ドラクエ6プレイ日記その23 因縁の街・ガンディーノ~伝説の盾を求めて…

[お告げ] ブログ村キーワード
DS版『ドラゴンクエスト6・幻の大地』のプレイ日記23回目は、伝説の盾の情報を得るべく、ガンディーノの城に向かうところからスタートです!
※当ブログはグランマーズのお告げ通りにストーリーを進めております。

マーズのばーちゃんはマーズの館から南と言うけど、ロンガデセオにルーラしてから南の方が行きやすいかと。

魔法の絨毯があれば、城のすぐ傍のほこらにも行けたりします。


ガンディーノは前国王の圧政・暴虐の極みで治安は最悪。奴隷制まであったけれど、国王が死に息子が王位継承するや、見違えるように住みよい国になったらしい…。

しかし城下町にも城にもその名残があり、やくざまがいの組織があったり、その組織を介して人身売買があったり、城の地下には売られた奴隷部屋があったりと、どんより厭~な気分になる…。

いつになくチャモロが激昂していて、凄いコメントが聞けたので激写してみたw

画像

ハッサンならともかく、チャモロがここまで怒りを顕わにするとは…。

逆にミレーユの口は重く、城下町の教会で懺悔する老人が、どうもミレーユの関係者らしいのだ…。

あまり耳に入れたくない情報ばかりが飛び込んでくるが、伝説の盾についての伝承を学者が教えてくれるのと、盾が眠る場所について記された文献が書架にあるので要チェック。


さて、ガンディーノに行ったら次はどこよ?ばーちゃん。

お次はガンディーノの傍の海底にあるポセイドン城と、上の世界のクリアベールの近くにある洞窟で、盾に関する情報が得られるらしい。

画像

セリフチェックだけしてリセットしていたから、まだデータ上はサラなので、早速情報を得ていよいよ盾の眠る不思議な洞窟にGO!


不思議な洞窟の在処は、レイドックとアモールの中間にある、入口の大きな意味ありげなあそこです。

不思議な洞窟は、ややこしい作りになっているけど、以前ヒント画像を紹介したし、ミレーユやチャモロが教えてくれます。

情報を全て得ている場合と得ていない状態だと、仲間のセリフが違うのです(以前超フライングで訪れてみたことがあるのだ…。リセットしたけど)

SFC版では『ゴイルの像』というヒントが『ガーゴイルの像』であると分かりにくかったようなので、今回は『黄金の竜の像』になっていました。

最深部で無事『スフィーダの盾』発見☆

しっかしこの洞窟は、マッスルアニマルが3匹出て来ると、3匹とも真空波撃ってくるのがやばかったです(しかも先制されてあわや全滅の危機!)


残すは鎧のみ!

ばーちゃんのお告げでは、ペスカニの南に古びた城があり、そこで何かが起こるらしい…。

ということは、あの御方が登場!?うわぁ~ゾクゾクしますわ!


続きをアップしました!
コチラです←クリック

過去記事はドラクエ6のカテゴリからどうぞ

この記事へのトラックバック