篤姫 第36話 『薩摩か徳川か』 感想

先週は痛恨のミスを色々とやらかしてしまったので、今週は慎重に編集せねば。
久光@山口祐一郎さんはキレキャラになってしまったなぁ…。

公方様と和宮は随分と仲睦まじゅうなられましたな。よきかなよきかな。

家茂様は公武合体は正しかったと思っておいでのようです。

そんな折、薩摩の島津久光が1000の軍勢を率いて京に上るという情報が大奥にも入ってきた。

新たな老中・久世は天璋院の差し金かと探りを入れるが、それを家茂様が無礼千万と一喝!



一方島津久光も激昂しまくりで西郷どんを島流しにすると言うではありませんか!

というのも西郷どんが待ち合わせ場所をすっぽかして、自己判断で大阪まで先走ったからなのです。

かくいう西郷どんは、久光とは反りが合わないから抜けたいのだと本音を漏らします。



久光が朝廷に送った建白書の内容の一端が幕府にも届いてしまい、一際幕府や大奥を騒がせたのは将軍後見人として慶喜を推薦するというもの。

これに本寿院たちは大激怒!

天璋院はどんどん大奥での立場が危うくなり、四面楚歌となってしまいます。

只でさえ京方・江戸方でのゴタゴタが片付いていないのに、江戸方が一枚岩でなくては、この先幕府の行く末はどうなってゆくのでしょう。



一方また薩摩サイド。

有馬が突出しようとしていました。

説得にも耳を貸さず、寺田屋で上意討ちとなってしまいました。

これが寺田屋事件なんですねぇ。
チャンバラシーンもあって、ようやく幕末っぽくなって参りました。

皮肉にも久光の部下が有馬達を斬ったことで朝廷からは認められることになり、久光は突出は幸いだったと戦死者リストを見たがりもしません。

これには流石に帯刀も眉をひそめます。

が、有馬が哀れだという帯刀を大久保どんは叱責します。

有馬が遺言状を残しており、有馬の忠義が明らかになったからなのです。

久光はその書状を握りしめ、許せ……と涙。

そして帯刀も江戸行きの決意を新たにするのでした。



その事件が天璋院の耳にも入ってしまい、帯刀や西郷、大久保の身を案じます。

告げられた名前は有馬。

天璋院はショックを隠せません。

心を痛める天璋院のことを勝麟太郎(海舟)だけは気に掛けていました。
心強いおとうさんですなぁ。



薩摩の者が京や幕府に大挙してくるのは喜ばしいだろうと本寿院は嫌味タラタラ。

このオバちゃんも随分と粘着質でいらっしゃる。
息子の遺言とかとうの昔にお忘れの模様。

そして家茂にも篤姫の輿入れは慶喜を推すためのものだったのではと、それは揺るぎない事実であったにせよ、息子に言われてしまうのは辛いなぁ。

天璋院は幾島にもらった薩摩の風景が描かれた掛け軸をじっと見つめます。



天璋院様ご乱心にございます!

何と!天璋院は庭で薩摩の思い出が詰まった品々を、ひとつずつ火にくべていました!

薩摩から持ってきた書物、生家で実の父からもらった白薩摩(ツボ?花瓶?)、斉彬様から賜った薩摩切子。

ひょっとして幾島から貰った掛け軸や尚五郎のお守りも!?

思い出の品を全て捨てなければならないなんて…。
物を中々捨てられない人間なので、あおいちゃんを見てるとこっちまで泣けてきました(;_;)

私は徳川の人間です!徳川のことだけを考えて生きる!薩摩など知らぬ!
これはその証です!!


その天璋院の覚悟は、本寿院も京方の面々も、そして和宮にも伝わっていたようで、和宮が涙ぐんでいたのにちょっとビックリしました!



渦中の人だというのに、天璋院は於一として尚五郎と会ってしまうのね…。

そして何度も何度もお別れシーンはあったはずなのに、今度こそ本当に最後の最後なのね…。



何か今回は和宮サイドが空気だったなぁ…。
それに玉木宏のセリフマダー?先週のアレだけじゃ全然足らんよ。

この記事へのトラックバック

  • 大河ドラマ「篤姫」第36回「薩摩か徳川か」

    Excerpt:  日に日に高まる薩摩の圧迫!攘夷か開国かっていうより、幕府改革=薩摩の勢力拡大を目指しているような感じです。そこで我らが天璋院様ですが、故郷と嫁ぎ先との闘いですもの、やっぱり悩まれるんでしょう。でもで.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2008-09-07 20:53
  • 篤姫(9月7日)

    Excerpt: 久光の上洛により、「京方」「本寿院」「篤姫」と、三つ巴の様相を呈してきた大奥。 Weblog: 今日感 racked: 2008-09-07 20:56
  • 『篤姫』第36回

    Excerpt:  ~薩摩か徳川か~   Weblog: 悠雅的生活 racked: 2008-09-07 20:56
  • 篤姫 第36回「薩摩か徳川か」!

