2019年 1~3月期アニメ 簡易感想というか自分用備忘録

今年一発目にして平成最後の今クールのアニメは、3DCGで作られているアニメが増えてきて、新時代の始まりを感じさせるものもチラホラありましたが、個人的には第2期や2クール目が無かったら(1クール物が)不作に感じられました。
きらら系が無いのも地味に痛かったかも。

管理人は北海道在住のBS民なので、都心にお住まいの方とはタイムテーブルがかなり異なります。
思い入れ+αによって感想の文量に大分偏りがあります。
ご了承くださいませm(_ _)m


◆月◆
転生したらスライムだった件(BS) 2クール目・終


オークロードの軍を退け、ジュラの森大同盟が締結される辺りからですかね。

魔王という存在が何人も居て(魔王はシズさんと因縁のあるレオンだけだと思っていた)、その中のひとり・ミリムと友達になって、なんかやばそうな敵をミリムとやっつけたら、シズさんの忘れ形見の子供たちの面倒を見る事にと、2クール目は展開が早い早い。

オークロードとリザードマンのくだりがダラダラしてたから、あの辺もう少しスッキリさせて、2クール目の内容もうちょい濃くやって欲しかったんですケド。

シズさんの忘れ形見の子供たちの中で、クロエという少女に憑いた精霊が意味ありげなのと、櫻井さんボイスの敵キャラ(?)が何者なのかと、シズさんのイケメンで出来の良い方の弟子が女だったのとで(結構ショックだったw)、先が気になりまくってるから、第2期作ってくれよおおお!

Σ(゚д゚) エッ!?第2期来るの!?そりゃ有難い。
早く続きやってくれよおおお!


どろろ(BS) 1クール目・続

設定や内容が結構グロいけど、流石は手塚治虫と言いますか、目が釘付けになります!

キャラデザもカッコ良くて(テガミバチの浅田弘幸)見やすいですな。

どろろが女の子なのにはビックリしたよΣ( ̄口 ̄;)
舞台版のCMでどろろ役が女性なので、そこで気付くべきでした(ノ∀`)アチャー


◆火◆
ブラッククローバー 6クール目・続


魔女王編が終わって、王都で戦功叙勲式が執り行われ、万年最下位だった黒の暴牛団のランキングが2位と大躍進し、アスタとユノは大型ルーキーとしてがっつり爪痕を残します。

その後、紅蓮の獅子王団の新団長・メレオレオナのお披露目と火山修行。

そして白夜の魔眼と本格的に事を構えるために、王撰騎士団選抜試験編に突入~。

知らんキャラいっぱい出てきたのですが、EDイラストで割と前から出てたグリリバボイスの“謎の魔導師”が参戦してきて、何者なのコイツ!と、脳筋ブラクロワールドは今も尚やっぱり面白し。

フィンラルのイメチェンは正直ショックだった。
前のままでよかったのに。


約束のネバーランド(BS)

えー、ジャンプ本誌で連載が始まった時に、綾瀬はるかの辛気臭いドラマに似てると散々ほざいていたアレですw
改めて見るとやっぱり雰囲気似てるなぁと思います(全員白くて簡素な服着てるところなんかが特に)

農園から脱走するまでが一番面白いので、一からおさらいできて良かったです。

…というかレイってイザベラの息子だったのかYO!
そしたら父親は誰なんだYO!?

 
荒野のコトブキ飛行隊(BS)

メインキャラたちは完全3DCGで動き、モブキャラは2Dで描かれて動くので、慣れるまでは違和感たっぷりだった。
個人的には2Dのキャラデザの方が好みだったもので。

これから先3DCGのアニメ増えるんだろーなーと思うと憂鬱である。


◆水◆
私に天使が舞い降りた!(BS)


今回きらら枠が不在で、日常ゆるゆるコメディ系の一翼を担っていたのがコレですな。

一見FGOのマシュにしか見えない(調べたら分け目が逆だった)常にジャージ着用のヒキニート(かと思いきや、デザイン専攻の大学生だった)“みゃー姉”が、活発な妹・ひなたの友達の花ちゃんに一目惚れしてしまい、花ちゃんとお近づきになるために、せっせとお菓子やコスプレ衣装をこしらえ、次第に少しずつヒキニートから脱却してゆく涙ぐましいお話。

ラス前までは緩い日常モノで、倍速で流し見する程度で見てたんですが、最終回のミュージカルの内容や歌唱のクオリティが高すぎる件。

これ小学生の出し物のクオリティ超えてる!
親だったら絶対泣くと断言できるw


revisions リヴィジョンズ(BS)

コトブキとはうってかわってこちらは全員が3DCGで動きます!

