今更ながらYOSAKOIソーラン2010とドラマの話や、あれやこれや書き出してみる

[YOSAKOI] ブログ村キーワード
最近何に対してもモチベーションがかなり低下しているのですが(13日に再アップした、2年前の最愛の声優さんのお誕生日を祝った記事の、テンションの高さに本気で驚いたw)、結構書いておきたいネタってあるものですね。
YOSAKOIソーランとか、ドラマの話とか、まぁしょーもない話ばかりですから、読みたい方だけ読んでやってね。


YOSAKOIソーラン祭り2010

今年は春先の異常気象が幸いしてか、小学校の運動会週間(北海道は5月の末辺り。寒いよ。7月でも良いくらいだ)も10数年振りレベルで好天でしたし、いつもは曇天のYOSAKOI週間も絶好のコンディションでした。

が!W杯開催も重なった上に、カネにまみれたYOSAKOIの開催に疑問を持つ声が年々高まっている所為か、土日のTV中継が全く無いのはどーゆー事よ!?

いや、今年はホントに天気が良かったから、土日の日中に中継を見たかは怪しいものですが(笑)、今年ほどYOSAKOI見なかった年もないな~。

そんな中で大賞を獲ったのは『夢想漣えさし』(“ゆめそうらん”と読みます)でした。

以前からこのチーム好きだったので嬉しいですね~。

新琴似天舞龍神は、大ファンの一番先頭に立って踊るおねーさんが引退(産休??)しちゃって、お目にかかれなかったのが残念で仕方ないです。

平岸天神は動きのキレは相変わらずダントツだけど、音楽とか振り付けがイマイチだった気がしますな。



4~6月期のドラマについて

いやぁ~不作続きですね。

結局一番のめり込んで見てるのが、『同窓会~ラブ・アゲイン症候群~』だなんて、口が裂けても言えねーぞw

暇ならこの作品の感想だけでも、レビューサイトを片っ端から見たかったのですがね~。

しかも最終回が拡大枠で私大歓喜!


上野樹里と瑛太のアレは、玉鉄がガチホモと判明し瑛太と抱き合う(もっと濃厚な絡みを期待していたのだが←腐女子自重)シーン辺りから、死亡フラグがムンムンでございました。

まさか行きつけのカフェバーで自殺するとは思わなかったけど。

玉鉄、渡辺えりとキスシーンがあったり、しまいにゃガチホモだったりで、試練多き役どころでした。乙!


そういえば『Mother』の次回作予告が、干物女こと『ホタルノヒカリ2』で、ものっそテンション上がりました!

あのドラマ好きだったんです。

毎年夏ドラマこそが不作なんですが、ひょっとすると今年は夏の方が楽しめるかもしれませんね。



はい、こっから毒光モード?

徳光さん(さん付けで呼びたくなくなった)が、カメルーン戦の日に日本代表がとっくに負けたものだと思っていた発言を、何かの番組でしたそうです。

これだから巨人と競艇にしか興味のないジジイは(#^ω^)ビキビキ

おまけに昨日、スペインが負けよった。
毎度毎度のことながら、無敵艦隊がちっとも無敵でなくて泣ける。

王子(フェルナンド・トーレス)…(´・ω・) カワイソス


あとホンマにどーでもいいことだが、以前オードリーの春日が何かの節約番組で、歯ブラシを熱湯に10秒つけるとまっすぐになるという裏技を紹介していたんだけど、アレすげぇ役に立ってます。

1本の歯ブラシが3倍は長く使えるぞ。オススメ(コレが一番書きたかった私って一体w)


気持ちが離れているせいか他所様のサイト巡りもあまりやってなくて、半年ぶりくらいに或るページを見ようとしたら閉鎖してた。

私もそうならないように気をつけねばなりませぬ。


ご静聴ありがとうございました~。

この記事へのトラックバック

  • 「素直になれなくて」レビュー

    Excerpt: ドラマ「素直になれなくて」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:瑛太、上野樹里、ジェジュン、関めぐみ、玉山鉄二、木南晴夏、中村優一、阪本奨悟、竜星涼、逢沢りな、渡辺えり、矢島健.. Weblog: ドラマレビュー トラックバックセンター racked: 2010-06-18 02:18