    Excerpt: <天璋院様ご乱心!>「母上を疑うなど、無礼先晩!」疑われても仕方がないのかもしれませんが、老中ごときに・・・。「おいは久光様の下では働きちゃくなか思ちょる」西郷さんは、またまた、島流しです。いつ活躍の.. Weblog: バレルオーク日記 racked: 2008-09-07 20:56
  • 「篤姫」第36回

    Excerpt:  第三十六回「薩摩か徳川か」大奥内の江戸方と京方の対立が続く一方、和宮と家茂の仲は日増しに深まり、天璋院は安心する。そんな中、幕政改革の勅令を得て幕府に迫ろうと、久光が数千の兵を率いて京へ上った。困惑.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-09-07 21:02
  • 大河ドラマ「篤姫」第36話「薩摩か徳川か」

    Excerpt: 幕政改革。「都へ参る!!」その意思を固めた久光。 今回は思わぬ涙でしたわやられた。やっぱ「篤姫」はいいですなぁ♪だが西郷は既に大阪に向かって先立ってしまったようで・・・。下関についた久光はカ.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-09-07 21:08
  • 【感想】大河ドラマ「篤姫」 36話 「薩摩か徳川か」【寺田屋事件】

    Excerpt: 薩摩が京都へ上洛。その真意を知らず動揺する天璋院。 幕府内でも天璋院を疑う空気が漂ってくる。 薩摩でも下関で待てと命令された西郷が�... Weblog: 失われた何か racked: 2008-09-07 21:14
  • 【篤姫レビュー】薩摩か徳川か

    Excerpt: イベント的に考えると今回のタイトルは「久光上洛」か、もしくは犠牲者の立場から考えて「寺田屋同士討ち」「寺田屋の悲劇」「精忠組の悲劇」といった名前が相応しいかと思うのですが、天璋院の立場からすると・・・.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2008-09-07 21:14
  • 篤姫#36

    Excerpt: 今回は、天璋院の方がやり玉になる物語ということで、今までとは少し様子の違う物語でした。また、寺田屋事件という歴史上の事件が、本作では珍しく、結構踏み込んで描かれていたということで、物語の中心は薩摩に関.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-09-07 21:33
  • 篤姫 第36回「薩摩か徳川か」

    Excerpt: 天璋院にとって今回は本当に心を痛めた回になりました。薩摩の志士たちが一斉に幕政改革を訴えて、薩摩から上ってきたのです。その中には、昔天璋院が「於一」だった頃いっしょに青... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-09-07 21:59
  • ★「篤姫36」ああ。。お宝がぁ。。(TT)

    Excerpt: 今日もいつものように「篤姫」楽しみましたぁ♪大河ドラマ「篤姫」西郷どん。。上司をコケにしすぎですぅ~またまた~~(沖縄かな?)島流し~~もうちょっと要領よくやれんかぁ~~薩摩が動き出したことで天璋院は.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2008-09-07 22:21
  • 篤姫 第36回 薩摩の覚悟、天璋院の覚悟

    Excerpt: 『薩摩か徳川か』内容家茂(松田翔太)と和宮(堀北真希)の仲が良くなるのに満足する天璋院(宮崎あおい)そんななか島津久光(山口祐一郎)が、兵を率い上洛を開始する。下関での待機命令を無視し単独行動した西郷.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2008-09-07 22:21
  • 篤姫 第36回 「薩摩か徳川か」 感想

    Excerpt: 斉彬の意思を継ぐとする久光(山口祐一郎)が幕政改革を掲げて上洛するということで、 Weblog: くまっこの部屋 racked: 2008-09-07 22:30
  • NHK大河ドラマ第36回「篤姫(薩摩か徳川か)」

    Excerpt: 地ごろうと言われた久光の胸中いかばかりか。 名君と謳われた兄斉彬に憧れ、その死で後を継げるかと思いきや父斉興の院政に甘んじていたのを父の死後、兄の遺志を継ぐ決意を地ごろうと家臣に諭されたのだ。 Weblog: よく考えよう racked: 2008-09-07 22:41
  • 【篤姫】第三十六回