キャラの表情や動きはこちらの方が作り込まれており、3DCGだと作画崩壊を起こさないんだなーと利点も感じ取れた次第。

お話としては仲間のひとりが敵側に取り込まれてしまって、どうにもやるせない結末でした。
2期を作れそうな感じではありましたが。


けものフレンズ2(BS)

1を見てないのに2を見たんじゃが、これのどこがブームになったのかの魅力がサッパリ分からんかったですじゃ。

IQが溶けるともっぱらの噂だったのに、サーバルさほど「たーのしー」とか「●●のフレンズなんだね」とか言わんし、脳味噌も溶けんかったぞw

ケモナーじゃない人間が見ちゃアカンかったですな。


盾の勇者の成り上がり(BS) 1クール目・続

なろう小説の盾三郎とか呼ばれてるらしい本作ですが、個人的には毎週楽しみに見てます!

なろう系なのに俺TUEEEE!どころか、俺不憫すぎィ!なくらいに主人公の置かれている状況がハードモードで、とにかく胸糞悪い展開が続き、カタルシスを得られるのはいつになることやら…。

作画が丁寧で安定しているのがとても好印象で、見続けられる決め手になっています。

キャラの名前が覚えづらいのが難点かなぁ。
主人公がナオフミ、ヒロインがラフタリアって覚えづれーよw

獣人のラフタリアですが、おっきくなるのが早すぎたのが残念至極。
ケモミミロリ少女のままで居て欲しかったよw(その後にロリ担当のフィーロが加入したから良しとするかw)


キャプテン翼(2018版) 4クール目・終

毎週超楽しみしていて、もしやジュニアユース編までやってくれるか!?と一瞬夢見たキャプ翼ですが、中学生編で終わりました(´・ω・`)

vs比良戸中で翼くんのドライブシュートが遂に完成した訳ですが、ドライブシュート乱打の大味な展開になっちゃったのがなぁ…。

準決勝のvsふらの中は、えらいあっさり終わりよったし。

でも決勝戦のvs東邦学園をこれでもか!という位がっつりやってくれて、日向小次郎がタイガーショットを打つ時、軸足が地面にめり込む演出とか笑わせてもらいましたよ!

タイガーショットの時点で既に殺傷能力高そうな演出なのに、ネオタイガーになったらどうなんだと妄想したかったんじゃが。

最終回でチラッとだけカール・ハインツ・シュナイダーが顔見せしてくれたのが嬉しかったなぁ。
ジュニアユース編やってくれんかのぅ…。


◆木◆
同居人はひざ、時々、頭のうえ。(BS)


人間嫌いで厭世的な小説家が、白黒ハチワレ子猫と出会って、子猫を通じて少しずつ世界が広がってゆき、人としての感情を得てゆく不覚にも結構泣けるお話。

Aパートでは人間のすばる視点、Bパートでは猫のハル視点で描かれるのが斬新。
猫あるあるのツボを押さえているかと言えば微妙なところですがw

ペットショップの店員さんがいい人過ぎて、すばるはこの人と結婚したらいいのにってかなりマジで思ったw


◆金◆
ブギーポップは笑わない(BS)


キャラデザとか古臭っ!どろろでさえ垢抜けているのに、もうちょっとなんとかならんかったのコレ?
話も分かりづれーし。


火ノ丸相撲(BS) 2クール目・終

2クール目になって「はっき よい の こった」のアレじゃなくなったのが残念すぐる(´・ω・`)

