TOD・DC リオン編 プレイ日記その5(第2部スタート~悪夢の始まり)

TODディレクターズカット・リオンサイドプレイ日記その5は、第2部スタートです!
え~第2部になってバトルに余裕が出来た分、寄り道ばっかしてたらアップが遅れました。サーセン。
後半特にネタバレ度が高くなりますのでご注意下さいませ。


スタン達と別れて2ヶ月の時が流れていた…。
リオンは新たな任務に就くため登城する。

先の争乱で地に堕ちたストレイライズ神殿復興のため、高名な司教総本山無事護衛すべく、リオンは隊長候補として挙がっていた2人の兵士を供に付け、しかも彼らの査定を任される。

一人は言動に問題あるが情に篤いスタンタイプの兵士。
もう一方は冷静沈着で任務最優先のリオンタイプの兵士
である。
名前忘れたので、こう記すことをお許し頂きたい。

先に2人を派遣し、リオンも高名な司教を迎えにハーメンツの村に向かう。



久々にシャルとの2人旅ですv

チャットがラブラブモード全開で、シャルはしきりとスノーフリアの温泉に行きたがります。
温泉で何かイベントがあるんでしょうかねぇ?(あるんだよな、コレが)

敵はオープニング直後と全く変わらないので、調子に乗って難易度をHARDにしてみた(ry

超ザコ敵の筈なのに、スゲーHP高いよ!
こんなん、スタート直後でまともに戦える上級者たち凄すぎ…orz

けど、ブラストゲージがすぐ貯まるので(そーゆー装備やら設定にしてるんだが)、1戦闘に1回ぼっちゃんの秘奥義カットインが見られてウッハウハ☆



ハーメンツの村に到着すると、高名な司教様のお供が病に伏せっていた。

今日中にストレイライズ神殿総本山にお連れせねばならんのだぞ!
任務を最優先させ強行軍を敷こうとするリオン兵士。

病人を無理に連れて行くのか!
任務より人命が大事だと云うスタン兵士。

リオンは村の成金男に病人の看病を命じ(弱味握ってるんか?)、任務を続行する。



道中ストレイライズの森神殿が見える小高い丘で、疲れたと言う司教様を休ませるべく休憩を取る一行。

休ませるまでにもスタン兵士とリオン兵士の間で、ちょっとした意見の食い違いがある。

マターリしていたら、リオンの背後にモンスターが!
後ろは崖で絶体絶命のリオン!


スタン兵士はリオンの助太刀をしようと言うが、リオン兵士は司教の身に危険が及んだらどうするのだ!とここでもまた…。

リオンは2人の兵士と司教を逃がし、余計なギャラリーが居なくなったら存分に戦える!と、モンスターと戦闘。

ここでHARDモードにしたまんまだったので、初めて全滅しました…_| ̄|○…調子に乗りすぎました。

リトライ出来て難易度変更も出来るのですが、戦歴とかメモられてたらイヤなので、ソフトリセット(コレ出来ると有難いよな)して、難易度をノーマルにしてやり直しました。トホホ。



勘が働いたので一旦セーブして、無事司教様を神殿まで送り届け、リオン一行は城に帰還。

王はどちらが隊長に相応しいか、リオンにジャッジを求めます。
セーブしておいて良かった。

話の流れ的にスタン兵士選べと言うのが目に見えたので、素直にスタンを選んでみます。

リオンは「彼になら背中を任せられる」最上の褒め言葉を述べました。
まるでスタンに語りかけているようにすら見えますよコレ!

ボイス付きで気になるので、別スロットにセーブ後、再ロードしてもう一方も選んでみましたが、通り一遍のコメントでスタン選んで大正解でした!

