機動戦士ガンダムOO 2nd. 第5話『故国燃ゆ』感想

リボンズのお仲間イノベイダーキタ━━(゚∀゚)━━!!
何か大河ドラマっぽいサブタイですが(今日は龍馬が死んじゃうので刮目せねば)、早いものでもう5回ですか。
OOガンダムのツインドライヴシステムがメンテ中だからって、せっちゃんとティエりんが並んで座ってますよ。
いやぁ時が経つのはホント早いな。

反政府組織カタロンの本部に招かれた、それ☆すたの面々。

秘匿義務があるのに、よりにもよってロックオン弟が一番最初にメットを外しましたよ。
ティエリアはかつての刹那に叱りつけるような口調でロックオン弟に噛み付く。

マリナとシーリンが再会も束の間、沙慈の身柄をカタロンに預けてしまうよーです。


ブシドーキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

断固辞退する。

ミスターブシドーはカティ大佐の命令は聞けんらしい。
ワンマンアーミー。たった一人の軍隊。


なんだ、ソーマたんの件は大多数の方の予想通り、嫁でなくて養子だったのか。チッ。

子供に懐かれるマリナを見て、刹那の苦すぎる記憶が…。

G1!?ライルがG1!?
やっぱりカタロンの内偵な模様?

マリナをアザディスタンに送るというせっちゃんにティエりんは…

何ならそのまま帰ってこなくてもいい。

ティエリアが冗談を言うなんて…。

本気で言ったさ。
…フン、冗談だよ。


ティエが…ティエリアがノリツッコミを(違)


カタロンの組織を脱出した沙慈は、またカタロンだと嫌疑を掛けられる。
が、熊さんに引き渡されたのはある意味幸運かも。

…つーことは沙慈とルイスがニアミスもあるのか!?
第1期では見事なニアミス王子っぷりだったからなー、沙慈は。

セルゲイ大佐の部下が沙慈の身柄をアロウズに情報横流ししてしまい、セルゲイ大佐の権限では庇いきれないと、沙慈は保釈される。

が、砂漠を航行していたら、アロウズのMSがわんさか~!
ルイスも出撃してますよ!

ブシドーは興が乗らんので一抜ーけた♪

画像

ブシドー…アンタって人は…w

セラヴィーの新兵器・ダブルバズーカ、威力はスゲェが軌道がのろっ!

ライルのアロウズへの憎しみがハンパないんですけど!


アザディスタンがひろしに…ひろしにッ…!!

そうよ、そのまさかよ!

カタロンのアジトも燃やされ、アザディスタンも…。
序盤から容赦ない展開ですげーテンション上がるわ!


そんなこんなで、次回は傷痕です。



余談

Zガンダムも面白いですのぅ。

しかもアムロがようやくキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
感想は多分明日書くと思われ。


TB歓迎です~☆

このブログ、結構TBが飛ばない仕様ですので(FC2さんとアメブロさんとSeesaaさんは全滅ですorz)
飛ばない場合は楽天かライブドアのミラーからお返ししますね!

この記事へのトラックバック