DS版FF4プレイ日記その5(飛空艇改造~決戦の地へ…)

新年一発目のプレイ日記は、いよいよ大詰めです。
DS版で追加されたイベントについてのネタバレもあるため、反転部分有りの何だかムダに濃ゆい内容となっていますなぁ。
バブイルの塔でファルコンを奪取してからの旅、再開です。


その前に前回エブラーナ洞窟で、王子が一人先走りルビカンテを殺りに行ったというのを聞いたリディアが「王子様ってギルバートみたいなのかな?」と言ってたのが笑えます。

さながら金持ち商人・トルネコが“素敵な人”だと夢想していたマーニャみたいに(ププー)


ファルコンを奪取後、仲間が一旦ドワーフの城に戻ろうというので戻ってみると、シドが生還していました!
しかも病み上がりだというのに、飛空艇を改造してくれると言うではありませんか!

シド…役立たずなんて言ってゴメンにょ。

シドの頑張りで飛空艇がマグマの上も飛べるようになり、事実上地底世界全てを回れます。

ククロの家、トメラの町を皮切りに、シルフの洞窟、幻獣の洞窟もカインが居る内に踏破することに。



ボス戦がないからシルフの洞窟から回ったのですが、モルボルやドリームエビルとかウザイ攻撃仕掛けてくるザコ敵が多いので、結構苦戦させられます。

何とか宝箱も全回収し、今度は幻獣の洞窟へ。
レベル上がってるからかもしれんが、こっちのザコの方が楽だな。

幻獣の町でアスラとリヴァイアサンとバトル。
大津波最初の1発しか食らわず楽勝っす。



いよいよ腹をくくって、封印の洞窟に向かいます。

アサルトドアー弱っ!

シルフの洞窟でゲットしたアヴェンジャー(バーサク状態になる剣)をカインに装備させとくと、バカ強な上、ターゲッティングされてディメンション9を発動される前に殴りまくってバトル終ー了ー!

けれどこの洞窟で警戒すべきなのは、ブレイズ連発が凶悪なキマイラブレインです。
2匹出て来たら、あっという間に全滅寸前まで追い込まれるので、アイス防具必須。



結構長いダンジョンを歩かされまくり、ようやく最後の闇のクリスタルゲット!

アレ?ボスキャラ居なかったっけか?
…と思いきや帰路に就こうとしたら壁が迫ってきました!

スロウ&バーサク+ヘイスト殴りで、攻撃を一切食らわず終了。

アレアレ?いつカイン裏切るんだ?装備引っぺがそうと思ってたのに(爆)
壁戦終了後のカインの心情が、再裏切りフラグムンムンなんですよ(笑)

テレポも出来ん不親切ダンジョンなので、ダラダラ引き返します。

出口間際で遂にイベント!

カインが闇のクリスタルを奪い、再びゴルベーザの元へ…!
カイーン!!!!!(泣)



失意のままドワーフの城に戻ると、シドが今度は飛空艇にドリルを付けてくれ、王様はミシディアに行けと言います。

このまま月に行くと取り返しの付かないことになるイベントがあるので、先ずは地上に戻り、ヤンの奥さんにフライパンを貰い、アダマンの洞窟でしっぽオヤジにネズミのしっぽを渡す。

そしてククロの家に行きアダマンタイトを渡しておき、4人でシルフの洞窟に再度潜り、ヤンを叩き起こし召喚獣シルフゲット!

奥さんにフライパンを返し包丁を貰う。
包丁は2周目以降に持ち越せないので、心おきなくラスボスに投げることにするよ!



心残りが無くなったので、ミシディアに行き魔導船復活!
OPで謎かけのように語られた詩文は、魔導船復活の一節だったのですねぇ(理解力無さ杉)

SFC版ではエビフリャーにしか見えなかった魔導船も、カッコ良くなってます(笑)

『ひきつける』のデカントアビリティをヤンにあげてしまうという地雷を踏んでしまったため、月でのバトルは苦戦必至ですが、ローザを徹底的に庇わせ、カウンター狙いで進めてゆきます…。

ようやく月の民の館に辿り着き、フースーヤ加入。
セシルの出自についての一端が明かされます!

