ソウルイーター 第28話+アニメ映画 秒速5センチメートル 感想

今週のソウルイーターと先日BShiでやっていたアニメ映画・秒速5センチメートルの感想をば。

ソウルイーター 第28話 剣神立つ

シュタイン博士の半裸サービスシーン&メデューサの誘惑でクラクラ来たのは、シュタインスキーの私的にもうお約束なんですが、ミフネのカッコよさにやられましたー!

日本刀を12本も放り投げ、それを足場にして戦うアクションのカッコイイこと!

子供好き故ブラック☆スターに12本の刀で斬りつけた時、全て峰打ちだった事は見逃さなかったぞ!

しかも死武専の先生に…とヘッドハンティングされた時、まんざらでもなかったのも見逃さなかったぞ!(この表情は本気でキャプりたい位萌えますたv)

ひょっとすると裏切りフラグむんむんのシュタインと入れ替わりにミフネが…来ないか_| ̄|○

着てたシャツのOSAMURAIはご愛敬ですね。

ブラック☆スターも何だかめさめさ強くなっててビックリしたなぁ。
ここにキッドくんが来てくれてコンビプレーが見れたら更に良かったんですけどねぇ。


来週、正式にメデューサ様大復活で+(0゚・∀・) + ワクテカ +が止まりません!

しかも少女時代も明らかになりそうで、あのドS魔女にも姉に虐げられていた時代が有ったかと思うとたまりませんな!

それ故、子供(男なのか女なのかワカランのがもどかしくもあり、両性具有でもいいやと思ってみたり)のクロナにも同じように接しているように感じてならんのよ。



秒速5センチメートル



これは衛星アニメ劇場の今日からマ王!の後、映画情報を紹介してた時、非常に気になったので録画しておきました。


背景美術の色遣い、とりわけ光の描写は神懸かっています!
微妙な色の重なりが素晴らしい!

こんな背景が描けたらめちゃめちゃ気持ちいいだろうなぁ…。
ハイビジョンで放送してくれてありがとうと叫びたくなります。


…が、内容的にはかなりハードでもあり退屈でもありました。

第1話「桜花抄」、第2話「コスモナウト」、第3話「秒速5センチメートル」の3部作で60分という短編なのですが、1話見る毎に画のパワーとすれ違いの二人の関係にどっと疲れてしまい、60分を見切るのに3日も費やしてしまいました。

山崎まさよしの挿入歌に重なった第3話は鳥肌が立つ位のカット数で圧倒されました。


このアニメーションを手がけたのは新海誠と云う方だそうです。
画の力がとにかく凄まじいので、他の作品も気になりました。

この記事へのトラックバック