年末年始に見た映画 簡易感想(というか自分用メモ)

[映画] ブログ村キーワード
年末年始ってB級…どころかC級以下の映画を深夜にやってますよね。
とりわけ今年のは酷いラインナップだったような気がしますが、書き記しておきます。


僕の初恋をキミに捧ぐ

あ、これは年末のラインナップからは外れるのですが、何か見る気がしなくて放置してたやつです(ぉ

案の定なんだかなーな内容でした。ハイ(というかこういった系の作品全般苦手)


ゴースト もういちど抱きしめたい

家政婦のミタのスマッシュヒットで、菜々子ネタなら入れ食いだろと思ったであろう日テレ超涙目m9(^Д^)プギャーwww

いや、ホントコレマジで酷い。倍速で見ても眠かった。
更に『ゴースト』でググっても何ページめくっても、この映画のタイトルに辿り着けない件。


劇場版 銀魂 新訳紅桜篇

TV版で見てりゃ十分と言えば十分。

というか次回作予告の真選組血風録をマジで作ってくれよ。
アニメ版の真選組動乱編のクオリティがマジハンパなかったから、手を加えたらいいもの出来ると思うんだがなぁ。


恋と花火と観覧車

よせばいいのに、松嶋菜々子モノもう1本を録画してしまった私。企画は昔から手広くやっていた秋元康…ふーん。

故・深浦加奈子が出ていて感慨深し。というか脇役がビミョーに良かったくらいか。


ロボッツ

つよぽん(草彅剛)が声を当てているというので録画してみたCGアニメ。
若干年代が古いのもあってか、多少CGの見劣りはするものの、数分で全く気にならなくなった。

何故このアニメの声優につよぽんが選ばれたのか…。
それは主人公のロボットの容姿が、ものっそつよぽんに激似だから!!!!!

どんなに演技が棒だろうが(一番重要なセリフでさえも棒全開なのには、つよぽんスキーの私でもフォローしきれないぞw)、この顔だったらつよぽん選ばざるを得ないだろうと。

内容は極めて分かりやすい勧善懲悪ものでヤンス。


スキージャンプ・ペア Road to TORINO 2006

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!いたって真面目に大バカかましてる映画ですねwww
淡々とナレーションしてる人がGJすぎるよ!(もし仮にナレーションやってくれと言われても、絶対に吹くから無理ー!)

内容(特に9割を占めるドキュメンタリー風味の部分)が淡々としてシュールすぎるので、倍速じゃないときつかったですが、ネタとしては見ておいてよかったかな、と。

競技パートはCGアニメですので、キャプテン翼やテニスの王子様もビックリの、ありえね~~~!!!!!な技出まくってましたw(というか私、こういったツッコミどころ満載のスポーツ作品が昔から好きなんだなぁと改めて思った)

そうそう、この作品を見る者は一切の無粋なツッコミ魂を捨てよ、とだけ言っておきます。


幼獣マメシバ

佐藤二朗のヲタ引きこもりニートな主人公キャラが、豆柴を携えて母をたずねて三千里という、絶対に夜9時からは放送しない隠れた迷作。

個人的には嫌いじゃない作風ですが(というか今回挙げた作品の中では一番好きですね)、主人公が大層クセのあるキャラクターな上に、只でさえ佐藤二朗のセリフは聴き取りにくく、(役作りのためか)早口なのが難点(管理人は耳が若干悪いので、家人が寝静まってからじゃないと、とてもじゃないけど見れなかった)

おまけに他の登場人物もエキセントリックでして、かなり見る人を選ぶ作品ですね。

豆柴の魅力を前面に押し出したハートウォーミングな動物モノだと思って観ると、見事に足元をすくわれますので、その辺の覚悟はしておいた方が良いかと。


それにしても年始早々『おくりびと』ってどうかと思ったぜ。正月だったんだから、もっと景気のいいやつやればいいのに。

この記事へのトラックバック

  • 別館の予備(感想214作目 銀魂 新約紅桜編)

    Excerpt: 2月12日 銀魂 新約紅桜編(感想214作目) 下記TBアドレスの別館にTBして頂けると有難いです TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/h.. Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2012-02-12 21:52