篤姫 第46話 『慶喜救出』 感想

[大河ドラマ] ブログ村キーワード
残り5回…今回の天璋院様の言葉に圧倒されました!
終盤に来て尚テンション上がる展開持ってくるなんてね~!

慶喜は一言で言えば“掴み所のない男”
たとえ好きになれない男でも、公方様に代わりはないわけで…。

その慶喜は京に入ろうと躍起になっているが、薩長軍も慶喜を京入りさせてはこちらが朝敵になってしまうと先手を打ってきました。

大儀を掲げた者が勝つ!
錦の御旗を掲げ、鳥羽伏見の戦いが開戦!

朝廷のお墨付きの御旗を見た幕軍は総崩れ。

茫然自失の慶喜は兵を置き去りにして船で江戸に逃げ帰ってしまいましたよ!

何も考えずむざむざ逃げ帰った慶喜に、立場上痛烈に批判が出来ない勝先生。
慶喜の御託なんかどうでもいいから、犬のおとうさんダメ出しして~!

慶喜は遂に頭を下げてきました。
勝先生は天璋院様に助けを求めよと助け船を出しました。

天璋院の名を聞いた時の慶喜のイヤそうなリアクション!

薩摩の出…それも分家の娘風情に!

慶喜の本音が出まくり。


慶喜が逃げ帰ってきた事は大奥にも伝わってきました。

唐橋ってKY?
まぁ上には上は居て、あんなに慶喜を嫌ってた本寿院が、慶喜が凱旋したと勘違いし上機嫌。
私は心の広いおなごじゃからのって…w

しかも逃げ帰ってきたことを聞くやお倒れに~。
期待を裏切らないオバハンですw

慶喜を殺すのじゃ!殺して首を差し出すのじゃ!!
本寿院の過激発言がかつて無いほどに剣呑に!


天璋院は遂に慶喜と対面!

勝先生が訊けなかった事をズバズバ切り込む天璋院。
そして何故慶喜がここにのこのこやって来たのか、その裏には勝先生が噛んでいた事を読んでしまいます。

あなたは私を侮っておいでじゃ。
私がおなご故、成り上がり故。


ですが、このような事で徳川家を潰すわけにはいかぬのです!

首を差し出す覚悟は出来ています。
それで許されるのであるならば。


死ぬ覚悟が出来ていると申すのですか?

…綺麗事はもう良い。

最後の将軍、徳川慶喜は潔く散った。
その後に残るのは、当主を殺し、おめおめと生き残った惨めな抜け殻じゃ!


生きろと?

生きて貰います。
あなたを信じ、従った者達への償いのために。


生き恥を晒せと…

晒すのです。

それにやるべき事はもう一つ…
他に耳を貸さずひたすら謹慎を重ねるのです。


天璋院は和宮に慶喜を引き合わせ対面させます。
朝廷に慶喜の件で嘆願書を一筆書いて貰うために…。

母上様の願いとあれば。
和宮とはホントに原作以上にツーカーで…。

何故ここまで私のために…

あなたは家族です。
私は命を賭けてあなたを守らねばなりません。

あなたは聡明な人です。総てを見通せてしまったのでしょう。
その末にさらなる戦と流血が待っている事を。

人の上に立つ者は孤独です。
その孤独の苦さ辛さは味わった者でなければ解りません。

それが将軍とあれば如何ほどのものか…。


それを知るのは私の知る限り家茂公と、夫であった家定公でした…。
おふたりとも若くしてお亡くなりになりました。


あなたは生きてください。おふたりの分まで!
これまでのご苦労お察し申し上げます。



あっつーカッコヨス~!!

慶喜を圧倒しながらも、彼もそして和宮も立ててるし!

孤独を知る者…私も家定様が真っ先に思い浮かんだけれど、家茂を先に言う心配りが自然と出るのがスゴイよね、あっつー!

この一連のやりとりは、タイピングする時スゲェテンション上がりました!!


痛風か何かで足が痛い小松帯刀(美食家だったらしい。へぇ~)の元にダメ兄貴が訪ねてきて、篤姫は薩摩に戻ってこない旨を伝えられる。

国作りを為すために京へ上る!
死ぬためではない。安心して待っていてくれ。


帯刀、死亡フラグ立てないで~!


慶喜との対面を無事果たした天璋院は、勝先生とも会ってました。

勝先生は戦わずして勝つ算段が立っているらしいです。
無策こそ最上の策!

