斉藤さん&喜多善男 最終回 感想+次クールのドラマ予告を見て

続々最終回迎えてますね。
感想参ります。

斉藤さん 最終話 さよなら、斉藤さん

今期珍しく拡大枠の最終回でした(多分薔薇もだろうけど)

…拡大枠要らねぇ~。

ただダラダラと(斉藤さんの一方的な)お別れの儀式のために無駄なカットを費やし、つるののくせに生意気だ!と思わされただけ(爆)

“ドルチェ”はデザートのことだって一般人に分かるかっつの!
私は『バンビ~ノ!』を熱心に見てたから、つるのにエラソーに講釈垂れられんでも知ってるけどさ。


良かったのはDQN高校生が更生したことかな(笑)

市議会議員の息子「達者でな」

斉藤さん「達者でなって…使わないよ。アンタたちがジジイだよ」

ここは吹かせてもらいましたw


ラストシーンも紙コップのくだりは良かったです。

斉藤さん、一生の不覚!って感じで。
真野、してやったり!


全体的な感想

正直どのキャラにも感情移入しづらかったので、イマイチのめり込めませんでした。
まぁ斉藤さんが己が正義を貫くために、ジムでしっかり鍛えてる姿は素直にカッコイイと思いますけど。


唯一好きなのは真野のダンナ(佐々木蔵之介)でした。
飄々とした中にも、時にズバリと核心を突く言葉を放って、おおおー!と感心することが多かった。

蔵サマをスパイスとして巧く利かせてた回は面白かったです。

それと勤労女子高生たちが結構的を射た発言をして、どんどん良い味を出してました。


あと、佐原先生がメインの回(第8話←クリックで飛びます)は泣けました。



あしたの、喜多善男 最終話

火曜日は何だかんだ云ってコレをちんたら見てまして。(ハチクロは結局BGMで空気状態なので感想全く書けません)

ラス前のやりとりからラスボスというか黒幕は要潤と解ってましたけど、その捕物帖シーンの生瀬は良い!相方も(・∀・)イイ!!

アンドリュー・ワイエスの画の世界を再現したあのシーンもヤバかった!
美術さんGJ

善男ちゃんと平太さんの屋根でのシーン、しのぶが朗読した台本の台詞も良かった!


龍平と翔太、松田兄弟の対決は、やっぱり兄に軍配でしょうね。

期せずして、それぞれ善人によって改心させられる役回りですが、龍平(平太)の方が改心するまでの過程に説得力があるので。

翔太クン(役名:直哉)は、とことん慎吾ちゃんに甘えて金の無心しまくってるしな~(^ω^♯)ビキビキ



全体的な感想

しのぶを連れ回した温泉事件前後はダラダラして退屈だったけど、三波さんが生きていると判ってからは目が離せない展開に!

それに何せBGMが心地よい
本職の人の弾くジャズピアノは音色が全然違ってヤバイよ!

視聴率云々気にせずに、マイペース貫いた良作だったかも。
再放送は多分入らないだろうから、見れて良かったです。

最後の提供アイキャッチが全部カレー食うシーンなのに吹いた`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
カレー食いたくなるじゃないか!(このクールのドラマ、カレーばっか。薔薇といいエジソンといい…)

…昨日、昼はカレーライス、夜はスープカレー食いました。
どんだけカレー好きやねん、私。



次クールの予告

次クールの火9『絶対彼氏』(マンガ原作で、一見パーフェクトなカレシだけど、実はアンドロイドという結構痛い内容)だそうです(^^;)

しかも【レガる】という造語を生み出した、もこみち&相武紗季だって。
…最近相武紗季は低視聴率女優と囁かれてるし、大丈夫か?

脇がイケパラなので、初回は見そうです。


火10は全くそそられないキャスト(マチャアキ、夏川結衣、チュートリアル徳井)なので、見ないと思います。


水10は上戸彩主演『ホカベン』

…上戸彩に弁護士役なんて、またも身の丈に合わない企画をやらすなぁ。
ホテリアーなんて見てて相当苦しかったぞ。

コケるのが目に見えるなぁ…。
この枠は期待値高いし、脇がしっかりしてるから何とかなるか?

これも初回を見て決めるつもりです。

この記事へのトラックバック