TOD・DC スタン編 プレイ日記その4(ヒューゴの長演説~空中都市へ…)

うっひゃー!半月も放置してスミマセン!(土下座)
TODディレクターズカット・スタンサイドプレイ日記その4は、リオンの死や余りにもめまぐるしく起こった出来事に打ちひしがれる所からスタートです!(それ故中々進まなかったというのもあります…)


飛行竜で突撃もあえなく失敗し、ダリルシェイド付近に墜落した一行は、態勢を整えるべくダリルシェイドに向かう。

すると突如ヒューゴが全世界の民に向け、世界征服宣言(身も蓋もない)を長々とおっ始めやがりました。

超要約すると、地べたを這うしか能のない地上の民は、天上人に支配されて当然なんだってさ。

ヒューゴの長口上の口ぶりは、クレメンテ老曰く「あやつのようじゃ」とのこと。
あやつとはまだまだ出て来そうにないミックさんのことですわ。

スタンはリオンの仇を討つ!と気合いを入れ直すが、このPS2版、BLモード全開故、事ある毎にスタンがリオンリオンうっさいですw
PS版ではリオンの仇を討つなんて、スタンは一言も言ってなかった気がするが。

スタンがリオンリオン言う度に、ルーティの表情は曇ります。
それに気付くのはマリーだけ…。



何としてもダイクロフトに向かいたいが、飛行竜でもダメ。

手だてはないものかと考えあぐねていると、クレメンテから聞き慣れぬ声が漏れ出てきたぞい。

かつての天地戦争時代、地上軍総司令だったリトラーが、クレメンテに搭載された通信機能(そんなんあったんかい!)で語りかけてきたのです。

ラディスロウに来い、と。

ソーディアンの面々は、リトラーもこの時代に生存していたことに驚くが、ラディスロウを浮上させれば、ダイクロフト到達も可能!

一行はラディスロウに向かうと、立体映像化されたリトラーから、浮上させるための“Rキー”というアイテムを取ってこいと指令を受ける。

それはリーネ村のすぐ傍の海に面した遺跡にあるとのこと。



ここでようやく海竜を動かし、色んな所に寄り道ができます。
ジョニー仲間にならんのかと思い、アクアヴェイル三国を漫遊してみるが、ジョニーもフェイトも姿が見えん。

リアーナだけはおり、とあるキャラのとある称号を付けて話し掛けると、ジョニーがどうして“道化”を装ってるのかの昔話が聞けたりします。

ジョニーやっぱステキ(*´Д`)ハァハァ
リオン亡き後、ジョニーしか萌えられんよ(スタンはいい奴だけど、萌えとは違うしなー)

目的地のすぐ傍のリーネ村にも寄ってみるが、アクアヴェイルにせよリーネにせよ、町の曲までも暗くていちいち滅入るわー。
唯一海竜乗ってる時だけは暢気な曲なので救われるのだが…。



いい加減目的地の神殿に向かいます。

入口でもスタンはリオンの仇!と息巻き、ディムロスはそれを諫め、ルーティは空元気を続け痛々しい。

ここではソーディアンが鍵となるため、4人のマスターの内スタン以外の3人を順に残していかねばなりません。

ウッドロウ→フィリア→ルーティの順に残して更に奥を目指します。

ここでもボスがしっかり配置されてて、皮肉にもリオンが神の眼を奪った施設のボスと同じ奴でした。
天地戦争時代の遺物かもしれませんね。

回復キャラが居ないからアイテム使いまくり。

無事Rキーを手に入れ、残してきた仲間の元に帰る前に、マリーがスタンにルーティを気に掛けてやれと忠告します。

神殿から出るとヒューゴの野郎がベルクラント2撃目!
益々フィールドが暗くなる…。滅入るわ~。



ラディスロウに戻り、リトラーにRキーを託すが、すぐには飛び立てないらしい。

一行は待機命令を受けるが、遂にルーティがブチ切れ、チェルシーに八つ当たりし、部屋を飛び出してしまう。

即ルーティを追うスタン。

ルーティは胸の内を告白する。

ヒューゴが父親でリオンが弟という実感が正直全く湧かず、リオンの死もスタン達のように涙を流せなかった私は血も涙もない冷血女だ。

実はリオンは生きてて、取り乱すスタンや私を見て陰で嘲り笑ってるんじゃないかとまで言い出す始末。

けれどスタンは誰に対しても決して相手の人格を否定しないんですよね。
ホンマスタンいい奴だよ!

そして遂にルーティは、心の奥底にひた隠しにしていた想いを吐き出してしまうのです。

あたしどうしたらいいの!?
あいつのこと大嫌いだった!一緒にいた時間なんてごく僅かだったのに!
何でこんなに苦しいのよ!何でこんなに動揺してるの!?


ねえスタン教えてよ!何でなの!?

スタンは何も言わずルーティを抱きしめ、最後に一言だけ言うのです。

一緒に悩もう、あいつのためにも。

ルーティは堰を切ったように泣き出す。
辛かったね、ルーティ…。

このシーンは不覚にもかなりウルウルきました(´;ω;`)
PS版よりもずっとスタンとルーティの距離の縮み方が自然だ~v



ラディスロウがいよいよ浮上!ダイクロフトに突入だ!
ラディスロウって赤いんだ。へー。

…と思いきや、ダイクロフト守護竜がしっかりガードしてやがり、またも撃墜されてしまう。

リトラーが言うには、たとえ守護竜が居なかったとしても、鏡面バリアー(結界みたいなもん)が張ってあって、それを解除しなければ手を出せないらしい。

その為には空中都市を経由し、各ミッションを遂行せねばならない。

守護竜制御装置の破壊
鏡面バリアー破壊エネルギー確保の為、イクティノスの機能回復
飛行装置の確保


空中都市の名前がややこしくて、一気に言われてもサパーリワカランよ、リトラー指令…(PS版の攻略本はあるけどさ)
PS版もこの辺から全くやる気が出なくてねぇ(遠い目)


大した進んでないけど、ここから先はひたすらダンジョンめんどいとばっか愚痴りそうなので、一旦ここでアップします。


続きアップしました!
コチラです←クリック


スタンサイドプレイ日記その1はコチラ←クリック

スタンサイドプレイ日記その2はコチラ←クリック

スタンサイドプレイ日記その3はコチラ←クリック


リオンサイドプレイ日記その1はコチラ←クリック
(1を読んで下されば、続きはコチラ…とリンクが貼ってあります)

この記事へのトラックバック