最後に頼りになるのはおとうさんなのね~。


次回…ここに来て幾島あァー!!!??しかも大袈裟具合に拍車が掛かってね?
マジで私も声裏返っちゃったよw

この記事へのトラックバック

  • 篤姫46 将軍篤姫 誕生か?!

    Excerpt: 今年も最終回に近づき、大河ドラマも歴史中心で煮詰まってきましたねぇ。そうなると裏舞台の大奥より、歴史の表舞台の人々が中心となり、同時に主人公の出番も減って来る。主人公見たさに観てる視聴者は面白くなくな.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2008-11-16 20:53
  • 大河ドラマ「篤姫」第46回「慶喜脱出」

    Excerpt: いよいよ慶応四年、江戸時代最後の年がやってまいりましたっ!ペリーが来たのが嘉永六年でしょう。それから安政、万延、文久、元治、慶応ときて、次は明治、大正、昭和・・・あ、慶応からは学校名になってるんですね.. Weblog: 真田のよもやま話 racked: 2008-11-16 20:53
  • 篤姫 第46回 徳川宗家のために。。。

    Excerpt: 『慶喜救出』内容戦いの足音が聞こえる中、大奥は、将軍がいない正月を迎えていた。そのころ大坂の慶喜(平岳大)は、京へ向け軍を進めることを決断。一方、多勢に無勢の迎え撃つ薩摩軍であったが、幕府軍よりも先に.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2008-11-16 20:54
  • 篤姫 第46回「慶喜救出」!

    Excerpt: <上に立つ者の苦さ辛さ!>「頼るべき相手は天璋院様です」勝と天璋院の絶妙の連携プレーです。「さあ、こちらへ」すでに慶喜様はすっかり天璋院様の飼い犬の様になってしまっていました。「歴史はときどき惨いこと.. Weblog: バレルオーク日記 racked: 2008-11-16 20:58
  • 大河ドラマ「篤姫」第45話「慶喜救出」

    Excerpt: 錦の御旗。このまま朝敵として徳川家は追い詰められてしまうのか!? 新しい年が明け、徳川にとって運命の年がやってくる!!寂しい年明けに、和宮は慶喜はどんな人なのかと天璋院に尋ねる。掴みどころが.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2008-11-16 21:00
  • 「篤姫」第46回

    Excerpt: 第四十六回「慶喜救出」天璋院と静寛院は大奥で寂しい正月を迎える。2人の願いもむなしく、大坂では慶喜が薩長軍討伐の兵を挙げようとしていた。西郷らも幕府軍を迎え撃つ準備を京で整え、ついに開戦。薩長軍は、岩.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-11-16 21:03
  • 篤姫#46

    Excerpt: 戊辰戦争の火ぶたが切って落とされた物語だったが、戦に関しては完全に語りで済ませたため、何だかんだでホームドラマという形は死守されましたね。そして、それぞれポジションもしっかりと守られていたので、本当に.. Weblog: MEICHIKUえんため・ぶろぐ racked: 2008-11-16 21:20
  • 『篤姫』第46回「慶喜救出」

    Excerpt: 2008年『篤姫』第46回。。265年に及ぶ徳川幕府。。その命運は慶喜の手に。。孝明帝崩御。錦の御旗。。天璋院の覚悟。そして、その運命は。慶応4年(1868年) 正月。天璋院と和宮。慶喜とは。。好きに.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2008-11-16 21:23
  • 篤姫 第46回「慶喜救出」

    Excerpt: とうとう、薩長軍と徳川家の戦いがはじまりました。俗に言う「鳥羽・伏見の戦い」ですが、この戦いはわずか4日で勝負を決してしまうほどその勢いの差は歴然としたものだったそうで... Weblog: あしたまにあーな racked: 2008-11-16 21:31
  • 篤姫 第46回 慶喜救出

    Excerpt: 今週も涙だだもれですが、本編より、予告で 幾島キターーーー!! で、第興奮でした。 では本編行きましょう。心の動き重視で戦シーンは�... Weblog: 夕焼けバンビ racked: 2008-11-16 21:34
  • 【篤姫】第四十六回

    Excerpt: 薩摩を討伐する目的で兵を持って京へ入った幕府軍だったが現れたのは朝廷軍の証である「錦の御旗」を掲げた軍。幕府は、いつの間にか朝敵になったのだった。ショックを受けた慶喜は、軍を京に置き去りにし、側近だけ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2008-11-16 21:35
  • 『篤姫』第46回

    Excerpt: ~慶喜救出~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2008-11-16 21:37
  • NHK大河ドラマ第46回「篤姫(慶喜救出)」

