隠の王(なばりのおう) 第15話『別れの朝』キャプ感想

[隠の王] ブログ村キーワード
工エエェェ(´д`)ェェエエ工!?黒岡野しじまの正体バレ無いのーッ!?
それとも次週!?

2枚以上の連キャプと壁紙は画像をクリックするとでっかくなります!

NABARI第15話「別れの朝」その1

森羅万象が勝手に覚醒しちゃった壬晴は暴走しまくり、帷先生はそれを必死に止めようとするが、壬晴に思っくそ拒絶される。

そんな帷先生の脳裏には虹一に叱られた一言が…。
先生にとって大切なのは曲げたくない自分の意志なんだ!!

どんなに叫んでも帷の言葉は壬晴には届かない。

ホンット帷先生がウザくてたまらなくなってきた。
ウザクとどっこいどっこいかもしれない。

壬晴は森羅万象を制御できずにやがて力尽きてしまう。


すると閂のヤローがやってきて、皆を蛇薬の材料にすべく地下室に閉じ込め、毒ガスなんちゅーエグい攻撃を…!
しかもアルヤの学院長シリウスにも手を掛けようと…!

ところがぎっちょん!そこに現れたのはレインボー腹黒眼鏡ギアス使い不死身小僧(統一してください)・虹一禍々しい表情を貼り付け、以下アルヤの教師陣を皆殺しに…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

あぁ、死ねたなら良かったのにね…。
僕、死ねないから。


レインボー黒すぐる…!(でもそこがヘタレの帷先生の数百倍好きだ!)


何とか閂の毒ガス攻撃の発動を逃れ、アルヤの生徒会メンバーは学院長のいまわの際に間に合います。

学院長は蛇薬を信頼に足る然るべき人物に託した…と遺言を残し息を引き取るが、それを認めたくないすばるが十字を盾に取り…!

うっわ!またウザキャラ誕生か!?

したっけ、デブのカタリナがすばるを平手打ち!
カタリナの方がいいやつだった件…/(^o^)\ナンテコッタイ



結局その然るべき人物とはしじまで、しじまは壬晴達に蛇薬の禁術書を託し、アルヤの…甲賀の解体を告げる。

NABARI第15話「別れの朝」その2

雷光兄様に姫抱っこされている宵風たまに萌えまして、つい繋げてしまいました☆
何かムダに労力使ってる気が…(苦笑)


その全てを仕組んだのは他でもない風魔小太郎だった。
やっぱりこの人の腹黒レベルは群を抜いているようです。
思っくそ掌の上でぬっ転がされてますよ。

ラスボスは腹括った帷先生かもとか思ってたけど、小太郎の方が断然アリですな。

しじまは私はあくまでも観察者で「秘術のことは知らないことを知っている」と謎めいた言葉を残して去る。


そして禁術書を受け取った壬晴を帷は呼び止めるが、壬晴は耳を塞ぎ振り返りもせずに灰狼衆の皆と帰って行ったのだった。

帷先生、完璧に振られちゃいました(ノ∀`)アチャー


この後しじまの正体バレがいよいよ来るのかと思っていたのにィー!
まぁ来週からの展開に期待しよう…。



第15話「別れの朝」予告

予告で宵風のマフラーしてる壬晴がテラかわゆすぎるv


レインボーのターンだったから壁紙貼っとけ♪

隠の王銀髪眼鏡

この記事へのトラックバック

  • 隠の王15~どうか私に人としての死をください

    Excerpt: ビバ!  メガネくんのターン!   戒名:眼鏡童子  というわけで、前回、無事、お葬式も済ませたメガネくんであったが。。。   この手は誰でしょう? Weblog: 夢見る不惑☆星 racked: 2008-07-16 19:47
  • 「隠の王」第15話

    Excerpt: 第十五話「別れの朝」アルヤ学院の地下書庫では、森羅万象の文字を浮き上がらせた壬晴が立ち上がっていた。地下書庫への扉を開けた雪見たちも、壬晴から噴出する圧倒的な「気」の威力を受ける。初めて森羅万象に遭遇.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-07-16 20:05
  • 隠の王 第15話「別れの朝」

    Excerpt: 「嫌だなぁ、僕ばっかり汚れ役なんだから」君は一体どんな存在?虹一くん(><)ってまたまた謎が発生した今回の「隠の王」いよいよ甲賀編、終了です♪ 己の甘さが招いた結果。虹一の死。そして、壬晴は.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-07-17 00:04
  • 隠の王 ♯15

    Excerpt: あぁ、死ねたらなら良かったのにね。 何ナニー?!あの鳥頭はドシタノサー!♪虹一元気でした♪ぶった曲げたwww死ねない体らしい・・・しかも、学院長のことも知ってるみたいだし。つーか、学院長もメガネ君のこ.. Weblog: 鳥飛兎走 racked: 2008-07-18 12:18
  • 隠の王 第15話「別れの朝」

    Excerpt: さよなら栓抜き先生 Weblog: 深・翠蛇の沼 racked: 2008-07-18 23:36