学生相撲編できっちり終わったのは良かったです。


B-PROJECT~絶頂*エモーション~(第2期・BS)

新ユニットのキラキンのメンバー4人が加わったはいいが、キラキンメインではなく、1クール目で掘り下げられなかったメガネとかのエピをやってくれたのは良かったかなー。

あんなにこじらせまくってた夜叉丸がラスボスじゃなかったのが拍子抜けw

Bプロメンバーでどのキャラが推しってのはハッキリ言って無かったんだけど、モモタスが淡々としてる割に回り見えてていい奴だなーと、キラキンのあかねエピやってた時に地味に思った件。


とある魔術の禁書目録Ⅲ(BS) 2クール目・終

結局ストーリー全然理解出来ぬまま見たでござる。

終わってねぇぇぇ!どうすんのコレw

夏に一方通行(アクセラレータ)さんのお話もアニメ化するそうです。
訳わかんないまま見ると思いますw


風が強く吹いている 2クール目・終

箱根駅伝に出場するための最低ラインでもある公認タイムを出せるかも怪しいメンバーが居たというのに、2クール目になってからは激熱で感動的な展開続きで、予選会でも涙目、箱根駅伝本戦では毎週(特に神童の区間は)泣きながら見てました!

それぞれが走る区間で、ようやくキャラを掘り下げるエピソードが描かれて(キングなんかは走ってる時の表情が別人過ぎたw)、遅せーよって思ったけれど、最後まで見て本当に良かったです!


◆土◆
カードファイト!!ヴァンガード(BS) 4クール目・続?


サイクオリアゾンビとか、デリートエンドとか、ディスティニーコンダクターだとか、子供向けアニメのハズなのに、用語を書いているだけでも頭が痛くなるし、内容もとにかくカオスw

というか俺の櫂くんがヴァンガードとの絆を断ち切られて、なんてことしてくれんじゃ( ゚Д゚)ヴォケェェェ!!


かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(BS)

原作既読です。1クールだと物足りなすぎるううううう!!!!!
すれ違いだらけの夏休み編で終わるなんてえええええ!!!!!

キャストがすれてない感じの声優ばかりなのが初々しくて良かったです。


ソードアート・オンライン アリシゼーション(第3期・BS) 2クール目・終

2クール目に入って、ラスボス・アドミニストレータが住まう塔“セントラル・カセドラル(松岡も言いづらそうだったぞw)”の最上階を目指す途中で、1話ずつ整合騎士と戦ってゆく展開がどうにも退屈。

整合騎士となって昔の記憶を無くしたアリスと戦うことになり、戦いの最中の衝撃で塔の外に放り出されたキリトとアリスが、塔の外に監視役としてダークテリトリーの魔物が配置されている事で、アドミニストレータに疑念を抱き、洗脳から解放されたアリスはキリトと休戦協定を結ぶことに。

その間ユージオはひとりで最上階を目指すのですが、アドミニストレータに取り込まれてしまい、キリトに刃を向ける衝撃の展開ががが!

いやはや、ユージオが洗脳されるシーンとかもうちょいエロくしてくれても…(殴)

ところがユージオへの洗脳は完全ではなく、一芝居打って出た展開はベタでも激熱!

道化師の横槍が入って萎えたものの、全裸で戦うアドミニストレータがなんとも…全然エロくないw

その後ユージオが剣になっちゃったり、キリトの右腕が切断されたり、現実世界ではオーシャン・タートルがテロリストの襲撃を受けたりと、絶望的な展開が続く中で終わりよった。

再開は半年後。
また晩秋のベタ雪でBSアンテナの不具合と、HDDの録画ミスに怯えながら毎週待機せねばならぬとは…。


ドメスティックな彼女(BS)

原作既読なため、駆け足に感じられるのは致し方ないですな。

これからどんどん色々ドロドロになるのに、ドロドロになりすぎる前に終わったのは良かったのか良くなかったのか。


えんどろ~!(BS)