    Excerpt: いよいよ風雲急を告げ、鳥羽伏見の戦いと相成る。 Weblog: よく考えよう racked: 2008-11-16 21:44
  • ★「篤姫46」慶喜心入れ替えたね♪

    Excerpt: 今日は日曜日。。いつもどおり大河ドラマを楽しみましたぁ~~大河ドラマ「篤姫」戦が始まる兵の数では圧倒的な徳川勢でしたが。。薩摩長州勢には錦の御旗が~~と。。言うことは。。徳川は朝敵となった訳で。。それ.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2008-11-16 21:45
  • 篤姫・第46話

    Excerpt: 篤姫 完結編 (4) (NHK大河ドラマ・ストーリー)宮尾 登美子,田渕 久美子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 遂に戊辰戦争の発端となる鳥羽伏見の戦いです。しかし、このドラマは「大奥目線」な.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2008-11-16 21:46
  • 【篤姫レビュー】慶喜救出

    Excerpt: 徳川慶喜が錦の御旗を見るやいなや、何もかもを放り出して大坂城を脱出した今回。徳川軍は総大将を失って右往左往する羽目に。水戸家出身の慶喜からすれば、いくら形式上といえども朝廷を御輿に担いだ薩摩には逆らう.. Weblog: 必然的なヒストリー racked: 2008-11-16 21:47
  • 大河ドラマ「篤姫」#46

    Excerpt: 「慶喜救出」 早いっ! 進み方が早くて、自分の頭の中にある幕末(ほとんどが新選組関係)がどんどんすっ飛ばされているので脳内補完がたいへんです。近藤勇が狙撃されて~、源さんが命を落として~、斎藤一がう.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2008-11-16 22:40
  • 篤姫 46話「慶喜救出」【感想】

    Excerpt: 徳川慶喜、江戸へ逃げ帰る。天璋院はどうするのか! Weblog: 失われた何か racked: 2008-11-16 23:07
  • 大河ドラマ:篤姫第46話「慶喜救出」

    Excerpt: 天璋院と慶喜の対決が見所の回でしたね。鳥羽伏見の戦いに敗れ、ひっそりと江戸へ戻ってきた慶喜。慶喜が頼ったのは勝海舟その人。しかし、その勝が勧めたのが天璋院。そして、ついに2人は対面することに・・・大ま.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2008-11-17 00:14
  • 勝てば官軍!!

    Excerpt: 坂本龍馬が暗殺されてからタガが外れた感じですね{/cat_6/} 特に西郷隆盛は討幕に向けて一心不乱に突き進む覚 悟の様です。 何かにとり付かれた感じです{/baikin_1/} いよいよ鳥羽伏見の.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2008-11-17 09:22
  • 大河ドラマ「篤姫」慶喜救出・武家の世の幕は篤姫が引く

    Excerpt: 水戸の出身であり、基本的に朝廷には弱い慶喜であることを見抜いて、錦の御旗を掲げたのなら、岩倉具視や西郷隆盛は、敵をよく知る策略にたけた軍師ともいうべき二人。朝敵になることが恐れ多くて耐えられず、江戸へ.. Weblog: 今日も何かあたらしいこと racked: 2008-11-17 11:50
  • 篤姫 第46回「慶喜救出」

    Excerpt:  今回は慶喜(平岳大)の話。  「とらえどころのない人」と天璋院(宮崎あおい)に評されていましたが、歴史的評価も分かれる人ですね。  この作品「篤姫」では『心が折れてしまった人』として描かれた。  慶.. Weblog: 平成エンタメ研究所 racked: 2008-11-17 13:02
  • NHK大河ドラマ「篤姫」第46話「慶喜救出」

    Excerpt: 慶喜、狙い打つぜ! というわけで、錦の御旗を見てビビり、大阪城から逃げ帰った慶喜に、天璋院さまがキツーいお説教でごわすw。 別冊歴史読本 天璋院篤姫ガイドブック (別冊歴史読本 14) .. Weblog: 優しい世界~我が心に迷いあり(β) racked: 2008-11-17 22:03
  • 篤姫~慶喜救出

    Excerpt: NHK大河ドラマ「篤姫」第45話~母からの文とうとう鳥羽伏見の戦いです薩摩の兵が錦の御旗を掲げて徳川勢は総崩れ・・・はわかっているのですが、まったく戦シーンがないのは何故数年前の大河であれだけ組!が激.. Weblog: うさうさ日記 racked: 2008-11-17 23:37