篤姫 第28話 『ふたつの遺言』 感想+徳川家定追悼・名場面ベスト3

[篤姫] ブログ村キーワード
上様が…家定様が薨去されました…。篤姫の号泣にもらい泣き・゚・(ノД`)・゚・。ウワーン!!!!!
今から喪に服したい気分です…。


家定は己の死期を悟ったのか、井伊直弼と堀田正睦に遺言を託します。

御台は政に積極的で、他のおなごとは目線や物事の考え方が違う。
慶福が将軍に継ぎたる暁には篤姫を後見人の1人として表に上げ、万事に付け相談してくれ
、と。

井伊直弼にそう託した時の家定公の表情は真剣そのもの。
直弼の腹黒本性を見抜いておいでの上での遺言なのか…?

ところが誠実なのがウリの堀田にはいつもの飄々とした半うつけモードでそう告げてらっしゃいました。
しかも同じ事は2度言いたくないから直弼に訊けってさ。

肩の荷が下りたのか、上様は庭に咲いた牡丹の花を、お渡りの際篤姫に贈ろうと鋏を持ち庭に降り立ちます。

…嫌な悪寒がひしひしと…。

茎に手を添えようとするやお倒れに!!


上様の急変の虫の知らせか、篤姫は上様に思いを馳せるが、尚も幾島は最後のお願いをしやがった!
最後のお願い、政治家の演説よりもしつこい。幾島はもう腹括ろうよ。

その幾島の言葉にクラッと来たのか、篤姫は斉彬様の手紙を読もうとするが、思い留まってしまいます…。


斉彬様は銃を3,000丁も揃え、西洋式軍隊を編成しようと準備は着々と整っていました。
しかも帯刀に一個師団を任せるらしい。

そこへ西郷どんがヘロヘロで現れ、次期将軍が慶福に内定したことを告げに来た。

けれど斉彬様はまだ諦めていない!
薩摩藩の人々は粘り強いねぇ…(半ば呆れ気味)


そして日米修好通商条約が締結されてしまう。

調印式の際、砲撃を浴びていてきな臭いことこの上ない。
この先動乱が続くかと思うと、スイーツ脳の私には感想書きづらくて気が重いです。


上様がお倒れになったことは露知らず、お渡りがぱたりと途絶えたことを疑問に思う篤姫。

それは本寿院も然りで、上様の身を案じ御殿医を呼びつけます。

上様がお倒れになったことを本寿院は知り、滝山は嘆願書のことで恩義がある御台様にも伝えようと進言するが(この人極めて中立の人なのかもしれない)、本寿院はまだまだ根に持っておりそれを口止めをします。


