしは 人間を みな 滅ぼすことにした。
世界は 炎に 焼かれるだろう。」


プレイヤー勝利時
デスピサロ「やはり 進化の秘法を 完成させなければ…。」

プレイヤー敗北時
デスピサロ「もしや お前が 天空の勇者かと 思ったが。
どうやら 違ったようだな。」



以上です。
こんなマニアックな物までお目通し頂き、ありがとうございました!

この記事へのトラックバック