コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 2nd season 第1話 感想

[コード・ブルー] ブログ村キーワード
第1シーズンは決して好きじゃない(どころか好きなキャラが殆ど居なくて、非っ常~に冷めた目で見てました)ドラマだったのに、何故コレを書いてるのか不思議なんだけど、2になってから以前より面白くなったと感じたのは私だけでしょうか。
1時間ちょいが、あっという間だったんですよ。

そもそも第1シーズンは山Pのパーマ頭がねぇ…
ガッキーのあの無駄に長い前髪もねぇ…
存在自体が苛々するウザキャラな駄メガネもねぇ…

好きだったのはツンデレナース冴島(比嘉愛未)なんだけど、このドラマの正ヒロインは冴島なんじゃね?と思える位、ASL(筋萎縮側索硬化症)の彼氏とのシーンが泣けますた。


あとメイン4人の中では贔屓な緋山(戸田恵梨香)ですが、前回のスペシャルで生死の境から立ち直ったはいいけれど、死亡フラグがまだ残っていそうで((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。

心破裂のオペの後遺症で不整脈頻発してるから、ヘリまでダッシュするのもつらかろうて…。
これはあまりにもでかすぎるハンデだわ。


そしてフェローの指導医として現れた椎名桔平!

久々に胡散臭すぎる悪役キャラじゃない(そうか?)桔平見たような希ガスというのは置いといて、見るからに三井先生(りょう)の元ダンオーラ醸し出してましたけど、ラストに緋山を誘った辺りに三井先生と同じに匂いを感じたからなんてのは邪推かしらね。


最後に突然現れたリリー・フランキー!
これが藍沢(山下智久)を捨てたオヤジですかね。


うん、色々気になる伏線が張られまくって久々に楽しみな月9かも!

この記事へのトラックバック