篤姫第16話『波乱の花見』感想

今日はバカ殿に始まってバカ殿でシメでした(笑)
いやぁ中身も濃かったですね!感想参ります☆


いつぞや所望した新しい火鉢をゲットした家定公はご満悦。

せんべいがうまく焼ければ御台の件、考えても良いですって!
おやおや上手く焼けたじゃないですか。

しかし試食するなりバカ殿ご乱心!

あちー!せんべいの分際でわしの舌を焼くとは、手打ちにしてくれん!!

大人げなくせんべいを踏み砕き、退座してしまいました。


斉彬様は床に伏せっていた事もあり、篤姫の御台輿入れが中々進まない事で、一計を案じます。

全快祝いとかこつけて、一番のうるさ方・水戸の斉昭公を花見に招き、篤姫と対面させようとしたのでございます。

篤姫が史書を好み、水戸光圀が編纂した『大日本史』も精読していたであろうし、勝算があったのでしょうね。

更に斉昭が編集し直した版を、小の島(佐藤藍子)が持ってきました。

花見の席までにこれに目を通せとの殿のお達しでしょう。
姫様は寝る間も惜しんで大日本史を読みさらいます。


花見の当日、篤姫は鬼教官幾島の教育が行き届いた素晴らしい挨拶を交わし、面を上げるなり、斉昭を初めとした来賓は、その美しさにハッとします!

そして篤姫は大日本史の初版と改訂版の事をひとしきり褒めた後、遂に核心に触れる話題を切り出してしまう!

斉昭様は攘夷をせよと仰いますが、西洋からも学ぶべき点がありませぬか、中途半端な方にお伺いすると中途半端な答えしか返らない、と。

その前に、斉彬様と西郷どんの会話でも、夷敵を排すると云う事は、弱った国を見殺しにするのと同じだと言う会話がありましたが、篤姫も全く同じ考えのようですね。

そのあまりの率直な物言いに斉昭は機嫌を損ね退席しようとするが、ふと振り返り、誰もがわしを恐れ腫れ物のように扱う者ばかりの中で、わしにかような物言いをしたそなたは面白い!と大絶賛!

ふたりきりでゆるりと話をしようと、一時はどうなるかドキドキしてしまいましたが、斉彬様同様、篤姫のストレートな物言いに骨抜きになってしまい、大奥を取り仕切れる器だと大絶賛なのでした~。

幾島も斉昭の好物(桜餅)をしっかり用意し、ナイスフォローをしておいででした。


斉昭と大日本史の話が弾んだその晩、篤姫は斉彬様に大日本史の改訂版を下さった事にお礼を申し上げますが、小の島はそれは奥方様ですと言う。

そう、英姫様が表向きは島津家の恥とならぬように多分本心では姫様の為に手を回してくれたのです。

斉彬様は篤姫に、英姫が心を閉ざしたのは、斉彬様の思いが強いからだと諭され(篤姫、ナマイキ~!)英姫の元へ。


ここでの会話も良かったのよねぇ~。
頑ななまでの英姫の頭巾を外させましたからね~!

斉彬様は昔話をし始め、ここまで来れたのはそなたのお陰じゃと感謝しますが、英姫はおなごとして訊いています!と突っぱねる。

すると斉彬様は謝罪し、今後は償いを…共に過ごす時を大事にすると仰ったのでした~。


さてさて、主の居ないお城勤めがあまりにも退屈で暇を持て余していた尚五郎は、同じく主を無くした小松家(先生、もう琉球に発ったのかYO!)に立ち寄り、お近に愚痴をこぼします。

するとお近は、わざわざここに来て愚痴をこぼす位なら、泣くなり喚くなりした方がずっと男らしいと珍しく強い語調で叱りました!

尚五郎はまたも(´・ω・`)ショボーンでゴザイマス。
けれど尚五郎はその言葉で立ち直り、これでお近とのフラグが完璧に立ちました( ̄ー ̄)ニヤリ

しかも江戸行きを言い渡され大喜び!!



バカ殿はまたもせんべいを焼きますが、臣下から倹約倹約と煩くて大嫌いな斉昭の名前を出され、うっかり焦がしてしまいます。

ところが母君がそれを食べ、焦げ焦げが何とも香ばしいと言うでわないですか(笑)
バカ殿はすっかり上機嫌で、御台の件にGOサインを出されたのでした~!


次回遂に尚五郎(´・ω・)カワイソスアワーの集大成!
いよいよ本当に想いにトドメを刺されそうです!!

サブタイトルは小松家への養子縁組兼、お近との縁談でしょうかねぇ!?


余談ですが、原作今週中に読了できそうです♪

この記事へのトラックバック

  • 「篤姫」第16回

    Excerpt: 第十六回「波乱の花見」斉彬の体調はようやく回復し、篤姫の御台所の件が大詰めを迎えていた。家定は本寿院の強い勧めに対し、せんべいがうまく焼けたら聞いてもいいと言って話をそらし続ける。斉彬は、強硬に反対し.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-04-20 21:10
  • 篤姫 第16回「波乱の花見」!

