コードギアスR2 第19話 『裏切り』 感想(9/18キャプ画追加)

[コードギアス反逆のルルーシュR2] ブログ村キーワード
まさかの裏切りはあいつらだったとはーッ!!!!!
それにあの子に泣かされる羽目になるとはッ!!!!!
ルルーシュが美人な回はキャプを取るのが楽しいですのうv

それぞれ画像をクリックするとでっかくなります!

アバンからオナニーナもゼロも顔芸自重w
つーかOPの絵やタイトルのジングルが変わっていたような…。

TURN:19 裏切り

ナナリーの事で頭が一杯なシスコンルルちゃんは思っくそ混乱しているが、藤堂さんの冷静な判断で作戦は中断し、ルルちゃんはロロに肩を抱かれ自室に戻ってくる。

反逆のルルーシュR2第19話「裏切り」ショボーンなルルちゃん

魂の抜けたルルーシュの顔が痛々しい。
こんな鬱4連発な表情を嬉々として編集してる私はSなのかMなのか…w

これはナナリーにあげるつもりだったんだよこの贋者め!!
お前の事が大嫌いなんだよ!!殺し損ねただけだ!!
出て行け!もう二度と姿を見せるな!!


うわ~本心ぶっちゃけちまったなぁ。
流石にラストまで本心隠し通してロロ雑巾にはできなかったか。

…な~んて思ってたんですけどね~。



玉城とシュナイゼル殿下が面向かって話し合いをするなんて奇妙な光景だなぁ。

シュナイゼル殿下は黒の騎士団の幹部にゼロの正体とギアスの力のネタバラシを盛大にかましてくれちゃいました。

ルルーシュ・ヴィ・ブリタニア…私が最も愛し恐れた男です。

兄さんこんな所で腐女子を喜ばしてどうする(ノ∀`)
でもこれが本心かは図りかねますな。

そこへ裏切りフラグ最有力候補の扇までやって来て、ゼロはペテン師とまで言い放つ始末。

あぁ王の力はここまでルルーシュを孤独にしてゆくのか…_| ̄|○

自称ゼロの親友の玉城は頑なに拒むが、シュナイゼル殿下は何手も先読みし、証拠や資料を集めて黒の騎士団は遂に崩壊!

ゼロ=ルルーシュの引き渡しの条件に、扇は日本を返せと大きく打って出た。
流石にこれにはシュナイゼル殿下も驚きを隠せない。



反逆のルルーシュR2第19話「裏切り」

ルルーシュは何も知らされていないカレンに導かれて、処刑台に立たされるのだった。

そこへ仁王立ちになって立ちはだかったのが他でもないカレンたんだったのです!

しかしルルーシュはあろうことか仮面を外し、お前らは全て駒だったとこれまたぶっちゃけまくり!

ナナリーが居ない世界で生きる理由を無くしたルルーシュは、此処で果てても良いと覚悟を決めていたのに、ロロが蜃気楼に乗って助けに来ちゃったよ!

まさかロロが死を賭してルルーシュを全力で助けに来るなんて!


反逆のルルーシュR2第19話「裏切り」ルルロロガチホモ

利用されるだけの道具だった僕もようやく人間になれた…!
これはボクの意志だ!


兄さんは嘘つきだから…。ボクを殺そうとしたなんて嘘だよね?

そうか、すっかり見抜かれてるな…。
お前の兄は嘘つきなんだ…。


最愛の兄の前でロロの命の灯は事切れてしまった。



反逆のルルーシュR2第19話「裏切り」決意のルルーシュ

お前が繋いだこの命…まだ俺には為すべき事がある!

そーだ!あのクソオヤジをぶっ殺す本懐を果たさんでどーする!

色々横槍が入って見失いかけていたけれど、私はコードギアスという作品に於いての関心事は

ルルーシュは母と妹の敵を討ち、無事に本懐を遂げられるのか!?
マリアンヌの死の真相は如何に?
結局ルルーシュはC.C.とカレン、どっちとくっつくのよ?
シーツーの本名って結局何?

の4点のみなので(笑)

こうして書き出してみると、わしってホント緩いギアスファンだよな~。



まさかロロ雑巾ちゃんに泣かされるとは思わなんだ…。
キミの兄さんへの愛はホンモノだったんだね…(;_;)



しっかしウザクがぶっ壊れまくってるんですけど!あの笑い方ウザ杉(`皿´#)

オナニーナはボロ雑巾よりも残酷な報いを受けるがいい!

それにM女モードのシーツーの誤解を招くセリフはどうよ?

会長とリヴァルだけでも無事でヨカッタヨ…。



次回:皇帝失格

また見てギアスは水着+アイスのアーニャv



先週から風邪が長引いているので今回はこの辺で(もうダメだ観念して病院行こう…)
余り夜遅くまで起きられない体調なので、TBのお返しが遅くなったらスミマセン(T_T)

TB下さる方、いつもありがとうございます☆

FC2ブログさん、アメーバブログさんはほぼ全滅。
最近はSeesaaさん、ライブドアさん、ココログさんも飛びにくい状況なので、飛ばない場合楽天のミラーからTBお返しさせて頂きますね。

最近は楽天のミラーからもFC2さんに飛ばない場合が多いですので、お返しできなかったらすみません。

この記事へのトラックバック