ヴァンパイア騎士(7)感想+S・A(7)キャプ感想

今回のヴァンパイア騎士は、子優姫がロリ声で「かなめさま、かなめさま」連呼しててスッゲー萌えましたv
S・Aも久々にはっちゃけた内容で面白かったです。
2本感想参ります♪

ヴァンパイア騎士 第7話 緋色の迷宮

優姫の過去編のようです。

イキナリ中学生くらいになったり、また小学生位に戻ったり、時系列が解りにくいところもあったのですが、優姫が枢様と出会った頃は、枢様も若干幼い感じで、ひっじょーに萌えましたv

あんなに優姫が「枢さま」とお慕い申してたのに「枢先輩」と呼ぶようになったのは…

どうも理事長が“ナイトクラス”を併設し、同じ学校に通う間柄になったからだけではなく(ナイトクラスには学年という概念は無く、若いヴァンパイアを集わせ人間との共存を図るという目的上、枢さまが高校生というのはちょっと無理があるんじゃないかというのは見事に黙殺されました)、枢様が瑠佳の首筋に…(あえ…いでた!)この決定的な場面を目撃しちゃったからなのでしょう。


しっかし不憫なのは零で、優姫の血を吸った事で彼女が未だ枢様に恋心を抱いている事を血の味によって知る事になり(マジか!?)、しかも眠っている優姫に掛けてあげた毛布も枢様に掛けてもらったと勘違いされ…。


何気に一条と枢様が黒主学園に入学する前から同棲(違)してることも明らかになったり…(笑)
いや、腐女子的な妄想はしませんけどw


いやぁコレ、そこはかとなく漂ってくるエロさが毎度毎度タマランアニメですな。

それにしてもそろそろ支葵くんの出番が欲しいところです…!



S・A~スペシャル・エー~ 第7話 敏感・鈍感

それぞれ画像をクリックするとでっかくなります!

SA7話

八尋の誕生パーティから、光の滝島に対する態度がどうにもおかしい。

…というのも、八尋に「滝島がマジギレしたら君の事が好きなんだよ」な~んて吹き込まれ、マジに滝島がブチ切れたもんだから、気になって仕方がないのよ~ん。

光がおかしくなったのは、あの晩八尋に変な事をされたからだ!と勘付いた滝島は、光に問い糾すべくまたも勝負の世界に!
(一応みんなでどこに旅行に行くかの決定権を賭ける戦いだったんだけど、結局光と滝島の対決なのでまぁいいや)


学校の敷地内1周マラソンです。

もしも俺が勝ったら八尋に何をされれたか正直に話せ!

そうは言うものの、ハンデがなければ滝島の1人勝ちは毎度の事なので、光を悲しませたくない明は滝島に、とんでもないハンデキャップやら(拘束着着せられて、鉄部分全部ぶち破ってた!)小学生レベルのものからコレ死ぬぜレベルのトラップまで仕掛ける仕掛ける!

そしてそれをことごとく突破する滝島、どんだけ~~~!?
この体力の10分の1でもルルーシュにあれば…(笑)

SA7話 瞳アップ


結局滝島の勝利でレースは終わり、光は八尋から言われた事を正直に話します。

SA7話 めでたし?


ところがぎっちょん、ドニブの光ちゃんは「滝島があたしを好きだなんてあり得ないよな!ライバルだもんな!!」と笑顔で笑い飛ばすのでした。

…哀れ、タッキー…。彼の想いが届く日は来るのか!?


今回は明と宙のコンビが頑張ってました!
トラップの内容やら、それを破るタッキーの超人的パワーやら、ツッコミ所多くて久々に面白い回でしたよw

…が相変わらず双子と竜が空気なのが泣けるのよね…。

この記事へのトラックバック