    Excerpt: 薩摩藩主、島津久光さまが千を超える軍を率いて出立されたそうでございます。ついに、薩摩は京へ上った。が、御所では岩倉具視などに薩摩ごときが何しに来たのか、と失笑を買う。当面は京の警護を。と、申しつかり、.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-09-07 22:41
  • 大河ドラマ:篤姫第36話「薩摩か徳川か」

    Excerpt: 話が重くなってきましたね。大雑把な内容としては、久光が兵を率いて上洛→朝廷から相手にされず→有馬新七らが突出→久光激怒→配下を説得・鎮圧に向かわせる→同士討ち→有馬死亡→久光株急上昇→天璋院へ疑惑の目.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2008-09-07 22:52
  • 篤姫 第37回 薩摩か徳川か

    Excerpt: 今日は2つの薩摩への思いがありました。 まずは的場浩司さん演じる有馬新七の突出。もともと自分たちは実際に動かなきゃ我慢ならないうえ�... Weblog: 夕焼けバンビ racked: 2008-09-08 00:33
  • 大河ドラマ「篤姫」#36

    Excerpt: 「薩摩か徳川か」 久光は幕政改革の建白書を持って、兵や大砲まで率いて上京{/car2_tank/}{/car2_tank/}{/car2_tank/} 亡き斉彬の遺志を継いだとはいえ、かなり思い切っ.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-09-08 08:56
  • 勘違いから起きた寺田屋事件!!

    Excerpt: 久光の上洛によって篤姫の立場は微妙になってきましたね{/cat_6/} 家茂にまで疑いの目を向けられるとは… 大奥での篤姫は四面楚歌状態ですね{/kaeru_alone/} いよいよ前代未聞、外様大.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-09-08 10:06
  • 篤姫「薩摩か徳川か」

    Excerpt: 篤姫「薩摩か徳川か」 幕政改革の時{/m_0184/}、この薩摩が幕政改革に名乗りを上げるのです。 幕政改革って何?{/m_0200/}。 一橋慶喜、松平春嶽の処分を解かせて政治の表舞台へ再びー{/.. Weblog: ありがとう!、あてつけじゃないよ。 racked: 2008-09-08 11:40
  • 泣きに泣いた“今日の篤姫”

    Excerpt: “生きる”とはどういうことか。  それが大河ドラマ『篤姫』の最大のメッセージなのではないかと、回を重ねるごとに思う今日このごろです。  今も昔も、男も女も、鹿児島の人々の心は熱いですね。  .. Weblog: 警視庁から俳優への転身~乾坤一擲で頂点を目指す racked: 2008-09-08 13:58
  • 篤姫感想 三十六回「薩摩か徳川か」

    Excerpt: 今回は THE☆幕末 歴史物見てるっておもいっきり思いました(´∀`) こういうのやってくれないと 締まらないとも言う。 しかし 有馬さー、、漢っすねー。 薩摩上洛! この事がいろんな.. Weblog: murmur racked: 2008-09-08 17:27
  • 『篤姫』第36回「薩摩か徳川か」

    Excerpt: 2008年『篤姫』第36回。。のほほんとしたはじまり。。仲睦まじい家茂と和宮。そこに久光が軍勢を率いて薩摩を出たとの報せが。また被害妄想の本寿院。。老中の久世も天璋院へ。。それに怒る家茂。 下関に久光.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-09-08 20:44
  • 篤姫~薩摩か徳川か

    Excerpt: NHK大河ドラマ「篤姫」第36話~薩摩か徳川か薩摩が武器を持参し京にのぼり、幕政改革の勅諚をもらったことにより、江戸城にいる篤姫に疑惑の目が・・・というお話。前半は有馬さんたちの突出騒動、後半はこれを.. Weblog: うさうさ日記 racked: 2008-09-08 21:32
  • 大河ドラマ「篤姫」第36回「薩摩か徳川か」感想です

    Excerpt: うぃっす! 篤姫もなんかだんだんとハルマゲドンモードでやんすね。 史上名高い、薩摩島津久光の武装上洛事件、ついにきました。 寺田屋事件も発生。 薩摩サイドの事情をよく知らんかった僕.. Weblog: 優しい世界~我が心に迷いあり(β) racked: 2008-09-09 10:13