ヴァンパイア騎士第10話+ネオアンジェ第9話 感想

乙女アニメ2本なんですが、どっちもぎゃぼーな内容でぶっ飛びましたわ☆
てっきりロマチカの再放送が始まったものかと(ノ∀`)
感想参ります。


ヴァンパイア騎士 第10話 闇の姫

まり亜を前に枢様黒い笑み。

というかこの回の枢様、終始表情もセリフもがどこか黒いわで、もしやラスボスってコトは無いですよね!?

この程度で死んでしまうなら彼は必要ない。
でも君は絶対に失うわけにはいかないから―


優姫を後ろから抱き寄せ目を覆い、零に関する記憶をまるまる消去してしまうのですから!


その前に零とまり亜のバトルシーンがあったけど、まり亜の得物が日本刀って意外でした。

まぁ緋桜閑(ひおうしずか)がモロに和服なので、その関連からだと納得かな。
と言うわけで、まり亜の正体バレが余りにも早くてビックリした。

あの黒猫も見るからに怪しくて、まり亜か枢様の手下かと思いきや、そっちは何も関係なかったなぁw



で、今回のメインディッシュは双子の過去!

零だけが俺の事好きでいてくれたら…。

う゛ぉおい!番組が違ぇーぞw
まぁオイラ的には大喜びなんですが(*´艸`)

マモーの声がゼロとイチルでビミョウに演じ分けてるのが尚更なんかエロい。


次のカットではベッドシーンって狙いすぎだべ。

しかも顔が近いわ、イチルの頬が赤いわ、シーツのシワがやたら身体にフィットしてるわ…。


ところが聡いゼロちゃんは、ヴァンパイアの気配を両親よりも早く気付いてしまい、それゆえ閑の毒牙に掛かってしまうわけで…。

零の過去もハッキリと明らかになってしまいました。

が、その閑の後ろに居る壱縷の表情が半笑いなのもスゲェ気になる。
この時点でもう閑の虜なのか?


そして場面は現在に戻り零の元に壱縷が現れるのですが、もう仮面外しーッ!?
壱縷のが後ろ髪ちょい長で好みなのは内緒です。


あーもう秋に第2期始まる前に原作に手が伸びそうだ(またかい)

何かこの回の感想も、ちっとも闇の姫じゃないなぁ。



ネオアンジェリークAbyss 第9話 ウォードンの休日

半裸で始まって全裸で終わった(ry

しょっぱからヒュウガが脱いでますが、まさかラストのシャワーシーンで…

ロシュが脱ぐかァーッ!!

思っくそヒュウガのサービスサービスぅかと思ったぞw

このシーンのお陰で途中全部ぶっ飛びましたので、この辺で(笑)

この記事へのトラックバック