篤姫は御殿医にある物を託しました。

上様は病床にて小さな包みを受け取ります。
中からは白い碁石がポロリ…。

家定公はそれを慈しむように眺めながら静かに息をお引き取りになってしまいました…。

御台よ…何故いつかのように逢いに来ぬのじゃ…。わしからはもう行けぬ…。行けぬのじゃ…。
そう呟きながら。

篤姫は黒い碁石を上様に見立て、しみじみと眺めます。
上様とシンクロして一筋の涙が…。



将軍に遺言を託された直弼、大老になり次期将軍慶福を迎えるや否や、堀田を始め一橋派の者をバッサバッサと切ってゆきます。

これが歴史の教科書に必ず出てくる安政の大獄というヤツですな。

とっとと桜田門外で斬られてしまえというのが本音ですが、上様亡き後直弼にこのドラマを引っぱってもらわねばと思うとモヤモヤしますな。

斉昭は息子の慶喜に、チャンスは再び巡って来るとか予言しちょりますが…。


幾島は声に張りが無く、今にも消え入りそう。
しかもお勤めをサボリ、自害したのかとまでミスリードさせる始末。

そこに滝山が重大なことを告げにやってくるが、幾島も来たので下がらせてしまった。


一方薩摩ではもう一つの死亡フラグが…。

斉彬様、熱中症(?)で馬上から転げ落ちそうに…。
しかも激しい腹痛で床に伏してしまい、今にも死にそうです。

斉彬様は弟の忠教(ただゆき)に忠教の息子を世継ぎとし、斉彬様の実子の後見人になってくれるよう頼む。

そして帯刀を枕元に召し、帯刀にとって一番ダメージのでかい遺言を残して逝ってしまった。

姫にもう一度会いたかった…。
そなたから姫を奪うてしまったわしを許せ…。



放置されていた滝山の件。

滝山は口止めされていた上様のご病状のことを正直に篤姫に告げた。
篤姫は当然上様の元に行こうとするが、滝山は必死に止める。

ところが、そこに薩摩からの急使がやって来、斉彬の死去を知らされる。

只でさえ弱っている幾島、更に痛恨の一撃!
幾島、お里下がりとかしそうだ…。

篤姫は斉彬様から頂いた文をようやく紐解く。

斉彬様の手紙には、篤姫への謝罪が切々と綴られ、いずれ幕府と薩摩が敵味方になるであろうことを示唆。

その時は己の信ずる道を行け。
それでこそわしの選びし姫である。


しんみりしていると、滝山が現れ………。

将軍家定公、薨去あそばされました…。

ここのBGMが暗くて暗くて心臓鷲掴みにされそうです(泣)

家定公が無くなられたのは7月6日。
1月近くも前…。

これでもお気に入りだった篤姫に伝えたのは早い方だというのだ。


篤姫は直ぐに連れて行けと声を張り上げるが、安置された棺を見るや泣き崩れてしまう…。

何故そのような所にいらっしゃるのですか…。

上様メモリアル…(T_T)もっと長く流してくれてもいいのに(ぉ

棺に縋りつく篤姫…あおいちゃんの芝居が凄く良かった(;_;)



そなたが毒殺したのであろう!
ひでぇ、本寿院酷すぎる!!!!!


幾島じゃないけど、来週から腑抜けたブログになりそうな悪寒。



◆第13代徳川将軍追悼企画
独断と偏見による家定様名場面ベスト3◆


第1位:第22話『将軍の秘密』より

家定が篤姫にうつけの振りをやめ自分の身の上を告白するシーン。

「だったらうつけの振りでも何でもやって己の運命を笑ってやりたかったのじゃ!
わし一人をこの世に残し、わしを将軍にしたところで、この国はどうにもならぬ!
それを天にも解らせてやりたかったのじゃ!!

わしは誰も信じぬ。この世の誰一人としてな。」


…これ以外に考えられませんでした。

前回第27話でふたりの心が物凄く近づくのも良いのですが、私的には弱い所をさらけ出すシーンの方がぐっと来るので。
将軍家定の孤独が一際色濃く凝縮されたシーンで、上様が余りにもお可哀想で物凄く泣けました。



第2位:第20話『婚礼の夜』より

庭先で足を滑らせた篤姫をうつけのふりをかなぐり捨て咄嗟に抱き留めるシーン。

「危ないではないか!!」

家定が初めて決定的にカッコ良く見えるシーンですし、篤姫が幾度と上様を思い出すシーンでもあります。
あおいちゃんに代わって抱きしめられたいと思った人は私だけではあるまい。
カメラワークや光の加減も素晴らしいです。



第3位:第24話『許すまじ、篤姫』より

ハリスに謁見を許すが、余りの退屈さについうっかりうつけモード全開!歌舞伎の大見得を切るシーン。

上様のうつけっぷりのなかでもこれがMAXでしょう!
横隔膜おかしくなる位大笑いさせてもらいました。


…何だかちっとも意外性のないランキングでスミマセン。
ベストテンとかだと、またマニアックなチョイスになるかもでしょうが(笑)


尚五郎が今死んでも名場面チョイスできんなぁ。
ショボーン顔と琵琶弾いてるシーン位しか思い浮かばないよ(尚五郎オチに使うのヤメレw)

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「篤姫」第28回「ふたつの遺言」

    Excerpt: いよいよ・・・この日がやってまいりました。斉彬様とも家定様とも、今日~で~お別~れね~なのでございます~~~ううううう(涙)。思い起こせば5月11日の「大奥入城」以来、家定様人気で随分盛り上がりました.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2008-07-13 20:51
  • 篤姫(7月13日)

    Excerpt: 話しがてんこ盛りの回。 Weblog: 今日感 racked: 2008-07-13 20:53
  • 篤姫 第28回「ふたつの遺言」!