まぁ初めてやるなら両方見といてもいいですがね。



こっからかなりネタバレイベント

屋敷に戻り、マリアンの手料理に舌鼓を打つリオン。
料理長が倒れ、しばらくはマリアンが手料理を振る舞ってくれるという。

翌朝、買い出しに出掛けようとするマリアンに、リオンは一緒に行こうと誘います。

ダリルシェイド中の店という店を廻り、その様子はデートにしか見えませんv
リオンはマリアンの労働が意外と大変だなとこぼします。

買い出しが終わり、港でくつろぐふたり。

マリアンはリオンの長い不在の間、リオンが背丈だけでなく、ひとまわりもふたまわりも大人になって帰ってきたことをしみじみと呟き、リオンを一人前の男性として認め始めました。
そして…。

私はもうエミリオとは呼びません。
リオン・マグナス様とお呼びいたします。


工エエェェ(゚Д゚;)ェェエエ工!!!??絶縁状叩きつけたかとオモタ!!!!!

リオンは体中に震えが走ります!



リオンの願いはただふたつ。

父・ヒューゴを越えること。
そして、マリアンと同じ目線に立つこと…。

マリアンだけでなく城の誰もが皆、リオンを“ヒューゴの息子”ではなく“リオン・マグナス”と認めたことで、リオンの願いが叶った
のです。

この震えは喜びなのか…!?
リオンはシャルティエに問います。

シャルティエはリオンを祝福し、以前言ったようにぼっちゃんは欲がなさすぎるから、これからはもっと自分に正直に生きていけばいいと励ましました。



翌朝、またも城から呼び出しが…。

さっくり無視し、自分に正直に生きるべく(笑)ここでシャルを温泉に連れて行くことにしましたw

ハーメンツの村の南にある国境の町・ジェノスは、ファンダリアとの国交が回復した今、ようやくファンダリア方面に歩いて行けるのです。

こっから敵が強くなるので、HARDモードは止め(笑)ハイデルベルグ、サイリルなどで旧友たちに会ってみたり。

そしていよいよスノーフリア!港にはジョニーが居たりもしましたが(アクアヴェイルの大使をフェイトにやらされているらしい)、セーブして温泉に入ってみると、ぼっちゃんが…!!

ここはご自分の目で見て頂きたいので、描写は控えます(ニヤリ)
足を伸ばす甲斐のある恥ずかしいイベントですwww



ひとしきり遊んだので城に戻ると、東の町・クレスタ見たことのないモンスターに襲われたそうで、調査に行けとのこと。

クレスタと云えば、ルーティの孤児院があるじゃないですか!
ルーティと会えるのかな?

ワクテカしながら出掛けると、ルーティは不在。残念。

子供達が言うには、北の海辺で遊んでいたら見たことのないモンスターに襲われたそうで、対岸には古い建物が見えるとのこと。

早速出向いてみると、ヒトデのモンスターやら何やら、やはり見たことの無い敵ばかり。
対岸の建物って…オベロン秘密工場の悪寒…(正解でちた)



モンスターを全て掃討し、ダリルシェイドに帰還すると、日もとっぷり暮れていました。

城に報告も済ませ、後は屋敷に戻ってマリアンに膝枕…(マテ)

屋敷に戻ると人気が全くしません。
訝るリオンは、いの一番にマリアンを捜そうとします。

ヒューゴの部屋に入ると、背後から人の気配が!?

振り向くと黒いローブに仮面を付けた何者かが、4人でリオンを囲んでフルボッコにしようとしていました。



そう。ここからリオンの長い、長い悪夢が始まるのです…。



え~、こっから先も結構進めたんですが、とことん鬱展開で気持ちの整理もしなければならないので、一旦ここで切ります。

焦らしプレイですんまそん(鬼)ご静聴ありがとうございました!

ひょっとすると次回で、リオンサイドの最終回かもしれんです…。しくしく…(;_;)


最終回アップしました!
コチラです←クリック


プレイ日記その1はコチラ←クリック

プレイ日記その2はコチラ←クリック

プレイ日記その3はコチラ←クリック

プレイ日記その4はコチラ←クリック

この記事へのトラックバック