    Excerpt: <江戸へ行くぞ~!>家定様は、花より団子、御台より煎餅です!「誰が見ても不満のない姫」それはたいそうつまらなさそうな姫ですね!「わしが桜の花じゃといっても、そちには梅にしか見えん」本当にかみ合わない夫.. Weblog: バレルオーク racked: 2008-04-20 21:10
  • 大河ドラマ「篤姫」第16話「波乱の花見」

    Excerpt: 斉彬さますっかり病気もよくなったようです。でも難題たっぷりの今回の御輿入れ。新しい火鉢でせんべいを焼いてご満悦の家定さま♪でもせんべいの分際で、自分にやけどさせたってお怒り(あはは)やっぱええですねぇ.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-04-20 21:14
  • 『篤姫』第16回「波乱の花見」

    Excerpt: 2008年『篤姫』第16回。。欧米列強の開国要求。水戸烈公・徳川斉昭は。。薩摩他、公武合体派との争い、激化。斉彬は、やっと病の床から離れた。篤姫、輿入れについて。。新しい火鉢。。煎餅が上手く焼けたら娶.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-04-20 21:16
  • 大河ドラマ「篤姫」第16回「波乱の花見」

    Excerpt: おせんべがうまく焼けたら嫁をとる?敵はそう来ましたか―――! いえ、家定様がそうおっしゃって!おせんべって作るの難しいんでしょう? 捏ねて蒸して搗いて晒して練って延ばして焼いて塗って~~~~~~!.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2008-04-20 21:20
  • 篤姫16 篤姫おんみつ姫になる?

    Excerpt: えー相変わらずのんびりと平和な大河ドラマが続いてるようです。 このドラマBSで観てるんだけど、OP前にいきなり現れたおんみつ姫・・・ って何だぁ? おんみつひめ?? おんみつチェンジし.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2008-04-20 21:21
  • ★お花見は大成功!!「篤姫16」

    Excerpt: 今日は日曜日。。いつもどおり8時からは大河ドラマを楽しみましたぁ~斉彬さま復活ですね~!!良かった。。良かった。。大河ドラマ「篤姫」篤ちゃんが御台所になるのはなかなか大変。。斉昭じっちゃんが断固拒否で.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2008-04-20 21:31
  • 篤姫#16

    Excerpt: 先週は裏でイレギュラーという形で、いつもチェックしている番組の放送があって、後ろ15分が被ることになったが、今週はそういうこともなく、今週は18時からのBS-hiでゆっくりと見ました。(20時からの総.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-04-20 21:53
  • 大河ドラマ「篤姫」#16

    Excerpt: 「波乱の花見」 篤姫の将軍への輿入れを阻むものは二つありました{/kaminari/}{/kaminari/} まずひとつは水戸のご老公こと徳川斉昭{/face_gaan/} 斉彬はここで思い切っ.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-04-20 21:59
  • 篤姫 2008/04/20

    Excerpt: 幼い頃は毎週見るのが当然だった大河ドラマ枠。「篤姫」って評判いいみたいだし見てみるか、と軽い気持ちでチャンネル替えて。オープニングが、和風クリムト(意味不明)みたいで豪華絢爛。ぐぐっと引き込まれました.. Weblog: piyomarimoのよろよろ日乗 racked: 2008-04-20 22:30
  • NHK大河ドラマ第16回「篤姫(波乱の花見)」

    Excerpt: 篤姫や英姫の祈りが通じて斉彬の病が平癒した場面からドラマは始まった。 斉彬は篤姫に徳川斉昭を薩摩藩邸に花見に招き、その場で紹介する事を告げる。 篤姫は西郷から水戸藩士が斉彬の事を蘭癖と陰口を言うの.. Weblog: よく考えよう racked: 2008-04-20 23:05
  • 篤姫(4月20日)

    Excerpt: ちょっと遅れましたがレビューを。 最近、日曜日に外出することが多いので、やや遅れ気味 でも、「篤姫」が嫌いとか苦手ということではないのです。むしろ大好き! Weblog: 今日感 racked: 2008-04-20 23:24
  • 篤姫~第16話・水戸の烈公!

    Excerpt: 篤姫ですが、水戸の烈公・徳川斉昭(江守徹)が将軍家輿入れに反対しています。島津斉彬(高橋英樹)と老中・阿部正弘(草刈正雄)は、松平慶永や伊達宗城とも相談し、斉昭説得方法を考えます。 まずは、斉昭の第.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2008-04-21 00:07
  • 篤姫 第16回 波乱の花見

    Excerpt: 今回はなかなか進まない将軍家への輿入れで難色を示している水戸の斉昭に斉彬がじかに Weblog: くまっこの部屋 racked: 2008-04-21 00:59
  • 篤姫「波乱の花見」

    Excerpt: 篤姫「波乱の花見{/m_0237/}」 水戸の斉昭(江守徹)がプチ切れしただけで…、波乱という程ではなかったな↓{/m_0199/}。 先週、病に倒れた斉彬{/m_0252/}。 てっきりそのまま.. Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。 racked: 2008-04-21 07:26
  • 篤姫が愛読した大日本史!!

    Excerpt: 篤姫縁組前に立ちはだかっている斉昭{/cat_7/} 中々話が前に進みません。 いよいよ退路を断つ覚悟を決めた斉彬ですが、 列公斉昭に直接篤姫を会わせようと画策します。 篤姫に対しての信頼がなければ出.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-04-21 10:15
  • 篤姫感想 十六回「波乱の花見」

    Excerpt: OPトークより 斉昭公は別名「烈公」と呼ばれていたらしいですね。江守徹ではまり役かもね・・・^^ 斉彬さん 先週の病気からようやく回復。   家定様は 相変わらず 煎餅と火鉢に夢中の様子・.. Weblog: murmur racked: 2008-04-21 14:32
  • 篤姫 #16 波乱の花見

    Excerpt: 篤姫すげーーーー[E:happy02] と、非常にお行儀の悪い言葉で入ってしまいましたが、なんたって水戸のご老公(光圀に非ず)に直談判ですよw しかも気に入られるとは・・・! このパターン何度目ですか.. Weblog: たっくんママのひとりごと racked: 2008-04-21 22:44