    Excerpt: <Wの悲劇!>「公方様はご病気にございます。口止めされておりました。」家定様の崩御の事実を1ヶ月も知らされないとは、御台様にとってあまりにも惨すぎることです。家定様の計らいにより慶福様の後見人に指名さ.. Weblog: バレルオーク日記 racked: 2008-07-13 21:00
  • 「篤姫」第28回

    Excerpt:  第二十八回「ふたつの遺言」井伊が大老の職に就き、次代将軍は紀州の慶福に決まった。家定は井伊と堀田に、万が一の時は篤姫に慶福の後見をさせろと伝える。その直後、家定が発作を起こして倒れた。だが家定が病気.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-07-13 21:00
  • 篤姫「ふたつの遺言」

    Excerpt: 篤姫「ふたつの遺言{/m_0106/}」 井伊直弼が大老に{/m_0145/}。 「一度薩摩へ帰ってくれ…」、西郷さんはボロボロになって薩摩に到着{/m_0216/}…簡単に言うなよ松平なんとやら.. Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。 racked: 2008-07-13 21:03
  • 大河ドラマ「篤姫」第28話「ふたつの遺言」

    Excerpt: ついにこの日が来てしまいました。でもあまり直接シーンを見せる演出ではなかったので、涙も少なかったかな。最後はやられましたけど(^^)   井伊直弼に家定が頼んだこと。慶福.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-07-13 21:12
  • 篤姫28 アンタのその疑り深い目ぇが好きぃ!

    Excerpt: 「盆と正月が一緒にキターー!」 と言うのはこういう事を言うのだと思うほど、本日は内容盛りだくさんの展開でした。家定の死!斉彬の死!ひこにゃん大老就任と史実中心大河ドラマでスイーツ大河の出る幕ないのか.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2008-07-13 21:18
  • 篤姫・第28話

    Excerpt: NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 遂にその時がやって参り.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-07-13 21:19
  • 「篤姫」28話

    Excerpt: 「二つの遺言」なぜこぬ あの時のように わしはもう行けぬのじゃ~~ 牡丹の花咲く頃に 家定さま お倒れになり 篤姫が上様のお渡りがなく 心配していたら・・・・ Weblog: ice-coffee racked: 2008-07-13 21:22
  • 『篤姫』第28話「ふたつの遺言」

    Excerpt: 井伊直弼大老就任。内憂外患。一橋派は窮地に。。頼みの綱は斉彬だが。。家定は。。慶福が将軍についた場合は篤姫を後見人の1人にしてくれと、井伊に頼む。慶福が成人するまで万時、御台に相談するようにと。。家定.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-07-13 21:23
  • 篤姫 第28回「ふたつの遺言」

    Excerpt: 井伊直弼が大老に就いて、将軍を慶福と決定し、次々と今まで慶喜を推していた人々に対して厳罰に処していきます。そのことがいずれ彼の身を滅ぼすことになるとはこのとき思いもしな... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-07-13 21:27
  • 篤姫~第28回 感想・ふたつの遺言

    Excerpt: 徳川家定(堺雅人)は大老になった井伊直弼(中村梅雀)を呼び出し、後継者・慶福の後見人に篤姫(宮崎あおい)を指名します。井伊は先例のないことだと驚きますが、家定は堀田老中にも同じことを伝えます。(以下に.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2008-07-13 21:37
  • ???????????(?�???)??