こういうユルくて省エネ作画のアニメは週末疲れている時に見るのにもってこいで、きらら枠不在の中でも穴埋めとしての役割をしっかり果たしていたと思います。

勇者パーティも魔王のマオちゃんもローナ姫も皆可愛くて癒されました。

地味にカルタードの村のお話が好きでした。


五等分の花嫁(BS)

五つ子なのに作画のばらつきが酷くねーか?
まぁわし二乃好きじゃないから二乃が不細工でもいいんだけどさw

一番人気の三玖が作画は良かったけど、声優が知らない人で若干格落ちな印象なのが残念。

最初に接触した五月のエピはもうちょい先なので、五月がほぼ要らない子になってたのがなんとも…。


グリムノーツ The Animation(BS)

スクエニのソシャゲのアニメ化。
キャラはそこそこ可愛い。そんだけ。


◆日◆
賭ケグルイ××(第2期・BS)


あんなにもくどかった顔芸がマイルドになって見やすくなったかと思いきや、物足りなさを覚える自分に驚きな件w

百喰(ももばみ)一族の面々よりも、生徒会メンバーの方がキャラが立ってるんだよねぇ…。
結局一番印象的だったのが、皇(すめらぎ)と豆生田(まにゅうだ)のエピソードだし。

お話自体はあまり進んでいないですな…。
原作溜まったら第3期( ゚д゚)ノ ヨロ


ワンパンマン(BS)

キャスト豪華、OP主題歌カッコイイ、ED森口博子、話フツーに面白いと、アニオタが喜ぶ要素満載。

第2期をやるってんで、やっとこさ北海道でもBS11で第1期を見られるのに大喜びしていたのに、第2期BSでやらんのかーい!


灰と幻想のグリムガル(BS)

初めて放送された当時、キャスティングが苦手すぎて(吉野と細谷の声のトーンがどうにも)初回で見るのを早々にやめたんですが、今期アニメがあまりにも見るのが無かったため、再放送された機会に見てみる事にしました。

ゴブリンスレイヤーを見た後のクールだったから、6人パーティでもゴブリン1匹しとめられないという、シビアな展開でも何とか見れました。

…マナトが4話で死ぬとは思わなかったYO!

でもやはりキャスティングは苦手で、ランタは声も性格も最悪すぎて見ていてイライラするんですが、背景が水彩画タッチで綺麗なので緩和されたといったところでしょうか。


ピアノの森(第2期)

ピアノの運指を見せるのを放棄し、演奏中の演出がとにかく単調で、どうしてこうなった…。
お話は感動的なのに~!

ところで主人公のカイのピアノ演奏の担当、結局誰なんよ?

群を抜いて上手く聞こえたから(わし、優勝候補と言われてたレフ・シマノフスキの演奏、正直全然好きくなかったぞ)、実際ショパンコンクールで優勝した人の音源ぽく感じるんですけど。
教えろくださいクラシックオタの人。


マナリアフレンズ(BS)

作画は綺麗なんだけど、お話としてはヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?って感じのアニメ。

日笠陽子がお姉さんぶってない声出してるのが新鮮だったけどね。


明治東亰恋伽(BS)

作画がビミョーに古くさい。
CMがとにかく見てて腹立つw

藤田五郎(斎藤一)さんが一番好きでした。


W'z《ウィズ》(BS)

ハンドシェイカーの続編らしいのですが、別になくても良かったかなーといった続編でした。


【1・2話でリタイアしたアニメ】

・上野さんは不器用:裏とかぶるので録画出来ず見なくても良いかなと。

・せいぜいがんばれ!魔法少女くるみ(アバン切り)

・ぱすてるメモリーズ:古くさくて見なくても良いかなと。

・ケムリクサ:話がサッパリ分からん。3DCG苦手だし。

・ガーリー・エアフォース:軍モノは苦手だし見なくて良いかなよ。

・バミューダトライアングル ~カラフル・パストラーレ~:作画がショボすぎィ!

・デート・ア・ライブⅢ:1・2見てないしなぁ…。

・魔法少女特殊戦あすか(2話リタイア):グロいのはイカン。


今回はこの辺で。春アニメは豊作なので見るのが大変な今日この頃。
ご清聴ありがとうございました。

この記事へのトラックバック