TOD・DC スタン編 プレイ日記その8(クレスタ襲撃~ソーディアン研究所)

TODディレクターズカット・スタンサイドプレイ日記その8は、ミクトランが復活しフルボッコにされ、命からがら落ちのび、失意の中、更にクレスタが襲撃されたという伝令を受けた所からスタートです!


クレスタに辿り着いた一行は、ルーティに急かされ大急ぎで孤児院に向かいます。

図体のバカでかい球体状のモンスターが、今まさに子供達に手を掛けようとした間一髪の所で間に合い、モンスターを難なく蹴散らします。

間に合って良かった…。

ルーティは子供達が気がかりなので、孤児院に残ろうかとも考えましたが、子供達の無垢な言葉に励まされ、パーティに残留。

オイオイ、ルーティに抜けられたら困ると本気で焦ったぞ。

ヒューゴとリオンの所為で世界は闇に閉ざされてしまったけれど、彼らに残された最後の良心の欠片のお陰で何とか生き延びてきたの。

ルーティは現状をかみ砕くように子供達に説明すると、子供達は無邪気にこう言うんです。
その人たちにありがとうって言わなきゃね!

ルーティはその言葉で救われたのです。



しかしまたも伝令が。
今度はダリルシェイドが襲われている!

一行はとって返し、モンスターを退治。

何とか掃討し、疲労困憊の一行は宿屋で休息を取ろうとするが、ディムロスは遂に弱音を吐き出す。

もう駄目だ。天上に上がる手段がないし、どんなに足掻いてもミクトランには勝てない…。

ミクトランが放った言葉、「似而非(エセ)ソーディアンマスター」の一言が胸に突き刺さっていたのだ。

ソーディアンと使い手の精神が同調しなければ、ソーディアンの真の力は発揮されない。
千年前の天地戦争時は、ソーディアンとマスターは同一人物だったが、今は違う。

ましてやミクトランはベルセリオスを乗っ取り、自分の人格をコアクリスタルに上書きしてしまった。



その事を黙っていたディムロスに、スタンの怒り爆発!!

諦めるのか!?無責任なこと言うな!!
何とかするんだよ!俺たちの手で!!

そして表に出、天上に向かって叫ぶ!

何年かかろうと、必ずそこまで行ってやる!!
必ず思い知らせてやる!!覚えとけ!!!!!


ごめんディムロス。
俺、頭悪いから聞き分け悪いんだ。

だからどれだけ無理だって言われても納得できない。
俺の大切な人たちがいる、この世界を……守りたい。

俺が頼りにならないんだったら、もっと鍛えてくれよ!遠慮するな!!
俺は元のマスターだったおまえ自身に近づきたい。
俺たち…パートナーだろ?




ラディスロウから命からがら逃げ延びたレイノルズが意識を取り戻した。

何と、レイノルズも諦めてはいなかった!

リトラーから助言を得、外殻に風穴を開ける“集積レンズ砲”の設計図を書いていた!
更に、壊れた飛行竜を再生する方法までリトラーから授かっていたのだ!

ジャンクランドにある“ベルセリウム”というレアメタルが必要らしい。

ベルクラント(破壊兵器)、ベルセリオス(ミクトランの持つソーディアン)、ベルセリウム(レアメタル)と読んでてもややこしいっすね…。サーセン。



更にもう一つ重大なミッションを科せられる。
ソーディアン研究所に赴き、ソーディアンを強化せよとのこと。

その施設は先の天地戦争で土に埋もれていたはずだが、ベルクラント攻撃の余波により、地中から姿を現したらしい。

何という僥倖!

僥倖は更に続く。
マリーのダンナ・ダリスが、グレバムの乱で城を襲ったドラゴンを改造して、飛行竜に仕立て上げたのだと云う!!

ひょっとしてやっと飛べるの!?
ディスカバリーの旅キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!!!!



と言うわけで、しばらく寄り道の旅を満喫してました♪
寄り道こそ我が人生ですんでw

ディスカバリーしたり、フィールド宝箱漁ったり(やっとこさエッジマテリアルゲット!)、沈没船でスフィアレンズ集めして、現時点で作れる最強防具を順繰りに作ったり、取ってない称号貰ったり、温泉イベント見たり♪

温泉イベントはそこはかとなくエロくて、妄想族になってしまいますねぇ(笑)
男女共に必見です!



トウケイ領シャルティエが剣として不本意な扱いを受けていた真実も判りました!

処刑用(斬首)に使われていたというのです。

それを10年前、前大王・シデン領主(ジョニーの父親)にシャルティエを宝剣として奉納しようと進言したのがジョニーだったのです!

故にシャルティエはジョニーに多大なる恩義を感じていたのですね。

この話聞いた時、正直ショックでした。
そして、今作での余りにも細やかなバックグラウンドの補完に涙が出そうでした…。
TODってこんなに深い話だったのだ…と。



いい加減ストーリーを進めましょう(2ヶ月くらい経つけど、この日記いつ終わるんだろーか…)

ソーディアン研究所は、ダリルシェイドのすぐ西。
飛行竜で目と鼻の先です。

入るとマグマが渦巻く火山系のマップ。
けれどミックハイルを抜けてきた猛者ならば、この程度のダンジョン、ぺっちゃらぷーです。

炎属性のスタンとはどの敵とも相性が悪いので、チェルシー操作で雨あられ~!ってヤツ連発しまくると、あっという間に終わってしまいますな。

スタンを外すなんてフツーじゃありえんので、ここでスタンをサポートに回して、ハーブ類をレベルアップして貰いました。



奥までさっさと行くと、いよいよ最終試練です。
ソーディアン強化装置に入って、ディムロスとの対決!

PS版では剣のディムロスと対決でしたけど、今回は青っ髪ロン毛兄さんとのガチバトルっす。
ディムロスは絶対赤毛だと思ってたんだけどね~(遠い目)

このバトル、難易度ノーマル以上でアイテム使わず勝利すると、レアガントレット貰えるらしい。
そりゃー頑張ってやるしかない罠。

一度魔王炎撃破の連発フルボッコ食らってやられてしまったので、アイテムも減ってないしリトライ。

技設定をいじって、しっかり勝ちました。
これで秘奥義その3も解禁ですわ!

試練を乗り越えたスタンは、ソーディアン・ディムロスと一体化…ではなく、人格がそれぞれ異なっているからこそ、無限の可能性が秘められているのだと気づき、決意を新たにするのでした。

1+1=1になるのではなく、1+1=∞(無限大)ですね!



さぁ!お次は毒ガス吹き出すジャンクランドだ!

…気乗りしないので、またも寄り道中~(オマエ、終わらせる気無いだろ!)



やっとこさ続きアップしました!
コチラです←クリック


スタンサイドプレイ日記その1はコチラ←クリック
(1を読んで下されば、続きはコチラ…とリンクが貼ってあります)


リオンサイドプレイ日記その1はコチラ←クリック
(1を読んで下されば、続きはコチラ…とリンクが貼ってあります)

この記事へのトラックバック