隠の王(なばりのおう) 第18話『呼ぶ声』キャプ感想

[隠の王] ブログ村キーワード
あんなボロボロなのに何が宵風を突き動かすのか…。
どのみちもう間に合わない。どれだけ急いでももう無理だ。
宵風の命は保って…あとひと月。
。゚.o。ヾ(;´Д`*)。o.゚。ウワァァァン!!!!!

隠の王NABARI第18話「呼ぶ声」宵風キャプ1


もうダメ…。キーボード叩く手が震えて上手くまとめられないよォ…(つд`)
キャプ画だけじゃダメですかね…。

にしても宵風たまの可哀想な表情ばっかキャプチャーする私はSなのかMなのか…。
それぞれ画像をクリックするとでっかくなります!



季節は巡り、冬。
コートとマフラー姿の宵風たまも、ようやく違和感のない季節に…。

英おばちゃんの家を発ち、街を彷徨う壬晴と宵風。
宵風の心は焦りざわめくばかりで、つい壬晴にも辛く当たってしまいます。

ところが宵風の容態が急変!

和穂の病院に運ばれた宵風の病状は、慢性肺炎と栄養失調その他諸々。

和穂と壬晴の会話を偶然耳にしてしまった宵風は、己が余命幾ばくもなく、森羅万象の力を持ってさえも抗えない事を悟ってしまいます。


抜け殻のような体を引きずって病室を抜け出した宵風は、俄雨の見舞いに来ていた雷光兄様と偶然出くわします。

君たちはいつも一緒だと思っていたから、少し羨ましいよ。
会うべくして会った同志なんだろうね。


雷光兄様のこの言葉に激しく萌えてしまったジャマイカ!


俄雨の病状が一向に回復せず己を責めるばかりの雷光に、宵風は蛇薬を使えばいいと冷たく言い放ちます。

けれど禁忌を犯してまで俄雨を助けた所で彼は喜ばない。

そう言う雷光に宵風は、そんなぬるい事言う位ならいっそのこと、その命終わらせてやる!と、雷光兄様にも俄雨にも気羅を向けるではありませんか!

流石に宵風超贔屓の私もこの発言はいただけないな~と思ったら兄様が宵風に平手打ちかましました!

左上からZ型に数えて5コマ目と6コマ目のキャプがそうなんですけど…、6コマ目・いかにも「僕をぶったな…親父にも(以下略)」と言いそうな表情で、うっかりセリフを書き込みたくなってしまいましたわw

ところがこの宵風の荒療治で、俄雨の意識が回復するではないですか!
どーなってんの!?



隠の王NABARI第18話「呼ぶ声」宵風キャプ2


雪が舞う中、宵風は裸足で病院を抜け出してしまいます。

いち早く察知した壬晴は宵風を追い求めます。

路地裏で冷たくなった母猫に仔猫が必死で縋りついているのを見て、私はこれまで再三壬晴と宵風が迷える仔猫たちに見えてならんと言ってきたのですが、それを端的に顕したシーンで背筋がゾクゾクしました…。

やはり宵風の“死”は不可避の運命なのでしょうか…。



壬晴は猫たちを見るなり宵風の安否が益々気になって走り出すと、地面に血痕が壬晴を誘うように点々と染みているではありませんか!

壬晴が辿り着いたその先には、雪に埋もれ冷たくなりかけた宵風の姿がァー!!!!!

嫌だ…死にたくない。
消して…ここから…消して…。


譫言のように繰り返す宵風。

宵風はずるい、ずるいよ…。
独りで勝手に絶望の中にいて、無感情で、冷徹で。


頭に降り注いだ雪を払いのけ、抱き寄せ呼びかける壬晴。

そしてまさか…!宵風たまも壬晴をギュッて掴んだよ!

16年間名前がなかった。雪見に“宵風”と呼ばれるまで。

まるで着ぐるみだ。
みんな着ぐるみを見てるだけで中の俺は其処には居ない。

でも違う違う違う!!
“そら”なんて最初から居なかったんだ!!




煮凝った感情のうねりが猛り狂った後、宵風の虹彩が消えかかった。

誰…?君は…どこに…。

俺はここに居る…君も…居るよ。
俺もここに居るから!いるから!!


壬晴は再び宵風を抱きしめた。

虹彩も記憶も消えかかった宵風に再び命の灯が宿る。
そして両の眸から泪。


壬晴…

宵風…

助けて…死にたくない…消えたいんだ…。
僕の存在ごと全て無かった事に…
初めから無かったから、初めから消える。
それが…


わかってる。

それが僕の望み…ずっと…

わかってるよ。
はじめにそう約束したじゃないか。


…でも俺は君を消したくない…。



ななななな…何ですかこのアニメわーッ!!!!!
壬晴が健気すぎて泣けるわーッ!!!!!

神作画だわ萌限界突破だわ、17話に何件か話数違いで18話のトラバが飛んできて(まだ見てません。これからお返しします)、冒頭の一文でかなり凄そうなのが伝わってきたけど、ハンパねーぞ!!!!!

私の貧困なボキャブラリーの拙文じゃ、とても全ての気持ちを文に載せられないのが歯痒い~ッ!!!!!


ともあれご静聴ありがとうございましたァーッ!

この記事へのトラックバック

  • 「隠の王」第18話

    Excerpt: 第十八話「呼ぶ声」壬晴は、宵風とともに、和穂がいる診療所に戻ってきた。点滴を受けながら眠り続ける宵風。壬晴は和穂に禁術を使って森羅万象をはぎとる研究が進んでいるかどうか、さぐりを入れようとする。一方、.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-08-08 21:33
  • 隠の王 第18話 「呼ぶ声」 感想

    Excerpt: ヤバイ・・・。ヤバ過ぎるアニメなんじゃないかと今更ながら思います^^; すっかり宵風と壬晴の純愛!ラブロマンス化しちゃってますよ今回... Weblog: 箱庭の黒猫 racked: 2008-08-09 20:15
  • 隠の王18~でも、俺は、きみを、消したくない。。

    Excerpt: 。。。 虹一、まさか、 今週も皆勤賞、いただきぃ! とか思ってないでしょうね。 や、やだなぁ。そんなこと全然思ってないよ[E:sweat01] 言っとくけど、私達の出番、これだけだから。 来週の出番、.. Weblog: 夢見る不惑☆星 racked: 2008-08-10 08:10
  • 隠の王 第18話「呼ぶ声」

    Excerpt: 「俺も、君も、ここにいるから--------!!」宣告された残り時間。悲しい事実。これからどうなるのか、宵風が、壬晴が・・・心配でたまりません(><)   「私たちに今で.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-08-10 16:09