    Excerpt: ????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ?????????????? racked: 2008-07-13 21:41
  • 【堺雅人】大河ドラマ「篤姫」 28話 ふたつの遺言【宮崎あおい】

    Excerpt: ---------------あらすじ--------------- 井伊直弼が大老に就任し、徳川慶福(家茂)が将軍後継が確定に。 家定は井伊に対し、篤姫を将軍後見役にする�... Weblog: 失われた何か racked: 2008-07-13 21:46
  • 篤姫 第28回 ふたりの肉親の死

    Excerpt: 『ふたつの遺言』内容井伊直弼が大老に就任したそして、紀州慶福が、次の将軍と決まった。家定は井伊直弼、堀田正睦に、篤姫を後見とするように伝えるのだった。が、、その直後、胸を押さえて倒れる家定。そのことは.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2008-07-13 21:47
  • 【篤姫レビュー】ふたつの遺言

    Excerpt: 将軍、徳川家定薨去-大老・井伊直弼の専横が目立つ中、遂に巨星・島津斉彬が満を持して最新式軍隊を引き連れて上洛を決意!が、その斉彬にも暗い影が・・・と言うような感じで、今回の予告の煽り文をつくってみまし.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2008-07-13 21:55
  • 篤姫 第28回 「ふたつの遺言」 感想

    Excerpt: 父斉彬と夫家定の死。あまりにも重いこの二つのことを受け止めなくてはならない篤姫。 Weblog: くまっこの部屋 racked: 2008-07-13 21:58
  • 大河ドラマ「篤姫」#28

    Excerpt: 「ふたつの遺言」 男たちの権力争いは井伊が大老に就任して決着がついてしまいました。必然的に次期将軍は慶福に決定。幾島の落ち込み方は尋常ではなかったです。あれだけ使命に心血を注いできたのですから呆然自.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-07-13 22:01
  • 【篤姫】第二十八回

    Excerpt: 篤姫は、棺の前で泣き崩れた。物も言わない白い箱の中。自分と出会えたから、自分に産まれて良かったと言ってくれた人は、その中にいた。井伊直弼は大老に就任。家定は、井伊に御台を慶福の後見にと伝える。わしは政.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-07-13 22:05
  • ?????????28?????????

    Excerpt: ?????????????????(�?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ????????? racked: 2008-07-13 22:09
  • 篤姫#28

    Excerpt: 遂にやってきた家定の死、そして斉彬の死。大きな節目となる今回だが、相変わらず歴史のこと(井伊の大老就任、日米修好通商条約)は他人事のように描かれていましたね。とは言っても、篤姫にとったら2人の死の方が.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-07-13 22:17
  • NHK大河ドラマ第28回「篤姫(2つの遺言)」

    Excerpt: 歴史は急展開を告げ、篤姫から2人の大事な人を奪った。 Weblog: よく考えよう racked: 2008-07-13 22:20
  • 篤姫 2008/07/13 第28話「ふたつの遺言」

    Excerpt: さよなら、家定さん!大河ラブロマンス終了というわけで、今回のおさらいです。いつもより、あっさりさっくりしているくせに重複が多いのは気にしないでください(涙)・花を愛でる篤姫(家定ハグ回想)・家定、井伊.. Weblog: piyomarimoのよろよろ日乗 racked: 2008-07-13 22:29
  • 篤姫~ふたつの遺言

    Excerpt: NHK大河ドラマ「篤姫」第28話~ふたつの遺言上様ーーーーーーーーーーっ(TдT)家定がとうとう倒れました倒れた際でもぼたんの花が舞ってキレイです、さすが将軍様家定が病に倒れたと知らされていない篤姫が.. Weblog: うさうさ日記 racked: 2008-07-13 23:09
  • 『篤姫』第28回

    Excerpt:  ~ふたつの遺言~   Weblog: 悠雅的生活 racked: 2008-07-13 23:20
  • ?????????28?????????

    Excerpt: ?????????????????(�?????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ????????? racked: 2008-07-14 08:45
  • 暗殺された?斉彬!!

    Excerpt: 遂に井伊直弼が大老に就任しましたね{/kaeru_shock1/} 一橋派と紀州派の争いが一応決着した事になるのですが… 権力を握った直弼はすぐさまアメリカと日米修好通商条約 を締結してしまうのです.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-07-14 11:36
  • 篤姫感想 二十八回「ふたつの遺言」

    Excerpt: (゚ε゚ ) こんな顔でエンドレス「恐れいりたて奉ります」 今週は お2人もみまかられたのに 一番印象に残ったのは 井伊直弼大老。 就任おめでとうございます。 そして 早速の一橋派の一掃。さす.. Weblog: murmur racked: 2008-07-14 14:04