映画『それでもボクはやってない』感想+今日の日記

今日免許の更新に行ってきました。
講師が早口で何言ってるかワカランから眠かった~。
つーか殆ど寝てたけど(マテ)
ようやく溜め込んだ録画映画の最後を飾る『それでもボクはやってない』を観たので感想をば。


コレはスゲェ映画でした。

裁判を傍聴した事があるわけではないし、当然留置所送りにされた事もないので迂闊な事は書けませんが、物凄く設定がリアルで、留置所のシーンといい、法廷シーンの遣り取りといい、ゾワゾワ来る映画でした!!

他の法廷ドラマの薄っぺらい事(ノ∀`)アチャー

鬱々とした内容ながらも、事件現場の再現検分をしたり、証人集めに奔走したりと、ひょっとすると逆転裁判もあり得るのか?といったドキドキ感もあり、2時間以上の長編でしたが息をつかせぬ内容でした。


視聴後のカタルシスを得られるような結末ではありません。
それ故、この作品に嫌悪感を覚える人も少なくないかもしれません。

けれど、安易にハッピーエンドにしなかった事に、日本の裁判制度や国家権力の横暴さ・杜撰さを考えさせられる内容で、地に足の付いた作品でした。


役所広司はやっぱり上手いよ!

あんな難しい訴訟・裁判用語を、台本の台詞としてではなく、法曹人の言葉として聞こえるように言ってますから!

観たら消そうと思ったけど、消せなくなりましたわ。




今日の日記

免許の更新に行った後、1年ぶりに画材を買った。(いつも買い込んでいるのだが無くなった上、色々と不運が重なりまして描き渋ってましてねぇ)

そろそろリハビリしないとマジで描けなくなりそうで…。


それからマニアックなうまい棒売ってる店にも寄って、ぶたキムチ味牛タン塩味を買ってきた。

取り敢えず食った事無いやつは全部試します(笑)
ダントツに好きなのは昔からめんたい味ですが!!


アハハ、うたばんに羞恥心出てるよw他局なのにw
バッテリーはもう見ちゃったので、これから感想書いてアップします☆

この記事へのトラックバック

  • それでもボクはやってない

    Excerpt: タイトルが全てを言いあらわしてた感でしたね。 さすが、周防正行監督。 シリアスで重いテーマだけど、ぐいぐい惹き込みます。飽きさせません。 それはそれは丹念に調べ抜き、日本の裁判制度が抱え.. Weblog: のほほん便り racked: 2008-04-11 09:30