それにしてもフースーヤ、なんか劣化してね?
しかもレベル上がっても能力値一切上がらんし。

SFC版ではフースーヤが居る内に幻獣神の洞窟に行くんだけど、カインが戻ってから行くことにするよ…。



魔導船に乗って地球に戻ると、バブイルの塔から巨人が生まれようとしていました!

ここのイベントは、離脱した仲間達が団結して巨人を食い止めようとするムービーが中々の見ものです。
ヘタレギルバートが一個師団を率いているのを見ると妙に感慨深い(笑)

バブイルの巨人に突入!

敵のビーム攻撃が強烈ですが、ダンジョン自体は広くないので、セーブポイントまでとっとと辿り着き、四天王全員とのバトル!

…ルビカンテのかえんりゅう以外はそんなに強くないなぁ。
リヴァイアサンでカンストダメージ初めて叩き出したのを見ました。

次の球体×3が凶悪らしいので、手裏剣を5個ほど買っておき、セーブして制御システムへ。



この敵はヤバイ!迎撃システムのレーザービームで、セシルとローザ以外瞬殺です。
レイズなんてやってる暇はありません。

エッジを優先的に復活させ、手裏剣投げまくり。
何かとエッジを酷評する管理人ですが(だってエッジ好きくないもん)、このバトルで初めてエッジが大活躍しましたYO!

手裏剣4個投げて迎撃システムを沈めたら、後は全員を生き返して、召喚魔法を中心に制御システムを潰し、最後に防衛システムを殴って終了。

マジツカレタ。



そしてこのゲーム最大の見所とも言える怒濤のイベントです!
ネタバレ有りのため、反転して下さい(良心が痛んだので、闇文字仕様にしておきますね)

ゴルベーザの正体がフースーヤの口から語られ、更にゴルベーの口からも、セシルに抱いてきた憎しみと己の罪が語られるのです!!!!!

兄の真の名はセオドール、母の名はセシリア。

月の民として強力な魔力を持つ父クルーヤは、地上の人々に魔法や飛空艇技術を教授するが、それを良しとしない地上の人々が、クルーヤに恩を仇で返す行為に及んでしまう。

その時、セシリアのお腹の中には、セオドールの弟か妹の命が宿っていた…。

間もなく病弱な母・セシリアはセシルを出産するが、無理がたたって命を落としてしまう。

父と母を立て続けに喪ったセオドールは失意の果てに、幼き弟・セシルをバロン王国の傍の森に置き去りにしてしまうのだ。

そんなセオドールの心の闇につけ込んだ月の民・ゼムスは、セオドールにゴルベーザと言う名を与え、地球征服の手駒とする。

ついでに幼きセシルとカインとローザの一コマも語られますが、カイン、ヤなガキだなぁ(笑)




ゼムスの呪縛が解けたゴルベーザはゼムスとの決着を付けに、独りバブイルの巨人を後に。
ゼムスを滅ぼすのが月の民の使命とばかりに、フースーヤもゴルベーザの後を追う。

崩れゆくバブイルの巨人!ぬおぉ!脱出口は何処だ!?

そこへ現れたのはカイン!
また裏切るつもりなんじゃないだろうなとエッジ。
ホンマコイツ役立たずのくせにムカつくわ。

その時は俺を斬るがいい。
カインの究極にカッコイイ科白キタ━━(゚∀゚)━━!!!!!
子供の頃の管理人は、この一言に撃ち抜かれたのでゴザイマスよ!!!!!

脱出後、男3人だけで月に行くというセシル。
やだよ、こんな殺伐としたパーティ(笑)

けれどローザとリディアは魔導船にこっそり隠れており、回復魔法無しで行けんのかとセシルを叱咤する。

女は強し。



とまぁ濃ゆすぎるイベントが一通りしたところで、今回は終了です。
取り逃しているアイテム等がまだまだありますし、狩りもしたいので、まだまだクリアーは遠そうです。



これまでのプレイ雑感(書き忘れ)

カインって左利きじゃなかったっけか?
左利きのカインが好きなのに~_| ̄|○


デカントアビリティ・習得メモ

フースーヤ:おもいだす、しらべる
セシル:がまん、レベルハント
リディア:アイテムの知識



続きアップしました。
コチラです←クリック

この記事へのトラックバック